IPOが新型コロナウイルス感染の影響で止まっていましたがついに再開されます!松屋アールアンドディ(7317)が2020年4月06日に上場を行い2ヶ月近くIPO空白期間ができてしまいました。


この時期としては長い空白期間です。株式市場は新型コロナの影響を受ける前の水準までもう少しで回復します。マザーズ指数は新型コロナで暴落する前の水準を超えています。


ロコガイドとフィーチャとコパ・コーポレーションIPOの最終初値予想


まずはロコガイドから確認してみたいと思います。上場前の気配運用は下記のようになります。


項 目気配運用の内容
板中心値段2,000円(公募・売出価格)
上限値段4,600円(更新値幅100円、更新時間10分)
下限値段1,500円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲500円以上、8,000円以下


公開価格は仮条件上限の2,000円に決定しています。ブックビルディングの積み上がりも問題ない観測が出ていました。そして業績も好調であること、またコロナ禍が業績を後押しする格好になっていることで注目されています。


詳しくは承認記事でご確認ください。業績画像も掲載しています!
ロコガイドIPO上場承認と初値予想!IT系だが吸収額に難あり?当選狙えるIPO


現在のところコロナ禍が業績面へ影響しているというよりはアプリダウンロード数が増え、利用者が増えている状況とのことです。


チラシアプリはこれまで別の企業でも配信されていたようですが、ロコガイドでのDL数が極端に伸びているようです。初値形成の展開は代表取締役社長の穐田誉輝氏への期待感から買い先行になるパターンを予想します。


最終初値予想は2,700円となります。別企業のBB時初値予想は2,200円~2,600円になっていることから2,500円という切りの良い初値を期待しています。セカンダリー投資は「P+」ですね。幹事引受価額は1,850円です。


株数が多かったのでマネックス証券からの当選者も複数人確認できました。引きが強い方はロコガイドを複数株手に入れたようです。




フィーチャIPOの最終初値予想と気配運用はこうなる

続いてフィーチャ(4052)IPOを確認してみたいと思います。フィーチャは上場1日目に初値が付くことはなさそうです。初値4倍が期待されています。


当選者をお見かけしましたが公開価格520円となっていることでリターン割合が大きいと感じます。主幹事はSMBC日興証券でした。


フィーチャIPOの最終初値予想


項 目気配運用の内容
板中心値段520円
上限値段1,196円(更新値幅26円、更新時間10分)
下限値段390(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲130円以上、2,080円以下


公開価格は仮条件上限の520円に決定しています。株単価が低いため10分で2,600円しか上がらないためホルダーは株価さえ確認しない方もいそうです。私が当選していたらあまり見ないでしょう。


寄付きだけ確認をしておいて次に見るのは後場始まり、そして引け間際に確認できればと言った感じです。現在の状況から察すると上場1日目に初値が付かず上場2値目になってもしばらく初値が付きそうにありません。


トヨタコネクティッドやJVCケンウッドなど大手企業と取引先があります。自動車部品メーカーやドライブレコーダーメーカーなどへ製品を販売しライセンス収入もあるそうです。


詳しくは承認記事でご確認ください。業績画像も掲載しています!
フィーチャ(4052)IPO上場承認と初値予想!大量の買い需要で初値2倍以上確定か


新型コロナ感染症の影響はあったそうですが、業績が傾くような感じではないそうです。成長性期待で大きな買いが入るのでは?と言った観測もあるようです。地合いも悪くないため初値3倍~4倍は確実なのかもしれません。


最終初値予想は2,100円です。もう一社は公開価格決定段階で1,050円~1,200円となっています。情報修正もあり得るでしょう。初期投資は「P-」のようです。幹事引受価額は478.40円です。


主幹事SMBC日興証券の口座をまだ開設していない方は持っておいたほうが良いです。IPO投資に興味がなくても一般信用売建が使えるので重宝するはずです。




コパ・コーポレーションIPOの最終初値予想と気配運用はこうなる

コパ・コーポレーション(7689)IPOは株価設定から初値2倍の予想が期待できるようです。利益的にはコパ・コーポレーションが3社の中で1番大きくなりそうです。


税金で2割程度利益が引かれるので悲しいと思いますが、まとまった利益が出そうなので納税してください!


コパ・コーポレーションIPOの最終初値予想


項 目気配運用の内容
板中心値段2,000円
上限値段4,600円(更新値幅100円、更新時間10分)
下限値段1,500円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲500円以上、8,000円以下


気配更新はロコガイドと同じになります。株価が同じですから当たり前ですね!


コパ・コーポレーションは松下周平氏がオリジナル生活用品の実演販売を行うことで知名度があります。コロナにより巣ごもり消費が増加しTV通販部門が好調となっています。詳しくは下記記事をご覧ください。
コパ・コーポレーションIPO上場承認と初値予想!実演販売士のレジェンド松下が吠える


逆にイベント販売やソラマチにあるデモカウ(店舗)の収益が落ちたようです。全体で業績を確認すると成長していることから買われる展開が期待されます。


上場による吸収額が14億円で時価総額54.4億円になります。来期は減益予想となっていることから上場時点が業績の最高潮になる可能性もあるように思います。コロナがおさまれば消費が伸びる期待もできるため一刻も早くワクチンができて欲しいと願うばかりです。


最終初値予想は4,000円となっています。別の企業では考察段階で初値予想2,400円~2,800円で「P+」のようです。幹事引受け価格は1,840円です。


今回の3社同日上場でロコガイドとコパ・コーポレーションは再承認になります。再承認で上場規模を小さくしてきたためより初値が高くなる期待があります。


セカンダリー投資を専門としている投資家も期待していることでしょう。機関投資家の参戦があれば株価が上向きそうです。色々と楽しみですね。


今晩のNYダウ平均が1,000ドルの下落などにならなければ予想された数値が初値として意識されると思います。久しぶりなのでワクワクしますね!


またクラウドバンクで新CMが開始されました。今回は面白みのあるCMになっています。「未来から来た二人の自分」というコンセプトのようです。実績平均利回り7.09%なのでかなり大きいと思います。


IPO投資が落ち着いたら残金が21万あるので投資を再開したいと思います。1万円から投資できる企業になります。いつでも投資できる環境が気にっています。実際に投資を行った4年間の実績を下記でまとめてみました。


IPOの他に少しでも利益が欲しいので私は積極的に投資を行っています。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!