フィーチャ(4052)IPOが東証マザーズに新規上場承認されました。今回も業績や上場規模などを確認し自己評価していきたいと思います。


主幹事はSMBC日興証券証券が務め公開株数580,000株、オーバーアロットメント87,000株です。上場規模は想定発行価格470円から計算すると約3.1億円になります。


フィーチャ(4052)IPO上場承認と初値予想


フィーチャは車載カメラやドライブレコーダ向けの画像認識ソフトウェアを開発販売している企業です。取引先にトヨタやケンウッド、デンソーなどの大手企業名があります。


ただ利益に少し波があり前期は赤字でした。今期業績は売上と利益共に直近では大きく推移するようです。上場規模が小さいことから人気となるはずです。


また4月に上場する予定だった企業が相次いで上場中止となったことからIPOから離れている投資家も多いため今回は当選するチャンスなのかもしれません。フィーチャの事業は少しニッチですが画像認識ソフトウェア開発になりAIやITと関係があります。


フィーチャ(4052)IPOの上場基本データと引受幹事

項目 上場基本データ
市場 マザーズ
業種 情報・通信業
事業内容 画像認識ソフトウェアの開発
上場予定 6月24日
ブックビルディング期間 6月09日~6月15日
想定価格 470円
仮条件 6月08日
公開価格 6月16日
企業情報 http://ficha.jp/
監査人 EY新日本有限責任監査法人


【手取金の使途】

差引手取概算額58,860千円に本第三者割当増資の手取概算額上限37,487千円を合わせた、手取概算額合計上限96,347千円については、以下のとおり充当する予定であります。

当社事業の発展のためには、ディープラーニングをはじめとした画像認識技術の研究開発を促進して認識精度や実装性といった技術力を向上させること及び増加が見込まれる受託案件に対応できる開発体制の構築が必要であると認識しております。そのための人件費及びエージェント利用料や紹介料などの採用費として96,347千円(2021年6月期:44,092千円、2022年6月期:52,254千円)を充当する予定であります。

なお上記調達資金は具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定であります。

※有価証券届出書(新規公開時)抜粋



項目 株数データ
公募株数 150,000株
売出株数 430,000株
公開株数(合計) 580,000株
オーバーアロットメント 87,000株
上場時発行済み株数 5,409,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額 約25.4億円
幹事団 SMBC日興証券(主幹事)
大和証券
水戸証券
極東証券
みずほ証券
エース証券
東洋証券
SBI証券
楽天証券
いちよし証券
岩井コスモ証券 ←後期型抽選
委託見込 岡三オンライン証券
ライブスター証券
DMM.com証券


フィーチャ(4052)上場評判とIPO分析

想定発行価格470円を基に吸収金額を算出すると約2.7億円となり、オーバーアロットメントを含めると約3.1億円規模の上場となります。上場規模がかなり小さくコロナショック状況でも初値が狙えると考えられます!


フィーチャグループは連結子会社の北京飞澈科技有限公司と2社で構成されています。「Make Things Intelligent」をミッションとして掲げ画像認識ソフトウェア開発事業を行っています。


2005年の創業から主にレンズ検査装置事業を行ってきましたが、2012年に画像認識ソフトウェア開発事業を開始しています。それ以来、コンピュータビジョン(コンピュータを用いた画像技術)と機械学習の経験を活かし、車載カメラやドライブレコーダ向けの画像認識ソフトウェアを提供しています。


今後も様々な端末に実装しやすい画像認識技術の実現を目指していくそうです。


フィーチャIPOの業績と評判



フィーチャIPOの利益状況


フィーチャは画像認識ソフトウェアを開発しています。特に車載カメラやドライブレコーダ向けに歩行者や車両、車線、標識などを検知するADAS用の組み込みソフトウェアの開発に注力しています。


主な顧客は「Tier 1」と呼ばれる自動車部品メーカーやドライブレコーダメーカーです。


また顔認証及びよそ見運転、危険運転、居眠り運転等を検知するDMS用ソフトウェアが、自動車部品メーカー等を通して自動車に搭載されています。


  • ADASとは自動車の運転手の運転操作を支援するシステムのこと
  • 「Tier 1」とは自動車メーカーに直接部品を供給する企業のこと
  • DMSとは自動車の運転手を監視するシステムのこと


フィーチャIPOの事業系統図


フィーチャはコンピュータビジョンに特化したソフトウェア、特に機械学習を用いた画像認識ソフトウェアを主に開発しています。


機械学習とは大量のデータを用いて学習を行い、特徴量と呼ばれる辞書を作成し、その辞書を参照しながら画像から歩行者などの対象物を検知する技術です。


機械学習は近年AI技術を大きく発展させたディープラーニングとディープラーニング出現前の非ディープラーニングに分けることができ、同社は現在、主にディープラーニング技術を用いたアルゴリズム及びソフトウェアの開発に注力しています。


フィーチャの機械学習


ディープラーニングは、非ディープラーニングに比べて認識性能が高くADAS用ソフトウェアだけでなく、運転手監視ソフトウェアにも用いています。


一方、実装性能に優れた非ディープラーニングを有することも同社の大きな強みです。画像認識ソフトウェアを安価な車載カメラやドライブレコーダに搭載する場合には、比較的性能が低いLSIで動作させることが必要ですが、非ディープラーニングはそういった比較的性能が低いLSIでも動作させることが可能です。


このように当社は製品の仕様に応じて、非ディープラーニングとディープラーニングを使い分け、あるいはその両方を組み合わせて使うハイブリッド化を行い車載カメラやドライブレコーダ用カメラにソフトウェアを提供しています。


フィーチャIPOの販売実績と取引先


ビジネスモデルは、顧客の車載カメラやドライブレコーダ向けに画像認識ソフトウェアのカスタマイズや実装を行う対価を受託開発収入として計上しています。


また、量産以降に発生する搭載数量に応じたソフトウェア使用料をライセンス収入として計上しています。なお一部の取引には商社が介在しています。


フィーチャ(4052)の企業財務情報と配当性向

回次 第13期 第14期
決算年月 2018年6月 2019年6月
売上高 210,396 282,465
経常利益 50,661 △5,531
親会社株主に帰属する当期純利益又は当期純損失 42,587 △8,203
包括利益 42,266 △8,621
純資産額 395,026 386,405
総資産額 438,853 449,340
1株当たり純資産額 0.31 △1.33
1株当たり当期純利益又は当期純損失 8.10 △1.56
自己資本比率(%) 90.0 86.0
自己資本利益率(%) 16.9
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー 49,410 △1,225
投資活動によるキャッシュ・フロー △5,358 △47,235
財務活動によるキャッシュ・フロー 222,622 △5,012
現金及び現金同等物の期末残高 395,642 339,854
※数値は千円単位


第15期第3四半期連結累計期間(2019年7月01日~2020年3月31日)
  • 売上高311,642千円
  • 営業利益78,214千円
  • 経常利益74,889千円
  • 親会社株主に帰属する四半期純利益52,484千円


【フィーチャIPOの第15期第3四半期連結累計期間のチェックポイント!】

同社グループが属する画像認識ソフトウェア業界では、自動車向け先進運転支援システムである(ADAS)の普及や自動運転技術の実用化に向けて自動車関連企業各社が取り組みを強化している状況です。このような環境の中で、同社グループは既存顧客の深耕による新規案件の獲得及びディープラーニングをはじめとした画像認識技術の研究開発を積極的に進めてまいりました。

研究開発活動では主にフリースペース検知技術、三次元物体検知技術及び最適なディープラーニングモデルの自動探索技術の開発を行っています。


フィーチャ(4052)の株主状況とロックアップについて

会社設立は2005年8月05日、東京都豊島区東池袋三丁目1番1号に本社を構えます。社長は脇健一郎氏(1960年12月04日生まれ)、株式保有率は17.92%(954,000株)です。


従業員数は20人で平均年齢33.6歳、平均勤続年数2.3年、平均年間給与4,697,000円です。連結従業員数は22人で臨時雇用者13人になりセグメントは画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントです。


氏名又は名称 所有株式数(株) 所有株式数割合(%) ロック
曹 暉 1,716,000株 32.23%
王 潞 1,146,000株 21.53%
脇 健一郎 954,000株 17.92%
惠州市德赛西威汽车电子股份有限公司 528,000株 9.92%
NVCC7号投資事業有限責任組合 273,000株 5.13%
株式会社SMBC信託銀行 264,000株 4.96%
ニッセイ・キャピタル6号投資事業有限責任組合 219,000株 4.11%
※株主上位7名の状況


【ロックアップについて】

本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である脇健一郎、売出人である曹暉、当社株主である王潞及び惠州市德赛西威汽车电子股份有限公司並びに当社新株予約権者である横田和之、茂田井純一、田中康治、孟洋及び瀬戸口翔平は、SMBC日興証券株式会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場日から起算して180日目の2020年12月20日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利を有する有価証券の発行、譲渡又は売却等を行わない旨を約束しております。

当社株主であるNVCC7号投資事業有限責任組合、ニッセイ・キャピタル6号投資事業有限責任組合、名古屋大学・東海地区大学広域ベンチャー1号投資事業有限責任組合及び三菱UFJキャピタル5号投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の2020年9月21日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利を有する有価証券の発行、譲渡又は売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出しにおける売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束しております。

※有価証券届出書(新規公開時)抜粋



上位株主には180日間(2020年12月20日まで)のロックアップが付与されています。またベンチャーキャピタル等に対して別途90日間(2020年9月21日まで)のロックアップが付与されています。こちらは発行価格の1.5倍以上でロックアップが解除されるので注意が必要です。


さらに上記にはありませんが、未来創生投資事業有限責任組合が委託しているSMBC信託銀行(スパークス・アセット・マネジメント株式会社)も90日目の2020年9月21日まで売却不可となっています。ロックアップ解除倍率の設定はありません。


ベンチャーキャピタルや既存株主に対してのロックアップ率は高いようです。また親引け設定などはありません。


フィーチャ(4052)IPOの初値予想と幹事引受け株数

大手初値予想は2社掲載予定です。しばらくお待ちください。

最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名 配分単位 引受割合
SMBC日興証券(主幹事) -株 -%
大和証券 -株 -%
水戸証券 -株 -%
極東証券 -株 -%
みずほ証券 -株 -%
エース証券 -株 -%
東洋証券 -株 -%
SBI証券 -株 -%
楽天証券 -株 -%
いちよし証券 -株 -%
岩井コスモ証券 -株 -%


公開株数や幹事構成を考えた場合にSMBC日興証券からの申込みが一番有効そうです。大和証券店頭口座の方も厳しそうです。ここは素直に主幹事のSMBC日興証券から申込を行い当選を狙いましょう!




株数は公開株数とオーバーアロッメントを合わせると667,000株になります。ある程度のボリュームはあると思います。ただIPOに当選しても単価が低いため初値2倍で5万円程度しか利益が出ません。


とりあえず小規模上場のため全力で申込を行っておくべきIPOだと思います!ネット系の証券会社が少ないので当選確率は低そうです。ただコロナウイルス感染症の影響でIPO参加者も少ないかもしれません。


当選を期待しておきたいと思います。ネット系だとSBI証券でIPOチャレンジポイントを貯めておきましょう。将来1回の当選で100万円抜きできるかもしれません。




これからIPO抽選に参加される方は資金不要でIPO抽選に参加できる証券会社の口座を開設しておくと当選のチャンスがあるかもしれません。


下記記事にまとめているのでよかったら参考にしてください。また面白いIPO抽選を行う企業があるのでこちらも合わせて参考にしてください。1株からIPO抽選に参加できる証券会社が誕生しています!






類似企業のPERやPBRを調べてみました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業 PER
PBR
PER-倍 PBR-倍
PER-倍 PBR-倍
PER-倍 PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間 株式の数 発行価格
2020年3月15日~2028年3月14日 9,996株 464円
2021年1月26日~2029年1月25日 18,150株 1,000円
2021年6月22日~2029年6月21日 36,570株 1,000円


ストックオプション(新株予約権)で行使期限に入っている株数は9,996株になります。株数が少ないため上場時点で影響はないと考えられます。


上場時点で売却できる株数は新株予約権の約40%になるようです。約4,000株が市場に出てきてもおかしくない状況となっています。ただし、発行価格が464円なので公開価格とあまり変わりません。


このため公開価格程度では売却を行わないと思われます。


ツイッターでもIPO記事のチェックができます!

最新情報を手に入れたい方やレア情報、気になったことをツイートしています。IPO投資歴は14年と長くソーシャルレンディングも4年目突入!安定の利益でブログも14年目に突入。


フィーチャ(4052)IPOの評価と申し込みスタンス

フィーチャはコロナショック後初のIPOになります。またコロナショックで上場延期になった企業が多い中で上場した企業の株価が一時何倍にもなりました。


現在も高値にあるIPOが多いためフィーチャは初値とセカンダリーの両方で狙えそうな銘柄だと思います。


フィーチャ(4052)IPO参加スタンス


またマザーズ指数がコロナショック前の水準に戻していることから新興市場に上場するIPOにプラス材料です。上場日が6月24日とまだ日数があるため市場がこのまま回復傾向であれば初値2倍~3倍も期待ができると思います。


ただし単価が低いため公募組は大きな利益とまでは言えなさそうです。


フィーチャが所属する画像認識ソフトウェア業界では、日本再興戦略の情報によれば2015年時点0.5兆円だったものが2030年には20兆円まで成長すると見込まれています。


安全運転支援装置・システム市場において、当該装置・システムのキーデバイスである車載カメラ市場を主なターゲットとすることで、持続的な収益の拡大を図っていくそうです。


個人的に気になるのは新型コロナ感染症による、新車販売動向の低迷や市場規模の縮小です。新車が売れなければ一定の需要が見込めないため業績低迷になりそうです。ただし上場規模が想定発行価格ベースで約3.1億円しかないため需要は多いでしょう。


2020年3月~4月に上場したIPOの値動きを見ると業績よりも投機的な動きに見えます。フィーチャIPOは利益が出ると考えています。IPO投資のやり方については下記記事でまとめいるのでよかったら参考にしてください!




IPO投資からレベルアップしたい方は株式投資型クラウドファンディングへ投資を行ってみては如何でしょうか?


イグジット(EXIT)した企業も出てきました。ファンディーノでは5月末まで口座開設者にAmazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンを行っています!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額50万円強でソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!