日本インシュレーション(5368)とリバーホールディングス(5690)IPOの初値予想と幹事配分などを今回も自己評価していきたいと思います。どちらも東証2部上場となり人気は限られそうです。


まずは日本インシュレーションについて、いつものように考察してみたいと思います。上場規模が小さい事と配当利回りが高い事に魅力があるIPOです。


日本インシュレーションIPOの初値予想と幹事配分


項目株数データ
想定価格920円
仮条件920円~940円
公開価格3月11日
公募株数1,050,000株
売出株数0株
公開株数(合計)1,050,000株
オーバーアロットメント157,500株
幹事団大和証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
岩井コスモ証券
委託見込au カブコム証券
DMM.com証券


事業に成熟感があり成長を考えた場合に難しい印象を受けます。耐火・断熱材料の製造や販売を手掛け施工まで行う企業です。上場による手取金は主に設備投資に使われ金融機関の借入返済にも利用されます。


そもそも一般投資家には「ゾノトライト系けい酸カルシウム材の用途開発」と言われてもどんな製品なのかわかりにくいです。IT系とまた違った感じで何それ?ですよね。


連結子会社がベトナムにあることでコロナウイルスの影響も限定的だと思います。上場後はベトナム子会社の増設工事や生産拠点整備などを行うようですから工場が止まるようなことになれば生産が落ち込むでしょう。


日本でも同様ですがベトナムだと医療の面でさらに心配です。けい酸カルシウム製保温材は「石油・石化」「電力・ガス」「鉄鋼」など幅広い業種に渡っていることから間接的にインフラとも関りがあります。


東南アジア地域で事業展開を行うことも多いため海外リスクが伴います。今後の世界状況とも関係ある企業なので東南アジアで新型肺炎が流行ると大打撃でしょう。現在のところ収益に問題はないと考えられます。


もっと詳しく知りたい
日本インシュレーションの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
日本インシュレーションIPO上場承認と初値予想!地味系のニッチ市場で利益GET


初値予想900円~1,200円


幹事名配分単位引受割合
大和証券(主幹事)966,000株92.00%
三菱UFJ・モルガンスタンレー証券31,500株3.00%
SBI証券31,500株3.00%
岩井コスモ証券21,000株2.00%


上場は公募だけとなっているため印象は良いものの、既存株主にベンチャーキャピタルや金融系企業が多くなっています。ロックアップが掛かっているため上場時の売却は少ないでしょう。


2020年3月の連結業績予想は売上127億円となり前期比較で7.9%増、経常利益16億円となり前期比較で6.2%増になります。形的には増収増益となるようです。


配当金は35円を予定し3月末が権利となるため上場後数日間持つだけで配当権利を得ることができます。配当利回りは仮条件上限の940円算出で約3.7%になります。


PERは6.51倍と低くPBRは0.81倍になります。類似企業比較だと妥当水準だと思います。あえて買う理由が見当たらず東証2部上場なので積極的に手掛けずらいと思います。


配当狙いもいいけれど上場企業が運営するクラウドファンディングへ投資をしてみませんか?投資後は償還されるまでただ待つだけの投資になります。OwnersBook(オーナーズブック)への投資は不動産特化型になります。




利回り重視であればクラウドクレジットもお勧めです。海外投資になりますが日本円で投資が可能です。ヘッジ「あり・なし」のファンドが用意されていますが結局は日本円で償還されます。




リバーホールディングスIPOの初値予想と幹事配分を調べた結果

リバーホールディングスも同じく東証2部に上場します。事業が資源リサイクル事業で上場規模が約53.2億円です。厳しい印象を受けるため公開価格割れも視野に入れておくべきでしょう。


しかも配当が出ないようなので個人的に買う理由が見出せません。新型肺炎の影響は直接受けにくいと思いますが減収となることが予想されているためあえて買う必要がないのかもしれません。


リバーホールディングスIPOの初値予想と幹事配分


項目株数データ
想定価格920円
仮条件920円~960円
公開価格3月12日
公募株数4,247,200株
売出株数575,600株
公開株数(合計)4,822,800株
オーバーアロットメント723,400株
幹事団野村證券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
みずほ証券
いちよし証券
大和証券
楽天証券 ←後期型抽選
委託見込au カブコム証券
DMM.com証券


野村證券が主幹事を行うIPOは上場規模が大きく微妙なIPOが他社に比べて多いと感じます。今回は上場規模が大きいため無事引受先が見るかるのでしょうか?地合いも影響するため無配の株を買う有志がどれほど見込めるのでしょう。


自然リサイクル事業は既に一巡していると言われ、2019年は場所によっては自然災害による収益があったようです。


2020年はコロナウイルスの影響で鉄くず相場が需要低迷により価格が下がるのではないかと考えています。東京オリンピック・パラリンピックの開催が危ぶまれる中で自然リサイクル関係の株は買われないでしょう。既に殆どの企業が業績に反映されているため今後は落ち込む可能性があります。


リバーホールディングスの株主であるエンビプロ・ホールディングス(5698)やイボキン(5699)も株価が下げているため同社株が無事公開価格を超えてくるとは言えないかもしれません。


もっと詳しく知りたい
リバーホールディングスの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
リバーホールディングスIPO上場承認と初値予想!東京オリンピック貢献も規模的にNGか


初値予想900円~1,100円


幹事名配分単位引受割合
野村證券(主幹事)4,195,900株87.00%
三菱UFJ・モルガンスタンレー証券168,800株3.50%
SMBC日興証券120,600株2.50%
みずほ証券120,600株2.50%
いちよし証券72,300株1.50%
大和証券72,300株1.50%
楽天証券72,300株1.50%


2020年6月の連結業績予想は売上302.6億円となり前期比較で17.5%減、経常利益15.3億円となり前期比較で6.8%減になります。本決算が6月なので不確実性が高いかもしれません。そもそも新型肺炎のことは考慮していないはずです。


四半期利益は13.9億円を見込み前期比較で9.5%増になるようです。仮条件上限の960円算出のPERは10.38倍、PBRは1.01倍になります。


住宅建築やゼネコン関係、さらに公共事業なども低迷する可能性があります。また以前より言われているように中国経済の低迷がさらに悪化する可能性があります。米中貿易摩擦も依然としてどのようになるのかわからず、2020年は経済安定となるのか先行きが暗いようです。


日本国内の自動車販売も急激に落ち込みリサイクル車の確保も難しくなってくることが考えられます。これが一時的であればよいのですが1年中続くとなれば業績悪化は避けられないでしょう。


暗いニュースが多い中でリバーホールディングスIPOが選ばれることはないのでは?と考えています。IPOラッシュが続いているため公開価格割れをしそうな銘柄は避けたいと個人的に考えています。


ちょっとした朗報になりますが、ドラフト(5070)の取扱いがDMM.com証券で決定しています。前受け金不要なので申し込んでおきたいと思います。当選後に入金すればよいため楽なんです!




ついでにライブスター証券も今後のために口座を開設しておくと良いでしょう。幹事引受けを行う日が近いかも?レオス・キャピタルワークスの再承認でIPO当選が期待できます。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!