ヴィス(5071)IPOが東証マザーズに新規上場承認されました。今回も業績や上場規模などを確認し自己評価していきたいと思います。


主幹事は大和証券が務め公開株数1,950,000株、オーバーアロットメント292,500株です。想定発行価格820円による上場規模は約18.4億円になります。手掛けやすい株価はgoodですね。


ヴィスIPO上場承認と初値予想


事業はオフィス空間の設計デザインや施工を行う企業になります。大手企業等のデザイナーズオフィスを手掛けており業績も右肩上がりとなっています。


気になるのはデザイナーズオフィスを受け入れることができる、体力ある企業の獲得が同社業績向上に結び付きます。上場し知名度を上げることで新規顧客開拓につながることを祈りたいと思います。


都心では働き方改革の影響もあり、デザイナーズオフィスの需要が盛んだと聞きます。このまま日本経済が拡大すればよいですが景気低迷も気になるところですね。


ヴィス(5071)IPOの上場基本データと引受幹事

項目 上場基本データ
市場 マザーズ
業種 建設業
事業内容 オフィス空間の設計デザイン・施工を行うデザイナーズオフィス事業等
公開予定 3月25日
ブックビルディング期間 3月09日~3月13日
想定価格 820円
仮条件 820円~900円
公開価格 3月16日
企業情報 https://vis-produce.com/
監査人 有限責任あずさ監査法人


【手取金の使途】

手取概算額965,720千円については、①VISビル事業の新築建物建設費用等に関する設備資金、②業務関連システムの導入費用、③借入金返済資金に充当する予定であります。具体的には以下を予定

①VISビル事業を展開するために2020年1月よりVISビルの建設工事を開始しており、VISビルの建設費用等576,680千円を2021年3月末までに充当する予定

②業務効率化を目的とした業務関連システムの導入費用22,000千円を2021年3月末までに充当する予定

③VISビル事業用に購入した不動産取得費用の一部につき、長期借入金を充当しております。その長期借入金にかかる返済資金として、2020年3月末までに330,000千円を充当する予定

なお上記使途以外の残額は将来における当社サービスの成長に寄与する支出、投資に充当する方針でありますが、当該内容等について具体化している事項はなく、具体的な資金需要が発生し、支払時期が決定するまでは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。

※有価証券届出書(新規公開時)抜粋



項目 株数データ
公募株数 1,300,000株
売出株数 650,000株
公開株数(合計) 1,950,000株
オーバーアロットメント 292,500株
上場時発行済み株数 8,152,300株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額 約66.8億円
幹事団 大和証券(主幹事)
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
エース証券
SMBC日興証券
マネックス証券 ←完全平等抽選
岩井コスモ証券
委託見込 au カブコム証券
ライブスター証券
DMM.com証券


ヴィス(5071)上場評判とIPO分析

想定発行価格820円を基に吸収金額を算出すると約16億円となり、オーバーアロットメントを含めると約18.4億円規模の上場となります。当選期待ができる規模になり業績も好調のようです。


同社はデザインを切り口として企業の抱える課題を解決するオフィスコンサルティングサービスを提供しており、オフィス空間のデザインの提供を柱として、企業ロゴや会社案内といった印刷物等のグラフィックデザイン、企業のコーポレートサイトやリクルーティングサイトといったWEBデザイン等も併せて提供することで顧客の企業価値の向上を図るデザイナーズオフィス事業を行っています。


同社が手掛けるオフィスは「集中したい時に集中できる場」「すぐにミーティングができる場」「フリーアドレス等により毎日横に座る人が変わりざっくばらんな会話が色々な気付きやヒントに繋がる場」など、社員が常に交われるような働く場を作る事で創造性を高め、働き方改革の推進に寄与するオフィス空間をデザインしています。


事業セグメントは「デザイナーズオフィス事業」と「VISビル事業」になり、デザイナーズオフィス事業はIT企業を中心にベンチャー企業をはじめとする中小企業から大手上場企業までを幅広く展開しています。


ヴィス(5071)上場評判と業績


デザイナーズオフィス事業では、顧客のオフィスの移転や改装のニーズに対し、オフィス空間の設計デザインから施工までをワンストップで提供しています。この他にも設計デザインなど部分的にも顧客のニーズに応じて柔軟に提供しています。


仕事環境の課題を可視化するため、経営層に対するインタビュー、従業員へのヒアリングを基に職場環境の調査を行い働く人々にとって快適で効率性の高いオフィスを提供しています。


オフィス空間のデザインやレイアウトの提案、機能性・デザイン性を考慮した家具・什器の選定、インフラ整備といったサービスなど移転・改装に関わる計画・予算・スケジュールをマネジメントし、プランニングから施工までを一連のサービスとして提供しています。


ヴィスIPOの事業系統図


VISビル事業は現在準備中の事業であり、当事業を展開するために大阪府大阪市中央区に建物付き土地を取得しているそうです。


同社がデザイナーズオフィス事業を開始してから16年が経過しており、デザイナーズオフィスは世の中に浸透し、徐々に広がりつつあるそうです。


しかしデザイナーズオフィスの認知度が低いため、国内外におけるデザイナーズオフィスの認知度を向上させマーケットを拡大していくことが重要な課題となっているようです。


また、昨今ではテレワーカーやフリーランスのワーカーの増加に伴って新しい働き方としてABWが注目されており、今後も働き方は多様化していくものと考えられています。


ヴィスIPO販売実績


そのためオフィス空間デザインの実績とノウハウを活かし「働く場」を自社でプロデュースするとともに「新しい働き方」を世の中に発信するVISビル事業を展開したいと考えています。


デザイナーズオフィスの広告宣伝効果や認知度の向上、オフィスデザインを自社で行うことによるデザイナーズオフィス事業との相乗効果、ビル経営による収入基盤の確保と経営の安定化を図りたい狙いがあります。


事業内容としてはスタートアップ企業向けのテナント賃貸やレンタルオフィス、テレワーカーやフリーランスのワーカー向けのコワーキングスペースを提供することを計画しています。


ヴィス(5071)の企業財務情報と配当性向

回次 第20期 第21期
決算年月 2018年3月 2019年3月
売上高 7,173,174 8,670,125
経常利益 654,056 914,561
当期純利益 451,128 626,042
資本金 25,000 25,000
純資産額 1,435,435 1,970,113
総資産額 3,435,436 4,247,577
1株当たり純資産額 209.48 287.51
1株当たり当期純利益金額 65.84 91.36
自己資本比率(%) 41.8 46.4
自己資本利益率(%) 36.2 36.8
株価収益率(倍)
配当性向(%) 20.3 20.1
営業活動によるキャッシュ・フロー 674,072 876,191
投資活動によるキャッシュ・フロー △1,030,245 △121,982
財務活動によるキャッシュ・フロー 487,822 △211,364
現金及び現金同等物の期末残高 1,606,895 2,149,741
※数値は千円単位


第22期第3四半期累計期間(2019年4月01日~2019年12月31日)
  • 売上高6,666百万円
  • 営業利益624百万円
  • 経常利益622百万円
  • 四半期純利益407百万円


【ヴィスIPOの第22期第3四半期累計期間のチェックポイント!】
国内のオフィスビル賃貸市場は主要都市での業容・人員拡大による館内増床や拡張移転の動きがみられ、空室率は低水準を維持しているそうです。

同社では既存顧客へのフォローや新規顧客の開拓を継続するとともに、デザインやレイアウトによって業務効率や従業員満足度が高められるデザイナーズオフィスを提供することで、「働き方改革」への関心の高まりに対応した新しいオフィスづくりに貢献してきたそうです。


ヴィス(5071)の株主状況とロックアップについて

会社設立は1998年4月13日、大阪府大阪市北区梅田三丁目4番5号に本社を構えます。社長は中村勇人氏(1960年7月18日生まれ)、株式保有率は40.68%(2,900,400株)です。


従業員数186人、平均年齢31.3歳、平均勤続年数3.9年、平均年間給与6,203,000円です。セグメント別ではデザイナーズオフィス事業186人、VISビル事業0人です。


VISビル事業の従業員数が0名なのは、従業員が兼務して同事業を行い専従の担当者がいないためだそうです。


氏名又は名称 所有株式数(株) 所有株式数割合(%) ロック
クレド 3,630,000株 50.92%
中村 勇人 2,900,400株 40.68%
大滝 仁実 160,950株 2.26%
金谷 智浩 160,950株 2.26%
ヴィス従業員持株会 120,000株 1.68%
矢原 裕一郎 4,500株 0.06% ×
浜本 亜実 4,500株 0.06% ×
※株主上位7名の状況


【ロックアップについて】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、大株主であり売出人である株式会社クレド、当社株主、売出人、貸株人かつ当社役員である中村勇人、当社株主かつ当社役員である大滝仁実、金谷智浩並びに当社株主であるヴィス従業員持株会は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(2020年6月22日)までの期間(以下「ロックアップ期間」という)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等を除く)を行わない旨を合意しております。

※有価証券届出書(新規公開時)抜粋



上位株主には90日間(2020年6月22日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率は発行価格の1.5倍以上です。ベンチャーキャピタル保有株はありません。


親引け設定はありません。


ヴィス(5071)IPOの初値予想と幹事引受け株数

想定発行価格を下限として仮条件が820円~900円に決定しました。900円算出の吸収額は約20.2億円に膨れ上がりました。個人的感覚では初値上昇率が下がったと考えています。


類似企業と呼べるような企業は存在せず同時期に上場するドラフト以外に見当たりません。成長率が高くPER的には低く抑えられていますが上場規模に難あり状態です。


2020年3月の単体業績予想は売上91.5億円で前期比5.6%増になります。ただ経常利益は8.4億円で前期比8.4億円の減益になります。四半期利益は14.2%減の8.4億円で着地するようです。


好材料なのは配当金が13.2円出ることから配当を狙った買いが期待できそうです配当利回り1.5%と低めですがないよりは良い水準です。


またEPS78.16からPERは11.5倍、BPS410.58からPBRは2.2倍になります。ベンチャーキャピタル保有株がないため需給面で妙味がありそうです。


大手初値予想(A社)1,000円~1,800円
修正値1,000円~1,200円
再修正650円~800円

※注目度B

大手初値予想(B社)900円~1,050円
※注目度5段階中上から3番目


kimukimu

ブックビルディングの地合いが良ければ相当な申し込みが期待できます。しかしNYダウの乱高下が続き積極的になれない投資家が多いようです!


IPO投資を専業にしている投資家も確実に利益が出るよな銘柄をターゲットにしているため、同社のような微妙銘柄は地合い次第となりそうです。


私も積極的に申し込むIPOとそうではないIPOに偏っています。


幹事名 配分単位 引受割合
大和証券(主幹事) 1,755,000株 90.00%
みずほ証券 39,000株 2.00%
三菱UFJ・モルガンスタンレー証券 39,000株 2.00%
SBI証券 39,000株 2.00%
エース証券 19,500株 1.00%
SMBC日興証券 19,500株 1.00%
マネックス証券 19,500株 1.00%
岩井コスモ証券 19,500株 1.00%


ヴィスは時代にマッチングしたIPOだと思います。似たよな事業を行う企業も増えているため同社にも期待したいと思います。当選を狙うなら大和証券からの申し込みを徹底しておきましょう!


株数が多いため平幹事からの当選も考えられます。初値はそれほど上昇しないと考えられますが、当選を狙って申し込んでおきたいと考えています。株価が割安であれば全力申し込みでしょうか。


大和証券の次に当選しやすいのはマネックス証券でしょう。引受けた株を全て抽選に回すため店頭系よりも当選期待があります。




株数が多めのIPOの場合は抑えておいたほうが良いでしょう。SNSでは引受株数が少なくても当選報告が出ていることが多いため驚くことがあります。誰かに当たっている証拠ですよね。


資金が余っている方は岩井コスモ証券からの申し込みとau カブコム証券の申し込みもお勧めします。後期型抽選になるため申し込み忘れが頻発します。




またFXプライム byGMO公式で3万通貨取引すると3,000円が貰えるタイアップが行われています。よかったら貰ってください。下記記事に要点をまとめていますが「ぱっと見テクニカル」は使えます!




ちなみにシストレ24でも3,000円キャッシュバック中です。あまり公言すると怒られますがキャッシュバック狙いだと同じ企業が行っているトライオートFXのほうが少し良いんですよね。




現在はIPOがどんどん出てきていますが、5月は1つもIPOがないことも考えられます。その時にFX口座があると投資を楽しめると思います。

類似企業のPERやPBRを調べてみました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業 PER
PBR
明豊ファシリティワークス(1717) PER11.66倍 PBR1.9倍
フィル・カンパニー(3267) PER23.14倍 PBR6.21倍
ドラフト(5070) PER18.8倍 PBR-倍
※2020年3月06日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間 株式の数 発行価格
2016年10月25日~2024年10月23日 127,500株 171円
2018年1月28日~2026年1月26日 128,250株 374円
2020年3月21日~2028年3月19日 21,000株 341円


ストックオプション(新株予約権)は276,750株の全てが行使期限を迎えます。上場日が2020年3月25日のためです。


ツイッターでもIPO記事のチェックができます!

最新情報を手に入れたい方やレア情報、気になったことをツイートしています。IPO投資歴は13年と長くソーシャルレンディングも4年目突入!安定の利益でブログも14年目に突入。


ヴィス(5071)IPOの評価と申し込みスタンス

ヴィスIPOは悪くないと思います。目論見にも働き方改革と何度も出てくるため意識していると考えられます。大手企業やベンチャー企業の中でも資金が豊富な企業は取り入れている感じがします。


経費で落とせて従業員の士気が高まったり仕事がしやすい環境はメリットがあります。ただ相当な額の費用が発生すると考えられます。


ヴィス(5071)IPOの評価


少し気になるのは「筆頭株主のクレド」は社長である中村勇人氏の資産管理会社なんですよね。公開株式以外の株が流通する可能性が低いIPOなのは歓迎できますが、中村勇人氏関連で発行済株式総数の95.3%を所有しています。


それにVISビル事業計画は現在進行中なので不確実性が高いですよね。収益ができるような道筋が出来上がっているのかにも注目したいところです。


トレーダーズ・ウェブやフィスコの初値予想を見ながら最終的な判断を行いたいと思います。有料情報のことですね。両方合わせると相当な額なのでどちらか一つでよいと思います!


未上場企業の株主になれるチャンス到来です! 【IPOやM&Aで大きな利益期待もできる】
⇒ ユニコーン公式

ユニコーン投資


ユニコーンは前回大成功しているため続く企業に期待したいと思います。前回のように気に入れば投資を行いたいと思っています。株主優待もついてくるので実は美味しい投資なのかも?


リスクは高めですけどね。


オーナーズブックを使った投資を2年以上続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。不動産事業を行っているスペシャリスト集団が安定した利回りを提供します。

また貸付型案件は全て不動産担保設定ありとなるため安心できます。日本で初めて不動産特化型クラウドファンディングを行った企業としても有名です。

OwnersBook(オーナーズブック)評判とデメリット

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。最大利回りで100万円投資すると1年間に60,000円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は30万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!