ゼネテック(4492)と関通(9326)IPOの初値予想と幹事配分などを今回も自己評価していきたいと思います。地合いが最悪の中でも買われるIPOがあるそうなので期待しています!


まずはIPO市場で人気の組込みソフトウェア関係のゼネテックから考察してみたいと思います。JASDAQへの上場になり上場規模も小さいため10万円~20万円の利益が狙えるようです。


ゼネテックIPOの初値予想と幹事配分


項目株数データ
想定価格1,700円
仮条件1,600円~1,700円
公開価格3月10日
公募株数312,000株
売出株数129,300株
公開株数(合計)441,300株
オーバーアロットメント66,100株
幹事団みずほ証券(主幹事)
岡三証券
いちよし証券
SBI証券
マネックス証券 ←完全平等抽選
委託見込岡三オンライン証券 ←取扱い決定


ゼネテックは事前評価が高く公開価格割れはないと考えています。ここから日経平均がまた下げるようなことがあれば問題ですが中国では明るいニュースが出てきているようなので新型肺炎の折り返しとなる期待があります。中国以外の国はこれから問題が発生しますが日本も落ち着くことを願うばかりです。


製造は中国関係で止まる企業も出てきているようですが、同社にはあまり影響がなさそうです。ベンチャーキャピタル出資はなく基本的に人気化しやすい事業なので期待できそうです。


売上の多くはシステム受託開発事業になり売上の72.3%を占めています。輸入販売や導入・技術支援、サポートなどを行うエンジニアリングソリューション事業は27%、その他の「スマートフォン用防災アプリの災害時位置情報自動通知システム」等で0.7%となります。


パナソニック系の売上げが多く安定ある売上を上げています。利益面は弱いですが需給は強烈な買いが予想されます。


もっと詳しく知りたい
ゼネテックの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
ゼネテックIPO上場承認と初値予想!パナソニック系組込みソフトウェアで初値2倍が見える


初値予想3,000円~4,000円!


幹事名配分単位引受割合
みずほ証券(主幹事)410,500株93.02%
岡三証券13,200株2.99%
いちよし証券8,800株1.99%
SBI証券4,400株1.00%
マネックス証券4,400株1.00%


基本的にPERが高めな業種になります。初値が高く付いてもそこから一段高になることも多いと思います。今回はどうでしょうね。記憶をたどれば過去にエクスモーション(4394)やイーソル(4420)などがIPOに当選したことを思い出します。もちろん爆益でした!


資金が集中するため出来高も多くなり賑わうのが一般的かと考えています。上場後しばらくして適正価格に戻るようですがセカンダリーに資金が入るため面白い値動きをします。


業績を調べると2020年3月の連結業績予想で売上48.4億円となり前期比8%増、経常利益3億円で前期比7.3%増になります。派手さはありませんがしっかりした印象を受けます。


四半期利益(純利益)は1.9億円を計上し前期比較で6.1%増になるようです。また個人的に期待していた配当は3.5円しか出ないようです。もう少し期待しましたが配当利回り0.2%しかありません。PERは13.47倍、PBR1.90倍になります。


SBI証券主幹事が3月は3社もあるためSBIネオモバイル証券でIPOの申し込みが出来ると思われます!単元未満株のIPO抽選になるため多くの方に当選期待ができます。詳細は下記記事にまとめたのでよかったら参考にしてください。




関通IPOの初値予想と幹事配分を調べた結果

関通(9326)IPOは仮条件を少し引き上げてきました。株単価が低くこちらも初値利益が通常であれば狙えるIPOだと考えられます。


また新型肺炎による影響が同社にはプラス材料になるかもしれません。中国ではEコマースを使った注文が多くなり日本でも同じようなことが起きるかもしれません。


関通の事業はEコマース配送センター業務の代行です。ECサイトや通信販売物流を支援するサービスなので売上増の期待ができそうです。


関通IPOの初値予想と幹事配分


項目株数データ
想定価格470円
仮条件470円~490円
公開価格3月10日
公募株数600,000株
売出株数250,000株
公開株数(合計)850,000株
想定ベースの時価総額約13.5億円
幹事団みずほ証券(主幹事)
SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
マネックス証券 ←完全平等抽選
岡三証券
極東証券
岩井コスモ証券
むさし証券 ←前受け金不要
委託見込岡三オンライン証券


インターネット注文は拡大するばかりです。ネットで注文すれば割安で買えますしポイントなども店頭で購入するよりも多くもらえたりします。既に世の中になくてはならないサービスだと思います。


また最近話題になっている楽天の事業を受託しているため少し気になる部分があります。同社は楽天スーパーロジスティクス業務を受託し、資本面でも提携しています。楽天市場の出店者向けサービスになるため動向が気になります。


業績は拡大傾向にあり株単価も低く吸収金額も低いため、かなり魅力的なIPOだと思います。


仮条件上限の490円で公開価格が決定した場合の吸収額は約4.8億円です。地合いが少々悪くてもこの規模であれば期待ができると思います!


もっと詳しく知りたい
関通の詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
関通IPO上場承認と初値予想!初値2倍は確定?楽天出資で波にのる企業だ


初値予想800円~1,500円!


幹事名配分単位引受割合
みずほ証券(主幹事)765,000株90.00%
SBI証券17,000株2.00%
SMBC日興証券17,000株2.00%
エース証券8,500株1.00%
マネックス証券8,500株1.00%
岡三証券8,500株1.00%
極東証券8,500株1.00%
岩井コスモ証券8,500株1.00%
むさし証券8,500株1.00%


IPOではEコマースを取り入れている企業に資金流入が起こります。同社は専業なので期待できると考えています。ただネーミングがちょっと堅いためそのあたりはデメリットです。東証2部かのような企業名なのは残念です。


業績確認をしてみると2020年2月の単独業績予想は売上73.9億円で前期比14.3%増、経常利益2.1億円で前期比103.9%増を見込んでいます。決算が2月なのでほぼ確定だと思われます!


四半期利益(純利益)は1.3億円で前期から71.8%増のため絶好調のようです。またPERは8.3倍と低くPBR1.88倍です。これは初値2倍コース確定ではないか?と考えています。


結局、地合いに左右されると思いますが今回ご紹介した2銘柄は公開価格を超える可能性のほうが高いと思います。


プロパティエージェントがついにクラウドファンディングを行います!上場企業だと透明性があり安心感が違いますよね。


東証1部上場のプロパティエージェントがクラファンに参入! 【日本初の不動産ポイント投資】
PA Funding(PAファンディング)


Rimple(リンプル)というサイトでファンドを組成しています。永久不滅ポイントや株主優待ポイントを使った投資が出来るため他社にないサービスを展開している特徴があります。


詳細は下記記事でまとめたので参考になると思います!しっかりデメリットも書いています。記事をSNSで配信したら公式サイトからフォローされちゃいました。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!