インティメート・マージャーIPOは爆上げ期待の銘柄になるため絶対に申し込みを行っておきましょう!管理人の私も積極的に申し込みを行いたいと考えています。


もしかすると久しぶりに1撃50万円以上の利益が出る可能性があります。妄想でも構わないのでこのようなIPOが出てくると公募組はワクワクしますよね。


kimukimu

さらにセカンダリーは1単位で株価100万円越えになるようなIPO期待も?


インティメート・マージャー初値予想と幹事配分


項目株数データ
想定価格2,320円
仮条件1,700円~1,900円
公開価格10月11日
公募株数260,000株
売出株数0株
公開株数(合計)260,000株
オーバーアロットメント39,000株
上場時発行済み株数2,660,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約61.7億円


もうこれは申し込むしかありません。株数は少ないですけれど公開株数とオーバーアロットメントを合わせると30万株弱あるためメッチャ運が良ければ当選できるでしょう!


抽選確率はもちろん1%以下です。このような展開は久しぶりですが、パワーソリューションズ(4450)の展開によってはまさかの事態も?初値が付いた後は横ばいなので急降下はなさそうですね。


ガンガン上昇してIPOを盛り上げて頂きたいと思います!


吸収金額は7億円弱でDMP関連の事業なので爆上げ期待は十分にあります。フリークアウト・ホールディングス(6094)の連結子会社となっていることは気がかりですが、親子上場関係はあまり意識されていないようです。


もっと詳しく知りたい

インティメート・マージャーの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。

インティメート・マージャーIPO上場承認と初値予想!完璧なIPOで利益を得る



戦略的には全力申し込みしかありませんけどね。

なんだかすごい数字なんですけどその通りになるかな?ワクワクですね。仮条件が大幅に引き下げられているため数値の修正もあると思いますが大きな利益となりそうです。


初値予想7,000円~10,000円!


幹事配分予定は下記のようになっています。


幹事名配分単位(株)引受割合(%)
みずほ証券(主幹事)
234,00090.00
SMBC日興証券7,8003.00
SBI証券2,6001.00
マネックス証券2,6001.00
いちよし証券2,6001.00
岩井コスモ証券2,6001.00
岡三証券2,6001.00
香川証券2,6001.00
極東証券2,6001.00
岡三オンライン証券委託取扱い決定
DMM.com証券(DMM株)抽選参加受付あり
ライブスター証券委託取扱い決定
むさし証券委託取扱い未定


確認をする限りみずほ証券からの申し込みしか当選しなさそうですね。でも宝くじよりもだいぶ当選しやすいはずなので申し込み続けるしかありません。


今回も当選者出てくるんでしょうね。それが自分でありたいと皆さんも考えていることでしょう。


2019年9月の単体業績予想は売上21.4億円で前期比30%増、経常利益1.3億円で前期比59.5%増の大幅な増収増益を見込みようです。時期的にほぼ確定だと思われるため初値期待も膨らみます。



PERを仮条件上限の1,900円で計算してみると約50倍になります。高めの設定となっていますが成長性から考えると驚くような数値ではなさそうです。


上場によって得た資金は商品開発のために人員を増強したり営業人員の増強となっています。既にシステム面では優位性があるようです。小規模改修などはあるそうです。


ロックアップは90日間になりロックアップ解除倍率が1.5倍となっています。


ベンチャーキャピタル出資がありベンチャーキャピタルには基本的にロックアップが掛かっています。VC保有では42,900株がロック対象外のようです。初値にぶつけてくる可能性は十分あると思います。


【IM-DMPって何?】

当社が提供するIM-DMPは、インターネット利用者(ユーザー)の属性データベースとして、PC、スマートフォン、タブレット等で利用されるWebブラウザ(注3)から得られる情報によって構築されております。1つのWebブラウザに1つのID(IM-ID)を割り当て、Webブラウザを最小構成単位としてインターネット利用者に関するデータベースを構築しています。

IM-IDにデモグラフィックデータ(性別、年齢、職業等)、ジオグラフィックデータ(居住地域等)、サイコグラフィックデータ(趣味、嗜好、興味、関心事項等)等の属性情報を集積することで、Webブラウザをベースとした各ユーザーの特徴(実相)を、より鮮明なものにしております。なお、当社が保有する属性情報に個人情報は含まれておりません。



DMP(Data Management Platform)とはネットでアクセスしてきた方の情報などを蓄積してデータを管理し、それをビジネスに生かしていると思えば簡単です。DMPの活用方法は色々とあるためその世界にいないとわかりにくいと思います。


このわかりにくさがIPOでも買われる一つの要因だと思います。従来のマーケティング方法では考えられないような事が起きていますからね。


導入企業も増えていますが競合も多く生き残るのは最終的にどこなの?と思う時もあります。また技術革新が起きた場合対応できない企業は顧客離れを起こしそうです。


インティメート・マージャーIPOを考えた場合にはフリークアウト・ホールディングスとの関係性もあり生き残るのでは?と勝手に考えています。親会社の収益合が落ちた場合に売却の可能性もありますが・・・


IPO投資をされている方はあまり株価を追いかけることはないと思うので気にする必要はなさそうですね。


パワーソリューションズとレオクランに初値が付く!結果はどうなったの?

インティメート・マージャーには追い風となりそうな雰囲気になってきました。パワーソリューションは即金規制がかかっていたにも関わらず株価がしっかりした価格帯にあります。明日以降の売買に期待が出来そうです。


そしてレオクランは初値後12分でストップ高となっています!


レオクランIPO初値後にストップ高になる



もっと詳しく知りたい

レオクランの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。

レオクランIPO上場承認と初値予想!ネガサIPOで利益10万超え?



上場1日目は信用買いが出来ますけが、上場2日目まで初値が持ち越しとなる場合は信用買いができません。パワーソリューションは信用買いできず買い付け代金の即日徴収となっていました。


パワーソリューションズ初値結果は5,110円になり、公開価格2,000円を大きく超え2.56倍の騰落率を付けました!1単元で31.1万円の利益は大きいですよね。


レオクランは東証2部だったこともあり初値結果は2,920円でした。こちらは公開価格2,700円を8.1%上回る騰落率となっています。


良い流れになってきているので年末に向けてIPO投資が活況を迎えることを願います。6月~9月まで勢いがあまり感じられなかったため年末相場に期待したいと思います。


それとAI CROSS(エーアイクロス)のSBI証券IPOチャレンジボーダーラインは350P前後だったようです。でもネットでは340Pで当選していた人もいたようなので何で?と疑問です。何か起きつつあるのか?


SBIグループは水面下で動いていることがあるのではないか?と感じているのでよい方向で事が起きれば嬉しく思います。ソシャレンでも何かやらかしてきそうな気がするんですけどね。1万円から資産運用できるためIPOに当選できなくて資金の行き場がない方にもお勧めです。


知名度抜群のソーシャルレンディング企業で1万円から投資可能! 【毎月分配金を採用】
⇒ SBIソーシャルレンディング公式

SBIソーシャルレンディング

※SBIソーシャルレンディングの評判と実績を徹底的に調べました

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額50万円強でソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!