オカムラ食品工業(2938)IPOの初値予想と幹事割当数などを評価したいと思います。業績の割に上場規模が小さく初値利益が狙えそうです。


創業者一族が関わるIPOになりスタンダード市場への上場になるため初値高騰は難しそうです。株価設定は妥当だと考えています。


オカムラ食品工業(2938)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,680円
仮条件9月07日
公開価格9月15日
公募株数1,050,000株
売出株数0株
公開株数(合計)1,050,000株
オーバーアロットメント157,500株
幹事団野村證券(主幹事)
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
楽天証券
委託見込大和コネクト証券
DMM.com証券


同社はサーモンの養殖や水産品の加工販売を行う企業になります。収益的には加工事業が大きな売上を占めています。


2022年6月期の連結売上は養殖事業15.39%、国内加工事業34.84%、海外加工事業29.07%、海外卸売事業20.70%となっています。海外売上比率は49.77%になるようです。


また、水産品の加工販売ということで中国への販売を調べると目論見に中国の文字はありませんでした。アジア圏という言葉はあります。


現時点で諸外国の輸入規制などの影響はなさそうです。オカムラ食品工業は青森本社の企業です。


想定発行価格1,680円による上場規模は約20.3億円、時価総額は約130.8億円になります。直近の四半期利益が22億円~23億円となっているため上場規模に不安はありません。今期は減益予想です。


また公募株による上場のため、岡村一族による換金売りというイメージはありません。


ここ5年間で売上が7.4倍になっていると観測されており、日本食ブームに乗る形で業績拡大が続いているようです。海外売上比率ではシンガポールが最大になるようです。


オカムラ食品工業(2938)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。現時点では利益が見込める予想が出ています。


個人的にも株式市場の急落がなければ利益が見込めると考えています。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,800円~2,300円
※注目度B


利益が見込めそうなIPOが少ないため大事にしたいところです。


公開株数はOAを含め1,207,500株のため運が良ければ当選できそうです。しばらくIPOから離れる投資家もいると思うのでいつもよりは当選確率が高そうです。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

「IPO承認」オカムラ食品工業(2938)の上場データと初値予想を考察!


オカムラ食品工業(2938)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は野村證券が単独で務めます。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)966,000株92.00%
大和証券21,000株2.00%
みずほ証券21,000株2.00%
SMBC日興証券21,000株2.00%
SBI証券10,500株1.00%
楽天証券10,500株1.00%


野村證券からの申込みは忘れないようにしておきましょう。


類似企業だと極洋(1301)やニッスイ(1332)、マルハニチロ(1333)などが有名だと思います。


同社の上場後は株主優待設定の期待もできそうなので、初値売却しない投資家も一定数いるかもしれません。配当金は34円の予想となっています。


上場目的がはっきりしませんが、そのうち売出しなどを行ってくる可能性はありそうです。


朗報です。マイメイトのタイアップが延長されました。ファンド機能の登場で0.1LOTから売買できるようになっています。


私はとりあえず10万円入金を行い2ファンドを運用してみました。本来は30万円推奨で5ファンドくらいで運用したほうが良いそうです。管理が面倒なので2ファンドでよくない?と自己判断で頑張ってます。


1週間くらい経過し3%くらい利益が出ています。このまま放置作戦です!


現在タイアップでポイントが貰えるため興味があれば下記記事でご確認をお願いします。公式サイトにタイアップ表記はありません。




オカムラ食品工業(2938)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


一定の人気が見込めるようなので抽選申込みを行いたいと思います。ファンド案件よりも気楽に参加できそうです!


オカムラ食品工業(2938)IPOの業績予想
※オカムラ食品工業公式サイト引用


業績を確認すると2024年6月期の連結予想を確認することができました。それによれば売上325.98億円となり前期289.39億円から12.64%増、経常利益17.75億円となり前期35.44億円から49.92%減となります。


四半期利益は12.34億円となり前期23.89億円から48.35%減を予想しています。


kimukimu

ここ数年はコロナ禍やウクライナ侵攻などで需要と供給の一時的なアンバランスによりサーモン価格や魚卵価格が高騰し、在庫を有する企業は高い利益率を得られたそうです。

今後短期的にその反動が生じると見込まれ、魚卵価格やサーモン価格は調整に入り、これまでの高い利益率も一旦落ち着くとされ減益に転じる予想となっているみたいですね。



想定発行価格1,680円による指標はEPS163.78からPER10.26倍、BPS1,646.80からPBR1.02倍となります。


配当金は34円予想なので配当利回り2.02%になります。株主優待の設定は現時点でありません。減益予想となっていますが上場規模が大きくないためしっかりした初値が付くと考えられています。


個人的には全力で抽選に参加する予定です!


COZUCHIのタイアップが再開されました。先月で終了すると思いましたが更新されています。口座開設ベースでAmazonギフト券1,000円分が貰えます。


不動産投資型クラファンでは大手企業になるため気になっている方はご利用いただけたらと思います。公式サイトにタイアップ表記がないため下記記事を確認された後にお申込みいただければと思います。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。