インフォメティスのIPOが上場中止となりました。地合いが本格的に回復しないためファンド出口案件はしばらく人気が見込めないと思います。


大手情報でも上場延期の可能性が高いのではないか?との指摘が上場承認段階で出ていました。公募組も多くの方がスルーする予定だと聞いていた案件です。


インフォメティスIPO上場中止(延期)
※インフォメティス公式サイト引用


AnyMind Group(エニーマインドグループ)と同じでみずほ証券が主幹事を引受けるため心配されていました。


案の定、同じ流れになっています。上場規模は想定発行価格1,150円算出で約49.4億円でした。


海外勢からの資金流入が現在は期待できないと言われているため、赤字グロース株に積極的に投資を行う機関投資家不在だと厳しいでしょう。


個人的にも上場タイミングが早いと感じるIPOだったため上場中止(延期)は仕方がないと思います。2022年は8社目の上場中止になります。


2021年は小粒上場が多くVC案件も12月まで少なかったように思います。そのため同社のようなVC出資が多いIPOは上場タイミングを見計らっていたと考えられます。


しかしウクライナ問題が勃発し、VC売出し色が強いIPOは軒並み上場中止となっています。この状況だとしばらくファンド出口案件は人気が見込めないと思います。


また、同社の上場承認記事とプレ初値予想記事は別記事でまとめています。

インフォメティスの上場データと初値予想を考察
プレ初値予想!インフォメティス(5030)IPOの評価が低く心配になる


インフォメティスが上場中止になった理由は何だったのか?

インフォメティスの公式サイトで上場中止(延期)の理由を確認してみました。


個人的にはしばらくVC案件は厳しいと考えています。セカンダリー組も慎重になっていると感じます。また、これまで積極的だった海外勢の資金が期待できないのであれば上場自体が危ぶまれます。


【インフォメティス公式サイト抜粋】

インフォメティス株式会社は、2022年3月18日開催の当社取締役会において、当社普通株式の東京証券取引所グロース市場への上場に伴う募集株式発行並びに株式売出しに関し決議いたしましたが、昨今のウクライナ情勢や株式市場の動向等諸般の事情を総合的に勘案し、2022年4月6日開催の当社取締役会において、当該募集株式発行並びに株式売出しの中止と、それに伴う上場申請の取下げを決議いたしましたので、お知らせ申し上げます。

なお、今後の上場手続きの再開につきましては、株式市場の動向等を見極めたうえで、総合的に判断する予定です。



公式サイトを確認すると上記のように「ウクライナ情勢や株式市場の動向等諸般の事情」と書かれています。


上場承認時点で厳しい印象を持っていたため上場中止は仕方がないと思います。ウクライナ問題が早期解決となっていても厳しかったと個人的に思います。


再承認が行われても赤字グロース株のファンド案件は厳しいと感じます。


同社は大手企業が関わる有名企業だと思いますが、投資家もリスクを取るなら軽量かつ成長期待が感じられる銘柄を選択しているため、しばらく同社のような企業に資金は流れないと思います。


新型コロナウイルス感染症が確認され市場が暴落した環境と似ている気がします。


再承認されるような市場環境まで持ち直すと嬉しいと思いますが、もうしばらく時間がかかると思います。世界中でインフレ懸念もあり、投資家がますますシビアになる可能性も否定できません。


ESG投資に興味がある方はTHEO+docomoに投資を行ってみては如何でしょうか?円安も利益に貢献しています。


下記にTHEOグリーンへ投資を始めたことをまとめています。現在は含み益が増大している状況です。興味本位で投資してみましたが利益が拡大しています!ドコモユーザーは特にお勧めですね。

クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。