エクサウィザーズ(4259)のIPOがマザーズに新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。巨額な上場規模かつ赤字企業なので個人投資家には人気がなさそうです。


主幹事はSMBC日興証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同で務め、海外販売も行われます。


公開株数29,607,200株、オーバーアロットメント2,800,000株です。上場規模は想定発行価格1,050円から計算すると約340.3億円になります。普通にこれ大丈夫なの?と思っています。


エクサウィザーズ(4259)IPOが上場承認
※エクサウィザーズ公式サイト引用


大企業との提携や協働が多いとされているため実力ある企業だと思いますが不安です。


顧客のDXやAI導入を推進し、そこで得られた技術や知見をもとに自社でAIを用いたサービスを開発している企業です。


大手だからできることだと思いますが、顧客企業との契約期間が長期化することが多いようです。


上場時点で同社グループでは4四半期以上の継続契約企業顧客からの売上が2021年3月期で50%水準となっています。今後もこの比率の上昇に努めるそうです。


大手の提携って凄いですよね。実績が出ているからこそなのかもしれませんが、AIプラットフォーム導入は儲かるのか?と感じます。


同社サービスの「exaBase コミュニティ」は合計で300社以上あり、国内の時価総額上位10社のうち80%となっています。IPOで利益が見込めるのか難題です。


エクサウィザーズ(4259)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日12月23日
市場マザーズ
業種情報・通信業
事業内容AIを利活用したサービス開発による産業革新と社会課題の解決
ブックビルディング12月08日~12月14日
想定価格1,050円
仮条件12月07日
公開価格12月15日
初値結果
企業情報https://exawizards.com/
監査人EY新日本有限責任監査法人
手取金の使途
  • 事業拡大のための採用費及び人件費
  • プロダクト開発のためのソフトウエア開発投資
  • exaBase強化のための研究開発費
  • 広告宣伝・販売促進等のマーケティング投資
  • 売上拡大に伴う運転資金
  • 借入金の返済資金


項目株数データ
公募株数4,000,000株
売出株数25,607,200株
公開株数(合計)29,607,200株
オーバーアロットメント2,800,000株
上場時発行済み株数79,308,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約832.7億円
幹事団SMBC日興証券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)
大和証券
みずほ証券
SBI証券
楽天証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


エクサウィザーズ(4259)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格1,050円を基に吸収金額を算出すると約310.9億円となり、オーバーアロットメントを含めると約340.3億円規模の上場となります。巨額な吸収なので懸念されます。


同社グループは、エクサウィザーズと事業開発や研究拠点機能を担う子会社5社で構成されています。


独自開発のAIアルゴリズムと、様々な業界や業務に関する知見を組み合わせたAIサービスを顧客及び事業提携先に開発・提供しています。


具体的には、個別企業を顧客としそのデジタル・AI化を推進し産業・社会革新を図るAIプラットフォーム事業と、広範な顧客向けに、業務プロセスに簡易に導入・活用可能なAIソフトウエアを提供するAIプロダクト事業を行っています。


独自開発のAIアルゴリズムと様々な業界や業務に関する知見やデータを「exaBase」に蓄積することで、サービスの効率化及び高付加価値化を実現しているそうです。


エクサウィザーズ(4259)の業績
※有価証券届出書引用


同社のようなAI系の企業は目論見を見るだけで嫌気がさすほど難しいですよね。なので記事更新を後回しにしました。


AIプラットフォーム「exaBase」に蓄積されたデータ基盤を用いたコンサルティングやアルゴリズム・ソフトウエア開発を通じて、顧客企業のデジタル・AI戦略やDX等の推進体制の立案・実行及び投資効果の最大化を支援しています。


昨今、デジタル化やDXなど複合的なサービスを行う企業が増えています。同社の場合は前期で6億円弱の赤字となっています。


エクサウィザーズIPOのKPIハイライト
※有価証券届出書引用


AIプラットフォーム事業は主に大企業に対してサービスを提供し、銀行や証券、保険、製薬、製造、通信・インフラ、不動産等に対して190社を超える企業にサービスを提供しています。


それぞれの企業が抱える業界固有の課題等の解決に向け、コンサルティングやAIアルゴリズム開発、サービス設計、顧客業務プロセスへの実装までの一連のソリューションを提供しています。


大企業の「あるある」状態ですね。


エクサウィザーズIPOの販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


AIプロダクト事業では、多くの企業に共通した業務課題に向けて、顧客の業務プロセスに簡易に導入・活用可能なAIソフトウエア群を提供しています。


顧客は自社で新規にAIアルゴリズムを設計・開発することなく、完成度の高いAIを業務において活用することが可能となっています。


エクサウィザーズ(4259)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2016年2月08日、東京都港区東新橋一丁目9番2号に本社を構えます。社長は石山洸氏(1982年2月03日生まれ)、株式保有率は4.83%(4,184,000株)です。


従業員数233人で臨時雇用者27人、平均年齢35.4歳、平均勤続年数2.0年、平均年間給与8,145,000円です。連結従業員数は310人で臨時雇用者は27人です。


連結のセグメント別従業員数はAIプラットフォーム事業130人(臨時9人)、AIプロダクト事業49人(臨時5人)、全社共通131人(臨時13人)となります。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
春田 真9,212,000株10.64%
古屋 俊和8,750,000株10.11%
株式会社ベータカタリスト8,685,000株10.03%
株式会社INCJ6,891,400株7.96%
アイエスジーエス1号投資事業有限責任組合6,793,000株7.85%
D4V1号投資事業有限責任組合4,966,500株5.74%
坂根 裕4,720,000株5.45%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日間(2022年6月20日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載はありません。


またベンチャーキャピタル等に対して90日間(2022年3月22日まで)のロックアップ、またロックアップ解除倍率が売出価格(発行価格)の1.5倍となっています。


エクサウィザーズ(4259)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興証券(共同主幹事)-株-%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)-株-%
大和証券-株-%
みずほ証券-株-%
SBI証券-株-%
楽天証券-株-%


このIPOは個人レベルではどうなるのか見当がつきません。上場ラッシュとなっている環境も良くありません。


そのため機関投資家の動向や大手有料情報を確認して参加スタンスを決めたいと思います。それまで考えないことにします。初値予想などはこの記事に追記するので随時確認をお願い致します。


当選狙いだとSMBC日興証券だと思いますが、さっぱりわかりません。参考までに資金不要でIPO抽選に参加できる企業をまとめてみました。




また、現在もLINE FXのキャンペーンが継続中となっています。1回取引で5,000円貰えるためお得です。私は過去に参加しています。


奥さんに勧めたら面倒なのスルーすると言ったままです。LINE証券の口座は開設しているけどFX口座は乗り気ではありませんでした。お嬢なので面倒なことが嫌いみたいです。


キャンペーン内容を下記記事にまとめてみました!!




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2018年6月01日~2026年4月30日300,000株1円
2018年8月01日~2026年6月30日1,700,000株17円
2019年1月01日~2026年11月30日50,000株17円
2019年12月20日~2027年11月19日2,320,000株22円
2020年2月14日~2028年1月13日110,000株22円
※新株予約権は第22回まであるため詳細を省略しています


2021年9月末確認の発行済株式総数に対する新株予約権(ストックオプション)の割合は約15.0%となっています。


エクサウィザーズ(4259)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

エクサウィザーズのIPOは不参加の可能性が高いと思います。何処に魅力があるのかわかりません。


IPO的に人気化するキーワードは入っていますが、高いAI技術力やビジネス適用力が伝わってきません。


エクサウィザーズ(4259)IPOの評価
※エクサウィザーズ公式サイト引用


少子化が今後も進むとされているためAIにより人口減少を補う役割もあるそうです。労働不足が顕著化しているため同社サービスも社会貢献につながるようです。


AIやソフトウエアの利活用が人手不足解消につながるとされいますが、まだまだ実労働社会だと個人的には思います。試算だけでは語れないものがある気がしています。


2019年3月期の企業顧客数は54社で、2021年3月期は90となったそうです。そして上場規模が想定で約340.3億円ですよね。


とりあえず保留です。と言うよりもIPOに参加しない方向で気持ちが動いています。個人投資家の売出株も多いため上場ゴール感が半端ないです。


FXTFさんともタイアップを行っています。しかしタイアップ特典よりも既存口座開設キャンペーンのほうが凄いのでタイアップはついでに頂いてください。


なぜなら口座開設で3,000円のプレゼントだからです。しかも2ペア取引で7,000円貰えます。単純に1万円の入金で1万円貰えるため超お得なキャンペーンなんです!


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。