ヒューマンクリエイションホールディングス(HCH)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


3月上場ラッシュが始まるため気合を入れてIPO抽選に参加しておきましょう。面倒くさがらずに最後までやり切れば当選できるかもしれません!


ヒューマンクリエイションホールディングス(HCH)IPOの初値予想


項目株数データ
想定価格2,020円
仮条件2月26日
公開価格3月08日
公募株数50,000株
売出株数1,569,400株
公開株数(合計)1,619,400株
オーバーアロットメント200,100株
幹事団SMBC日興証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
ひろぎん証券
SBI証券
マネックス証券
委託見込SBIネオトレード証券


同社は人材派遣事業を行い新味が感じられないと思いますが、ITエンジニアに絞ったサービスを行っています。システムの開発・保守など技術者派遣に特化しています。


システムインテグレーターやメーカーを経由した受託企業向けの社内システム構築を得意としているそうです。


設立は2016年10月となっていますが、沿革を確認すると1974年10月に株式会社バンキング・システムズの設立から商号変更や株式移転などを行っています。


今回の上場は株式会社BSHが1,569,400株を売出すことになっています。BSHを調べると「株式会社リサ・パートナーズの運営するリサ・コーポレート・ソリューション・ファンド3号投資事業有限責任組合が当社株式の保有を目的として設立した法人」となっています。


この事からもわかるようにファンド案件になります。BSHは上場において全株を売却予定となっているため印象はあまり良くありません。一方で販売先(親引け先)としてリサ・パートナーズへの販売を要請する予定となっています。


引受け株数は上限284,700株を上限に引き受けるそうです。またHCHグループ従業員持株会も取得金額101,000千円に相当する株式数を上限として親引けを行う可能性があるそうです。


朗報!SBI証券主幹事が2社発表されました。SBIネオモバイル証券の口座は準備ができていますか?SBI証券主幹事の場合に単元未満株のIPO抽選が行われます。


当選確率を上げる方法や注意点などがあるため下記記事にまとめてみました。よかったら参考にしてください!


 

ヒューマンクリエイションホールディングス(HCH)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想2,500円~3,500円
※注目度B


1単元の当選で5万円くらいは利益が見込めそうです。株数が多いため面倒でも申込んでおきましょう。


三菱UFJモルガン・スタンレーが幹事入りしているため、調べると既にauカブコム証券でも取扱いが発表されていました。資金的な余裕があれば抽選に参加しておきましょう。


後期型抽選を採用しているため2回申込みが必要になります。2回目の申込みを忘れる方が多いため気を付けてください。私もよく忘れます。


もっと詳しく知りたい
ヒューマンクリエイションHDの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】ヒューマンクリエイションホールディングス(7361)IPOの初値予想!

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。


ヒューマンクリエイションホールディングス(HCH)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSMBC日興証券になります。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興証券(主幹事)1,555,000株96.02%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券16,100株0.99%
ひろぎん証券16,100株0.99%
SBI証券16,100株0.99%
マネックス証券16,100株0.99%


引受株数を確認すると主幹事のSMBC日興証券からの申込みを優先的に行ったほうがよさそうです。公開株数の96.02%を引受けています。


さらにオーバーアロットメントが200,100株ありますからね。また平幹事も16,100株引受けていることで資金があれば申し込みを行っておきましょう。


私はひろぎん証券以外から全力で申込を行い100株当選を目指します。多くの方が同じスタイルで参加してくるはずです。店頭口座の方は当選のチャンスかもしれません!




マネックス証券は抜かりなく申し込みを徹底しておきましょう。店頭証券とは異なり幹事引受け数の100%を抽選に回しています。




ネットでの当選報告も多くなってきていますが、単にネット配分が多いためだからだと思います。2020年はマネックス証券で1枚当選したので今年も当選すれば嬉しいです!



ヒューマンクリエイションホールディングス(HCH)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

ヒューマンクリエイションホールディングスの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年9月の連結業績予想を確認できました。売上は50.83億円で前期45.65から11.3%増、経常利益5.03億円で前期3.03億円から66.0%増となります。


四半期利益は3.09億円で前期2.10億円から47.1%増を見込んでいます。また配当が48.98円出ることから想定発行価格2,020円の配当利回りが2.42%になります。


EPS165.24からPERは12.22倍、BPS543.49からPBRは3.72倍です。類似企業比較では低めの株価設定になるため上昇余地があると思います。特にITエンジニアに特化した人材派遣となっているため人気が見込めると思います。


直近だとBranding Engineer(7352)が類似企業になると思います。同社は初値だけ高くその後は右肩下がりの株価となっています。公募組は利益が出そうなので私も全力で獲得を目指してみたいと思います!


FOLIO ROBO PROをご存知だろうか?プロセスにAIを活用しているため正確な判断期待があります。一般的なロボアドと比較した場合の成績も絶好調となっています。


メリットとデメリットなどをまとめたのでよかったら下記記事を投資の参考にしてください。驚きの成績をたたき出しています!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!