GRCS(9250)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


野村證券主幹事でネガサ株、そして公開株数が少ないIT系の企業のため初値高騰パータンのIPOです。業績も急拡大となっており初値利益は大きいと考えられます!


GRCS(9250)IPOの評価


項目株数データ
想定価格3,270円
仮条件10月28日
公開価格11月09日
公募株数150,000株
売出株数176,000株
公開株数(合計)326,000株
オーバーアロットメント48,900株
幹事団野村證券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
あかつき証券
岩井コスモ証券
楽天証券
委託見込DMM.com証券


上場時の事業を確認するとセキュリティ領域での売上が大きくなっていますが、今後は全社的リスクや外部委託先、プライバシー保護等の領域を拡大していくようです。


事業はソリューション部門とプロダクト部門の2つにわかれ、2020年11月の売上構成比はソリューション部門95.0%、プロダクト部門5.0%になります。


プロダクト部門の売上はサブスクリプション(サブスク)となっていますが、割合は少ないようです。そのため黒字化していることが人気化する前提だと思います。


売上を確認すると2期前までは赤字でしたが、現在は黒字化し従業員数も数年前に比べてかなり多くなっています。


なお、繰越欠損金があり法人税が軽減され収益的にプラスにはたらいています。欠損金は今後も計上される可能性があります。


第14期(2018年11月期)は約1.6億円の赤字となっています。第15期(2019年11月期)も赤字を約7,000万円計上しています。人材がここ数年で大きく増えていることから上場後に期待したいと思います。


上場規模は想定発行価格ベースで約12.3億円、時価総額は42.8億円と軽量級のIPOになります!!


CAMPFIRE Ownersのキャンペーン参加されましたか?私は償還されたお金があったので再投資に回しました。これで今回もアマギフをGETできます。


日本保証の保証付きファンドだと投資リスクが下がると思います。口座開設で1,000円分、投資を行うとさらにアマギフが貰えます。10万円の投資で3,000円分は大きいと思います。




GRCS(9250)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想5,000円~6,500円
※注目度B


想定発行価格は3,270円なので初値予想は1.5倍以上を見込んでいるようです。予想値上限だと1.99倍なので約2倍です。


SBI証券のIPOチャレンジポイントを利用するとなれば600ポイント以上は必要になりそうです。65枚しかありませんからね。


このIPOに当選できれば大きな利益を得ることができそうです。申込忘れには気を付けましょう。IPO閑散期なので忘れる方が多いと思います。


もっと詳しく知りたい
GRCSの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】GRCS(9250)IPOの初値予想!人気事業で買い殺到か

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。投資仲間ができると意欲が出ると思います。



GRCS(9250)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は野村證券が単独で引受けます。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)293,600株90.06%
みずほ証券16,300株5.00%
SBI証券6,500株1.99%
あかつき証券3,200株0.98%
岩井コスモ証券3,200株0.98%
楽天証券3,200株0.98%


比較的ネット組も申込みやすい幹事構成となっています。しかし割当株数を確認すると主幹事の野村證券からの当選しか期待できそうにありません。流石に店頭組もこの規模だと配分は難しいと思います。


それでも抽選に参加できる証券会社から申込みを行っておきましょう。野村證券のIPOルールは下記記事でまとめています。


これからIPO投資をする方は口座を開設しておきましょう。一度も入金せずにIPO抽選に参加できます!




GRCS(9250)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年11月期の単独業績予想を確認することができました。それによれば売上17.42億円となり前期14.31億円から21.73%増、経常利益1.02億円となり前期0.22億円から363.64%増になります。


四半期利益は1.45億円となり前期0.46億円から215.22%増を見込みます。急激な業績拡大となり勢いがあるように思います。


想定発行価格3,270円による指標はEPS123.94からPER26.38倍、BPS604.50からPBR5.41倍になります。実効税率で算出したPERは約60倍になるようです。


またベンチャーキャピタル保有株は347,000株となっており、発行価格1.5倍以上で売却が可能になります。上場時に行使できる新株予約権(ストックオプション)はありません。


個人投資家に人気がある業態のため株価が乱高下する可能性があります。新型コロナウイルス感染症による事業推進上の大きな影響はないと目論見にもあるため、来期も好調な業績が期待できそうです。


昨今はサイバー攻撃による不正アクセスやマルウェア感染による情報漏洩が多発しているため注目される銘柄だと思います。公募組はIPOに当選すれば爆益だと思います。


COZUCHIの利回りについて調べてみました。そして実際に投資を開始しています!


キャピタルゲイン狙いのファンドはかなり人気なので抽選となることが多いようです。IPOと同じで募集期間中に抽選に参加すればよいため楽に投資申込みができます。


利回り10%超えとなることもあります。



クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。