GMOフィナンシャルゲート(4051)とアイキューブドシステムズ(4495)は上場1日目に初値がつきませんでした。しかし即金規制などが上場2日目に発生するため買板が減る可能性があります。売り気配から始まることも考えられているようです。


また上場2日目の気配運用も調べてのでご紹介したいと思います。まずはGMOフィナンシャルゲートから調べてみました。


GMOフィナンシャルゲート上場2日目の初値予想
※GMOフィナンシャルゲート公式サイト引用


項 目気配運用の内容
板中心値段5,850円(公募・売出価格)
上限値段13,460円(更新値幅300円、更新時間10分)
下限値段4,390円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲1,463円以上、23,400円以下


上場1日目の終値が5,850円だったため明日は10分で300円(3万円)も株価が上昇します。上場1日目はベンチャーキャピタルが売却していない観測が出ているようです。


大引けを確認すると売気配株数190,400株、買気配株数386,300株となっています。いつものパターンだと明日は売り気配で始まってもおかしくないと思います。大手企業もそのようになる可能性があると伝えているようです。


VCが売り渋ったことで即金規制に入り信用買いの期待ができない状況になります。初値が付かなかったことが良いのかは明日はっきりとわかるでしょう。たまに今回のような状況でも買い気配から始まることもあるため公募組は落ち込まなくてよいと思います。


大和証券によれば2021年9月期の業績は営業利益が40%増の4.7億円となるそうです。業績の心配はなさそうですね。業績などは下記記事でまとめています。上場2日目の初値予想は5,950円継続のようです。
GMOフィナンシャルゲートIPO上場承認と初値予想


アイキューブドシステムズ(4495)の上場2日目の初値は買い上がるの?

アイキューブドシステムズ上場1日目の大引けの状況を確認すると売気配株数96,400株、買気配株数285,100株になります。倍率的には2.96倍の買い優勢です。


このパターンは明日も株価が上昇する可能性が高いと思います。GMOフィナンシャルゲート同様にベンチャーキャピタルが売却しなかったため株価が上昇したと考えられています。VCの売渋り状態により公募組も儲かる感じですね。


アイキューブドシステムズ(4495)上場1日目の気配
※SBI証券公式引用


株価が高いためどうなるのかわかりませんがVCは4,680円以上であれば売却可能です。明日の出来高と値動きに注目したいと思います。


野村證券から2020年6月期の業績予想が出ていました。それによると2021年6月期は営業利益が12%増になるそうです。また2022年は85%増になるらしく本当なの?と少し疑っています。


業績予想の通りになればこのまま株価が10,000円を超えてもおかしくないのかも?と期待感はあります。初値予想は7,280円以上となっているようです。


ただ増収増益だから言って株価が上昇すれば投資も簡単なわけです。VC売り逃げにより株価が何処で下げるのか見ものだと思います。業績などは下記記事でまとめています。
アイキューブドシステムズIPO上場承認と初値予想


KIYOラーニング(7353)の初値結果とその後の展開が酷すぎる

KIYOラーニングIPOの初値結果は5,360円でした。公開価格が2,300円だったため初値倍率は2.33倍です。


KIYOラーニングIPOの初値結果
※SBI証券公式引用


PTS取引では多少盛り返しているようですが、ベンチャーキャピタルの売りが大量に出たようです。GMOフィナンシャルゲートとアイキューブドシステムズとは異なりVCの早期売却で株価が一時ストップ安に張り付いたと考えても良さそうです。


ここからどのように盛り返すのか面白みもありますが、これまで赤字だった企業が黒字を維持できるのか心配しています。


売りが一巡してもここ数日間で値を戻さなければ下値を試すことも考えられると思います。コロナ特需による業績期待も考えられますが、ベンチャーキャピタルの売りを誰かが吸収しなければと考えています。


本日の出来高が1,802,400株なのでVC保有分はだいぶ改善できたかもしれません。PTSの動きも鈍そうなので明日はっきり動きがわかりそうです。


またLINE証券に今更ながら口座を開設しました!今回はキャンペーンで8,000円獲得できるとあり頑張ってみます。頑張るというよりもIPOが暇になるので取り組んでみたいと思いました。


詳しくは下記記事でまとめています。リアルで頑張ってみたいと思います!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!