GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が公募増資を発表しました。2018年7月に上場を行い初めてのPOになります。しかし最大で135億円の吸収を行うため株価が急落しています。


不動産総合プラットフォームのRenosy(リノシー)を運営する企業になり業績は拡大傾向にあります。2020年8月に経済産業省及び東京証券取引所から、「DX銘柄2020」35社の一社としてマザーズ市場上場銘柄として唯一選定されています。


期待ある企業だと思いますが少し不安な銘柄だと感じています!


GA technologies(3491)公募増資
※GA technologies公式サイト引用


株価が上昇しきったタイミングで公募増資(PO)を発表しています。ホルダーの方は嬉しい反面利益確定を行っているかもしれません。


中古投資用マンションの成約数が伸びているようで、営業利益も続伸中です。上場企業の不動産(住宅)カテゴリーでも上位に食い込む程成長している企業です。


1年前の株価は1,000円を切っていましたが2020年12月15日に3,995円を記録しています。記事作成時点の株価は2,744円になっています。公募増資発表で一時17,1%も下落しているため割安なのかもしれません。


岡三オンライン証券で3,500円が貰えるタイアップが始まりました。この機会をお見逃しなく!株式売買手数料が100万円まで無料なのは凄いです。



GA technologies(3491)公募増資(PO)の詳細を確認してみました

東証マザーズに上場する信用銘柄のため公募増資を専門にしている投資家には魅力が薄いと思います。また新興市場のため値動きも荒くなる傾向にあります。


不動産市場ではこれまで日銀のマイナス金利政策や政府の住宅取得支援拡充などを背景に、2019年の首都圏中古マンション成約件数が過去最高を更新していたそうです。2020年1月~2月では成約件数、成約平米単価ともに前年比で上昇したそうです。


しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響により、首都圏中古マンション成約件数が前年比で減少する状況となっているそうです。


そのような環境で同社は高級賃貸サービスサイトを運営するモダンスタンダードを完全子会社化し、不動産テック総合ブランド「RENOSY」と高級賃貸サイト「Modern Standard」を連携させることでサービス提供機会を拡大しています。


また、中華圏の投資家と日本の不動産情報を繋ぐ不動産プラットフォームである「神居秒算」を獲得するなど、M&Aなどを強化しているそうです。


項 目その内容
銘柄名GA technologies(3491)
上場市場東証マザーズ
主幹事(共同)
引受人
新株発行4,350,000株
売出0株
オーバーアロッメント652,500株
合計5,002,500株
希薄化17.0%
仮条件4.0%~6.0%


SBI証券が主幹事を引受け第三者割当(オーバーアロットメント)を引受けます。またIPOチャレンジポイントを貰えるため積極的に参加する方も多いと思います。


実は公募増資に参加してIPOチャレンジポイントが貰えるキャンペーンが延長されています。これってお金持ち優遇のサービスになりますよね。詳しくは下記記事でまとめています!




これから参加してもかなりのポイント獲得期待があります。ただしリスクもあるためよく考えて参加しておきましょう。


GA technologies(3491)公募増資(PO)の日程を詳しく調べてみました!

GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)の公募増資日程を調べてみました。


CREロジスティクスファンド投資法(3487)やコンフォリア・レジデンシャル投資法人(3282)と日程が被っているため、個人的にはあまり人気がないと考えています。


項 目その内容
価格決定日1月13日(水)~1月18日(月)
申込期日発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日1月19日(火)~1月22日(金)
※発行価格等決定日の4営業日後の日
受渡予定日払込期日の翌営業日
発行価格2,553円
※1月13日に発行価格が決定し割引率は4.02%になりました


1月13日に値決めとなる可能性が高いため様子を見守りたいと思います。


今回の調達資金の使途は以下のようになっています。各種ソフトウェアの機能拡充への投資、広告費や運転資金等に使われるようです。


GA technologies(3491)公募増資の資金使途
※GA technologies目論見引用


個人的には配当金や株主優待がないため魅力が薄い企業だと感じています。


比較会社はプロパティエージェント(3464)やカチタス(8919)などがあてはまりそうです。ツクルバ(2978)も事業内容は酷似していると思いますが業績が悪いんですよね。


GA technologies(3491)の公募増資に参加するスタンスは微妙?

GA technologiesの公募増資(PO)への参加意欲は個人的にありません。貸借銘柄ではありませんしね。


ただIPOチャレンジポイントは欲しいと考えています。少なく参加するのかスルーするのか迷い中です。公募増資発表後に大きく下落していますが、まだ下落する気がしています。


GA technologies(3491)株価推移
※SBI証券引用(1年チャート)


欧州及びアジアを中心とする海外市場にも販売が予定されています。


配当は中間配当及び期末配当の年2回を基本方針としているようですが、すぐには難しいでしょう。今回は株価が上昇したタイミングでの公募増資になるため市場から資金を集めたい感じが伝わってきます。


公募増資を行う前に株価が上昇することって多いですよね。その前にホルダーは利益確定していれば公募増資(PO)にも参加しやすいはずです。


そんなに投資が上手くいくはずもないため高値で掴んだ投資家は残念な気持ちでしょう。


スルーもしくは少ない株数で参加する可能性があります。SBI証券がキャンペーンを行っていなければ多分参加を考えていません。


IPO投資家の好材料!ワンタップバイが2021年2月01日にPayPay証券に商号を変更します。そしてみずほ証券主幹事案件のIPO取扱いが開始される予定となっています。


詳しくは下記記事でまとめいるので参考になると思います。IPO抽選ルールも記載しています!


クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。