CREロジスティクスファンド投資法人(3487)が公募増資を発表しました。詳しく内容をまとめたので参考になればと思います。最大で109.6億円規模の吸収を予定しています。


今回の公募増資で4回目になるようです。2018年2月に上場を行い約3年で4回目の公募増資を行い継続した成長を行っています。CREグループとの連携により今後も適正な価格で物件取得を推進していくそうです。


CREロジスティクスファンド投資法人(3487)公募増資
※CREロジスティクスファンド投資法人公式サイト引用


2021年に入り早くも公募増資(PO)が発表されました。同日にはGA technologies(3491)の公募増資もありますが信用銘柄なのでスルーする投資家が多いと思います。


そのためCREロジスティクスファンドについてまとめています。こちらは貸借銘柄名になるためかなり人気になると思います。株価もコロナ騒動で10万円を切りましたが、現在は戻しているため不安はありません。


物流施設主体型としての知名度は高いため利益見込みがあると思います。


新型コロナウイルス感染拡大後もキャッシュ・フローは安定しているそうです。上場以来、2020年11月末日現在まで稼働率が100.0%を維持しているそうです!



CREロジスティクスファンド投資法人(3487)公募増資(PO)の詳細を確認してみました

CREロジスティクスファンドは株式会社シーアールイーが100%株主となっているREITになり、資産運用会社はCREリートアドバイザーズ株式会社です。


まだ記憶に新しいREITになるためIPO投資家も覚えていると思います。決算期は6月と12月になり今回の公募増資では分配金は関係がありません。


項 目その内容
銘柄名CREロジスティクスファンド投資法人(3487)
上場市場東証REIT
主幹事SMBC日興証券
引受人
  • 野村證券
  • みずほ証券
  • 大和証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
公募口数73,000口
売出口数0口
オーバーアロッメント3,650口
合計76,650口
希薄化0%
仮条件2.5%~5.0%


R&I(格付投資情報センター)の格付けが付いていて「A-」となっていました。他の長期債務格付けはまだ付いていないようです。


今回の公募増資では3物件が取得予定となっています。


LTVの低減や平均残存年数や借入金融機関数などの変化が起きています。1口当たり分配金と1口当たりNAVの向上に資する外部成長を実現しているようです。数値的にはあまり変化がありませんが、確実に成長していると言えそうです。


CREロジスティクスファンド投資法人(3487)のLTVと分配金
※CREロジスティクスファンド投資法人公式サイト引用


CREグループとの連携や継続的な分配金成長を目指し、適正価格での物件取得を今後も行っていくそうです。


公式サイトの目論見ではESGへの取り組みなども書かれています。太陽光発電の自家消費や人感センサー、節水型衛生器具、壁面緑化、屋根散水設備、土壌汚染対策の設備なども行っているそうです。


ちなみにESGは環境(Environment)や社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字をとって付けられています。また環境や社会、ガバナンスに積極的に取り組むことを指しています。


CREロジスティクスファンド投資法人(3487)のPO日程と分配金を確認してみました

CREロジスティクスファンド投資法人の公募増資(PO)に参加される方は日程をチェックしておきましょう。価格決定日は2021年1月13日~18日になっています。


初日の13日に値決めが行われる可能性が高いと思います。13日は水曜日なので逆日歩に注意が必要だと思います!


項 目その内容
価格決定日1月13日(水)~1月18日(月)
申込期日発行価格等決定日の翌営業日から発行価格等決定日の2営業日後の日まで
払込期日2021年1月19日(火)~2021年1月22日(金)
※発行価格等決定日の4営業日後の日
受渡期日払込期日の翌営業日
発行価格146,835円
※1月13日に発行価格が決定し割引率は2.50%になりました
※注意喚起が2021年1月04日に発表されました


直近の分配金は下記のようになっています。利益超過分が減り1口当たりの利益分配金が増えているようです。


1口当たり純資産も増えているようですね。


CREロジスティクスファンド投資法人(3487)分配金の推移


JAPAN REITで予想分配金を調べると2020年12月31日の分配金が3,297円で2021年6月30日の分配金が3,205円になっていました。分配金の計算をしたい方は参考値になりそうです。


貸借銘柄のため日本証券金融株式会社(日証金)で逆日歩を確認してみると現在のところは発生していません。


REIT(リート)POの逆日歩は予想が難しいため、できれば一般信用でつないでおきたいところでしょう。個人的には楽しむ程度で参加しておきたいと思います。


年末年始で感が鈍っている可能性があるため積極的には参加しないと思います。SMBC日興証券に店頭口座もありませんからね。


朗報です!イークラウドのAmazonギフト券キャンペーンが延長されました。まだ口座開設していない方はチャンスかもしれません。詳しくは下記記事にまとめています。


それと類似企業のファンディーノでもタイアップでAmazonギフト券が貰えることになりました。よかったらご利用ください。業界最大手になります。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!