ファンズの抽選枠で20万円出資が確定しました。先着方式だと競争になりますが抽選枠だと当選を待つだけなので楽な投資です。今期は霞ヶ関キャピタル不動産コンサルティング事業ファンドに投資を行います。


上場企業が運営するファンド組成のため比較的ローリスクだと考えました。ファンズ(Funds)が組成するファンドは上場企業を中心として組成されることになっています。


霞ヶ関キャピタル不動産コンサルティング事業ファンド
※ファンズ公式サイト引用


しばらく前のインタビューでは未上場企業でも同社の審査基準をクリアーすればファンド組成が可能だと伺っています。


営業や審査・コンプライアンス体制に力を入れることで、面白みのあるファンド組成の期待もできるようです。同社の場合は利回り重視よりも、投資家の資産を安全に運用する体制となっているようです。


融資型クラウドファンディングというサービスを開始した直後は利回りが5%程度あったファンド組成も行われていましたが、現在は1.5%~3%程度になっているファンドが多いと感じます。


ファンズが考える方向性などは下記のインタビュー記事でまとめています。これから投資を行う方はもちろんですが、既に投資をされている投資家にも参考になると思います。



株主優待が付いているファンド組成も行われる場合があります。さらに「メルカリ サステナビリティファンド」という超人気ファンドも出てきました。


最大9,000円分のメルカリポイント還元が行われています。私は先着方式だったためスルーしましたが強烈な人気だったと伺っています。性格的には今回のように抽選方式がストレスが無くて助かると感じています。


霞ヶ関キャピタル不動産コンサルティング事業ファンドとはどんな金融商品?

東証マザーズに上場する霞ヶ関キャピタル(3498)が借り手となりファンド組成が行われます。投資家から集めたお金は「不動産コンサルティング事業の事業資金」に利用されるそうです。


詳しい内容は公式サイトを確認して頂きたいと思いますが、霞ヶ関キャピタルは物流施設やアパートメントホテルなどの不動産投資商品組成などを得意としています。もちろんその後の運用も行います。


霞ヶ関キャピタル(3498)
※霞ヶ関キャピタル公式サイト引用


ファンズ公式サイトでは、主に物流施設に注力をして不動産コンサルティング事業を展開していると書かれています。


物流施設を取り巻く外部環境は新型コロナウイルスの影響でにより、Eコマースの市場規模は大きく成長すると見込まれているそうです。また、BtoCのECの市場規模は2025年に2019年の1.4倍の27兆8000億円に拡大すると予測されているそうです。


霞ヶ関キャピタルが手掛ける物流施設開発の例や、財務体質や投資リスク等もわかりやすくファンド募集画面に書かれているため投資前に確認を行っておくと安心できます。


投資を行う前に気になるのは霞ヶ関キャピタルの財務状況だと思います。昨日発表された決算は赤字拡大となっているためあまりよいとは言えない気がします。抽選に参加した当初は資金を遊ばせておくよりも良いと考えたからです。


赤字でもそれほど現段階では気にしていません。ファンズではデフォルト案件などが出ていないためそのあたりの審査は完璧だと考えています。


ファンド募集内容を確認してみました

投資を行ったのは霞ヶ関キャピタル不動産コンサルティング事業ファンド#2になります。


ファンド条件は利回りが2.20%で運用期間が約11ヶ月です。分配金(配当金)は毎四半期となっています。


霞ヶ関キャピタルファンドの募集内容
※ファンズ公式サイト引用


今回の募集は抽選方式で1億円、先着方式で1億円の合計2億円となります。上場企業が借り手となるため信用や信頼の面で不安はありません。


赤字拡大となっても配当を出せる企業にまで成長していたため余力はあると思います。コロナによりしばらくは停滞するかもしれませんけどね。


ファンド償還となる11ヶ月後に倒産しているとは考えられませんからね。と言うことで楽観視しています。


抽選方式で当選するとどうなるのかご紹介します

抽選方式でファンド抽選に参加すると当落の案内がメールで送られてきます。


ファンズ抽選結果は当選


今回は20万円の出資を行い20万円全額が当選となりました。自分で申込んでおきながら思うのは利回りが3.5%くらいあれば嬉しかったと思っています。


昔みたいに5%利回りの期待は低そうです。何故なら、上記でも書きましたが投資家リスクを下げるためです。同社の考えは如何に投資家に安全で利回り期待ができる金融商品を提供できるか?に尽きるような気がします。


利回り重視であれば他社のリスクが高めの金融商品を取引したほうがよさそうです。安全重視でクラウドファンディングに投資を行いたい方は同社をお勧めします。


ファンド組成自体はこれから増やすと代表取締役の藤田雄一郎氏が仰っています。また同社のことを詳しく知りたい方は下記記事で内容をまとめているので参考になると思います。


少し記事が長いのでお時間があるときに読んでください!




同社が抽選方式を一番早く取り入れ、他社が真似してきたように思います。


しかし、抽選方式を取り入れるほど人気が見込めるファンド組成は他社では難しいようです。利回りが低くても組成されたファンドが常に満額になるほど人気がある企業ですからね。


そのおかげで私も資金を遊ばせる結果となっています。


ファンズ(Funds)取引実績


藤田雄一郎氏に2回目のインタビューを行ってから利回りが高いファンドは期待ができないと考え、それから利回り2%程度でも投資を行うようになりました。


私はファンズで安定に利回りを狙って、他社ではリスクを取りながら高利回り商品に投資を行うことに考えを改めました!


利回り5%前後のファンド組成があればよいと思いますが、これからは企業とコラボした優待やポイント系の還元が付いたファンドに期待したいと思います。



融資柄クラウドファンディングに投資を行うなら何処が良いの?

クラウドファンディングを行う企業が増えてきました。何処で資産を運用すればよいのか投資家もわかりにくくなっていると思います。


直近で私が投資を行うのはバンカーズです。キャンペーン中のため今回は30万円を投資してみたいと思います。先着順になりますが、投資家登録者がまだ少ないと思っているため先着順でも投資が可能だと思います。


バンカーズ投資成功
※30万円投資成功となりました


日本で初めて融資と商業手形を組合せた企業です。詳しくは下記記事でまとめています。融資型では初めてだと思われる「セイムボード出資」も行っていますからね。


私が投資を予定している2号ファンドはファンド紹介を動画で行っていました。こういうサービスは安心できると思います。




この他、だとCAMPFIRE Ownersの保証付きファンドなどだと安心できそうです。購入型で日本NO.1とされるCAMPFIREグループが運営している融資型クラウドファンディングになります。投資家登録者がまだ少ないため気軽にとうしできることがよいかもしれません。


投資を行う場合はファンドの内容をしっかり確認しておきましょう。投資してみたい企業はたくさんありますが、資金は限られますからね。CAMPFIRE Ownersも保証付き案件だとかなり人気があります。




IPOも少ないため短期で資金を活用してお小遣いを稼いでみたいと思います。どの企業も1口1万円からの出資ができます。ファンズだと1円から投資ができるため、分配金を再投資することもできます。


1円からの投資ができる企業は他にはありません!!

クラウドバンクを使った投資を5年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。