イー・ロジット(9327)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


コロナ需要で賑わう物流系のIPOになり需要が逼迫するそうです。ただ個人的にはいちよし証券が主幹事のため当選期待が低いと考えています。


イー・ロジット(9327)IPOの上場評価


項目株数データ
想定価格1,500円
仮条件3月08日
公開価格3月17日
公募株数540,000株
売出株数375,600株
公開株数(合計)915,600株
オーバーアロットメント133,200株
幹事団いちよし証券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
岩井コスモ証券
岡三証券
東海東京証券
極東証券
東洋証券
マネックス証券
楽天証券
委託見込岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券


当選確率が低くても公募組はリスクが殆どないため全力申し込みでよいと思います。抽選参加が面倒だと感じる方は主幹事だけ申し込みを行いあとはスルーでもよいでしょう。


いちよし証券の引受株数が75.07%となっているため平幹事からの当選期待も若干あると思います。頑張って申し込みを行っておきましょう。


同社は通販事業者に対して物流代行サービを主に行っています。商品保管やピッキング、さらに梱包や配送まで行っています。この他、商品撮影や受注処理、お問合せ対応等のカスタマーサポート運営代行サービスも行っています。


類似企業では2020年3月にマザーズへ上場した関通(9326)があてはまりそうです。驚くほどの人気だったため覚えている方も多いでしょう。業績を確認すると増収増益が続いているようです。


コロナ禍による特需と投資家の業績を見込んだ買いでに賑わいをみせている事業だと思いますが、いつまでも続くわけはなくそろそろ息切れか?と思うところもあります。


業績が伸び続けていれば株価にも反映されるはずです。EC市場規模が拡大し続けているため業績は好調に推移する可能性が高いでしょう。


大手企業との提携は芸能事務所のLDH JAPANやカーブスジャパン、さらにはEC物流支援を行ういつもなどの名前があります。




イー・ロジット(9327)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想3,000円~5,000円
※注目度B


いちよし証券主幹事は初値が高騰することが多いため今回も初値2倍~3倍が狙えそうです。ただ基本的に「倉庫・運輸関連業」という業種はあまり人気が見込めません。


コロナ禍のため普段よりも注目されているだけかもしれません!


株数が比較的多く、JASDAQ市場への上場、今期業績は増収増益となり配当金は未定のようです。


ベンチャーキャピタル出資はありませんが投資家の買い疲れが出てくるタイミングでの上場となり、セカンダリーへの資金流入は限定的なのかもしれません。関通が上場した時とは状況が異なります。


もっと詳しく知りたい
イー・ロジットの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】イー・ロジット(9327)IPOの初値予想!コロナ禍で増益期待

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。


イー・ロジット(9327)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はいちよし証券が単独で引受けています。


上場規模が小さい割に幹事引受けが多いようです。


幹事名割当株数引受割合
いちよし証券(主幹事)687,300株75.07%
みずほ証券64,000株6.99%
SBI証券45,700株4.99%
岩井コスモ証券27,400株2.99%
岡三証券27,400株2.99%
東海東京証券27,400株2.99%
極東証券9,100株0.99%
東洋証券9,100株0.99%
マネックス証券9,100株0.99%
楽天証券9,100株0.99%


東海東京証券が幹事入りしています。ファブリカコミュニケーションズ(4193)の主幹事を引受けているため口座開設だけは行っておきましょう。今回も地場企業の上場となっています。


IPOルールは下記記事でまとめています。




また、委託幹事で岡三オンライン証券からの抽選発表が行われています。口座がある方は申込んでおきましょう。タイアップ中なので3,500円プレゼント中となっています。




イー・ロジット(9327)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

イー・ロジットの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年3月期の業績予想を確認することができました。売上は103.31億円となり前期83.85億円から26.8%増、経常利益2.16億円で前期1.02億円から111.8%増になります。


四半期利益は1.32億円で前期0.76億円から73.7%増となっています。売上の伸び率から好調だと感じます。


来期予想の数値はまだ確認できませんが、来期くらいまでは増収増益になる可能性が高いかもしれません。新型コロナワクチンにより人々の生活がどのように変化するのか?と注目しています。


配当は業績予想に未定となっています。前期は2円の実績となっています。想定発行価格1,500円算出の指標はPERが31.89倍、PBRが2.53倍になります。


利益見込みが高い銘柄は狙っていきましょう。いちよし証券の店頭口座の方は当選チャンスなので積極的に申込みを行ってよいかもしれません。私はネット口座なので落選でしょう!


これからIPO投資を頑張る方は下記記事が参考になると思います。証券口座開設が一番面倒な作業になります。証券口座開設はどの企業も無料となっています。


1回当選すれば10万円の利益と考えてがんばりましょう。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!