ココナラ(4176)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


IPOに当選できていない方は当選確率が高い銘柄なので積極的に抽選参加を行ってみるとよいかもしれません。売出し株が多いためリスクは若干あると思いますが当選チャンスだと思います!


ココナラ(4176)IPOの上場評価と初値予想


項目株数データ
想定価格1,000円
仮条件3月03日
公開価格3月11日
公募株数1,000,000株
売出株数11,092,900株
公開株数(合計)12,092,900株
オーバーアロットメント1,813,000株
幹事団大和証券(共同主幹事)
みずほ証券(共同主幹事)
クレディ・スイス証券(共同主幹事)
いちよし証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
委託見込SBIネオトレード証券
DMM.com証券


ベンチャーキャピタルによる売出し色が強い案件になり、個人株主の売出し株も多く通常であればあまり人気が見込めません。しかし事業が急成長しているため面白みのある銘柄だと考えています。


スキルマーケットとして超有名企業のためIPOとしての注目度が非常に高いとされています。上場するタイミングで黒字化できる予想が出ているため人気が見込めそうです。


黒字と言ってもこれまでの赤字から考えると低いようですが、この手の銘柄はこれまで成功を収める確率が高いため同社も利益見込みは強いと思います。


上場規模が想定で約139.1億円と大きいことは懸念されますが、大手予想の数値から初値不安はあまりないのでは?と感じています。上場規模が大きいと地合いの影響を受けることが大きいためリスクはやや高いかもしれません。


ただスキルマーケットと言えば「ココナラ」だと思うので注目度は高めです。メディアやSNSでも騒がれることがあるため期待できると考えています。逆のこのIPOを攻めなければ面白みがないかも?とさえ考えています。


朗報!!Amazonギフト券4,000円分をDMM FXでプレゼントしています!当サイト限定のキャンペンになるのでよかったらご利用ください。


 

ココナラ(4176)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


これによると利益が出る期待が残されているように感じます。最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,500円~2,500円
※注目度A


驚くような初値予想が出ていました。海外配分がどの程度になるのか現段階ではわかりませんが公開株数とオーバーアロットメントを合わせて13,905,900株もあるため当選できないわけがないだろ?とさえ感じます。


ネット抽選派にも申込みやすい幹事構成のため複数株当選の期待があります。全力申し込みを行えば当選期待は高いと考えています。


2021年は昨年と異なりIPOにガンガン当選できるみたいなので今回も当選を狙いたいと思います!


もっと詳しく知りたい
ココナラの詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】ココナラ(4176)IPOの初値予想!当選確率高めで知名度抜群

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう!


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。


ココナラ(4176)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事は大和証券、みずほ証券、クレディ・スイス証券の3社が引受けています。


その中でも大和証券が70%を占めているため期待してよさそうです!


幹事名割当株数引受割合
大和証券(主幹事)8,465,000株70.00%
みずほ証券(主幹事)2,600,000株21.50%
クレディ・スイス証券(主幹事)773,900株6.40%
いちよし証券157,200株1.30%
SBI証券36,300株0.30%
楽天証券36,300株0.30%
マネックス証券12,100株0.10%
松井証券12,100株0.10%


資金的な余裕がない方は大和証券とみずほ証券からの申込みを優先しておきましょう。いちよし証券は微妙なので個人的にスルーするかもしれません。


マネックス証券の引受けは0.1%しかないのに12,100株もあるんだ!と当たり前のことで驚いています。


資金不要でIPO抽選参加ができる松井証券も12,100株あります。その他はSBI証券よりも楽天証券のほうが当選しやすいと個人的に思います。後期型抽選ですからね。






ココナラ(4176)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

ココナラの最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


出来ればブックビルディング締め切り最終日まで真剣に考えてほうがよいです。ネット申込だと当選した後にキャンセルすることもできますけどね。


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年8月の業績予想を確認することができました。営業収益は24.26億円となり前期17.75億円から36.7%増、経常利益4,600万円で前期-8,300億円からの黒字化になります。


四半期利益は4,400万円を予定しており、前期-9,400万円からの黒字になります。上場タイミングは悪くなさそうです!


EPSが2.13になるようなので想定発行価格1,000円でPERを計算すると469.5倍になります。PERはあてにならないようですね。来期業績予想が欲しいところです。PSRもあてになりません。


類似企業はビザスク(4490)が妥当かな?と考えています。考えた方を広めればクラウドワークス(3900)やランサーズ(4484)などもあてはまりそうです。


総合的に考えると公開価格割れはないのでは?と考えています。ただアメリカ市場の動向が少し不安定になっていることは気を付けておきたいと思います。


最近はIPOに参加する投資家が増えているため、何とも言えませんが個人的には1,000株くらい当選すれば面白いと考えています。大和証券は未成年口座もあるため期待しています!


ネット証券も未成年口座がありますからね。何故だかわかりませんが未成年口座のほうが当選する気がしています。たまたまなのかもしれませんが気になっています。


PayPay証券でIPO取扱いの可能性が高まっています!みずほ証券主幹事の場合にIPO抽選が行われる予定です。詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にして下さい。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!