ブロードマインド(7343)とイー・ロジット(9327)が明日上場します。IPO市場が荒れ始めたため動向が気になります。早く売り抜けうようとする投資家も多いようなので値動きが荒くなっています。


大手予想に届かない初値が数銘柄続いているため、セカンダリー組も様子を伺っているのでしょうか?この状況はあまり良いとは言えませんが今までが好調過ぎたのかもしれません。


ではブロードマインドから確認してみたいと思います!


ブロードマインド(7343)IPOの最終初値予想
※ブロードマインド公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段810円(公募・売出価格)
上限値段1,863円(更新値幅41円、更新時間10分)
下限値段608円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲203円以上、3,240円以下


どうやら直近に上場した銘柄の急落を受け、当初予想していた初値から大きく下がるようです。上場当日に初値形成となる予想が出ています。


金融商品などを代理販売する企業になり訪問型で提供している企業です。ただコロナ禍により一早くオンラインに切り替え今期は増収増益となる見込みです。


そもそも成熟した事業を行っているため、初値持越しとまではいかなくても上場規模が約8.4億円のため初値2倍程度が視野に入るはずです。


またベンチャーキャピタル保有株がないため安心感があります。IPO自体の印象は悪くないため1,500円~2,000円程度が見込めると考えています。


ブロードマインド(7343)の最終初値予想はこうなる

ブロードマインドの初値予想を確認してみました。主幹事はみずほ証券が引受けています。


最終初値予想


大手初値予想は1,500円を予想しているようです。公開価格が810円のため初値2倍には届かないようです。個人的にはもっと買われると考えています。


そこで別の企業を調べてみると初値予想が2,000円となっています。どちらを信じればよいのかはわかりませんが、1,500円~2,000円の間で初値が付きそうです。


今後の成長を考えるとジワジワ右肩上がりになる可能性が高いように思います。目論見の業績からそう感じます。事業内容や株主の状況は下記記事で確認をお願いします。

ブロードマインド(7343)IPOの初値予想


イー・ロジット(9327)の気配運用と最終初値予想はこうなる!

イー・ロジットの気配運用と初値予想を2社調べてみました。こちらも大きな差があるため面白いと思います。内容は詳しく書けませんが評価が異なると投資家も悩むはずです。


上場当日だと信用買いできますが初値持越しの場合は即日現金徴収のため信用買いができません。その為、需給が読みにくくなります。


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。


項 目気配運用の内容
板中心値段1,500円(公募・売出価格)
上限値段3,450円(更新値幅75円、更新時間10分)
下限値段1,125円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲375円以上、6,000円以下


大手初値予想は2,000円となっています。EC事業者向けに物流代行を行う企業になりコロナ禍では特に人気が見込めます。


ただし「倉庫・運輸関連業」はそろそろ飽きられている感があるため一旦相場が終了したと思われても仕方がないでしょう。とは言え、初値需要が見込めるため初値は高くなるようです。


ちょっと煮え切らない感じがモヤモヤしますが、コロナ禍が終わってもEC関係の需要が見込めるため中長期では業績拡大の可能性があると思います。


某社によればプライシングが割高となっているようなので、初値が高ければ急落の可能性があるように思います。直近のIPOの値動きを見ていても買いが続かず売り越されているため、様子見の投資家が多いことが伺えます。


イー・ロジットの事業内容や株主の状況は下記記事で確認をお願いします。ちなみに別の企業では初値予想が3,000円と高く出ていました。IPOに当選された方はドキドキでしょうね!

イー・ロジット(9327)IPOの初値予想


IPO投資で儲かるには運が必要です。しかし儲かりたいと思う気持ちだけでは結果は中々でません。それが現実だと思います!!


SNSなどで当選者が出ていると不安になると思いますが、自分にできることを行いましょう。資金が乏しい方は1年間申込を継続し1銘柄~3銘柄当選すれば良いと考えましょう。億り人と同じように考えては駄目です。


資金と証券口座の掛け算だと表現していますが当選できている方は努力しています。ということでIPO初心者の方は下記記事を参考にしてください。私は店頭口座も利用していましたが現在はほぼネット申し込みです!


また関連記事にも面白い目線で記事を掲載してみました。時間があれば読破してください。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!