アクシス(4012)とヘッドウォータース(4011)が上場します。明日はどちらも初値が付きそうにもありませんがセカンダリー組の指標になるかもしれないため予想数値を書いておきます!


仲良くさせて頂いている方はセカンダリーでの勝率が高く感服しています。しかも初値が高くなる状況が続いているため難しい判断となる場合が多いように感じます。


アクシスとヘッドウォータースはどうでしょうか。まずはアクシスから考察したいと思います。


アクシス(4012)IPOの最終初値予想
※アクシス公式ページ引用


項 目気配運用の内容
板中心値段1,070円(公募・売出価格)
上限値段2,461円(更新値幅54円、更新時間10分)
下限値段803円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲268円以上、4,280円以下


業務アプリケーションの設計開発や運用保守を行う企業になり、上場規模は約6.4億円で時価総額21.9億円の軽量級IPOです。


某紙では人材さえ集まれば業績拡大が可能と掲載されています。また菅政権がデジタル庁創設を行うと発言し「情報・通信業」への資金流入にもつながるようです。アクシスの詳しい企業情報は下記記事でまとめています
アクシス(4012)IPO上場承認と初値予想


アクシスは金融機関や官公庁等の公共機関へ強みを持つ企業になり、今後の業績期待は高いそうです。同社は業界で中堅に位置し類似企業にも資金が入っていることで初値への期待が観測されているようです。


事業はクラウドベースのサービスやRPA、IoT、AI・ブロックチェーンなどIPOでは人気ワードが並ぶ企業です。またオークネットから業務用車両管理クラウドサービスの「キタロー」を買収し契約件数が伸びているそうです。


コロナ禍となる中でもIT系は業績を伸ばしている企業が多く、同社も追い風に乗る企業のようです。


最終初値予想は5,500円と驚くような数値が出ています。公開価格は1,070円のため5倍以上を予想しています。


ご当選された方おめでとうございます。SMBC日興証券が主幹事だったためネット当選者もお見かけ致しました。





またSNSで探すと楽天証券で当選されていた方もいらっしゃいました。アクシスのネット抽選倍率485倍みたいです!やはり平幹事でも申込みができれば頑張っておいたほうがよさそうです。


ヘッドウォータース(4011)の最終初値予想は上場3日目に持ち越し確定か?

ヘッドウォータースは上場規模が2.8億円と小さく公開株数もオーバーアロットメントを含めて115,000株しかありません。


明日は上場2日目になりますが全く初値が付きそうにもありません。


ヘッドウォータース (4011)上場1日目の結果
※SBI証券公式ページ引用


項 目気配運用の内容
板中心値段5,520円(公募・売出価格)
上限値段12,700円(更新値幅280円、更新時間10分)
下限値段4,140円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲1,380円以上、22,080円以下


売りたいと思っている投資家が少ないと考えられます。「売り23,100株」に対し「買い1,013,500株」で上場1日目は終了しています。


上場2日目もこのパータンが予想されているため、初値が付くのは上場3日目になる可能性が高いようです。アクシスと同じで業種が「情報・通信業」になります。詳しくは下記記事でまとめています。
ヘッドウォータース(4011)IPO上場承認と初値予想


ヘッドウォータース事業はAIインテグレーションサービスやDX(デジタルトランスフォーメーション)を手掛けていることで、アクシスよりもさらにIPOとしては人気が高くなります。


アクシスもAIを取り入れていますが、ヘッドウォータースのほうがAIについては専門性があります。大手予想も上場直後から初値8倍以上を予想していました。


最終初値予想は24,000円を維持しています。


明日の気配上限が12,700円になるためどう考えても初値が付きそうにありません。HEROZ(4382)以来のテンバーガーになる可能性も十分考えられます。


ネットでは当選者が意外に多くビックリしました。





これまで落選続きでもこのクラスのIPOに当選できれば全てチャラにできそうです。しかも今回はネガサ株なのでもし株価10倍になると216万円の利益になります。NISA口座であれば税金も発生しません。


ほんと夢がある投資だと思います。私は当選できませんでしたが、投資生活の中で大きな利益が出ることを願いたいと思います。


このクラスのセカンダリー投資に参戦できる方は怪物ですね。メンタルに尊敬します。


三井不動産ロジスティクスパーク投資法人(3471)の発行価格が決定!当選期待

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人の公募増資に参加しています。IPOに当選できない日々が続いているためPOで利益を狙いたいと思います。


これまでも何度か利益を出しているため今回も期待しています。発行価格は1口当たり493,350円に決定しました。


項 目その内容
募集投資口数96,190口
国内配分65,890口 海外配分30,300口
払込金額477,411 円
発行価格493,350円
申込期間2020年9月30日~2020年10月01日
払込期日2020年10月05日
受渡期日2020年10月06日


ディスカウント率は2.5%に決定しています。お小遣いを得ることができれば嬉しいと考えています。詳細情報は下記でまとめています。
【公募増資】三井不動産ロジスティクスパーク投資法人(3471)


タスキ(2987)には当選できていますがヘッドウォータースのように初値10倍にはならないと思います。公開価格が670円なので10倍でも6,700円ですよね。現状だと4,000円~5,000円になれば良いかもしれません。


公開価格が低いためしばらく保有する手もありますがIT系ではないため不安があります。POだと資金力勝負になるためそこそこ利益が出ます。


市場環境がよいためIPOに当選できればまとまった利益が出せそうです。この時期に当選目指して公募組は頑張りましょう!


ドコモユーザー限定でdポイントによる資産運用ができる! 【1万円でETF投資が可能】
THEO+docomo


THEO+docomoだと1万円からETF投資をはじめることができます。本家は10万円からの投資になっているためお勧めできます。dポイントが貯まるためドコモユーザーは特にお得だと思います。


ドコモユーザー以外も口座開設できるのでご検討ください。詳しくは下記記事でまとめました。


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!