キオクシアホールディングス(キオクシアHD)のIPOが中止になりました。報道は2020年9月27日の日曜日です。明日28日に公開価格が決定する前のリーク情報です。


再承認される可能性はあるのか?疑問が残ります。9月15日ファーウェイ向けの出荷を停止している状態だったため、もしかしたら上場中止もあり得るのではないかと考えていました。


仮条件範囲も決定しブックビルディングも終了していたため投資家や証券会社を巻き込んだ形になります。


キオクシアホールディングス(キオクシアHD)上場中止
※キオクシアHD公式サイト引用


情報発信元は日経ビズネス電子版のようです。またブルームバーグの記事が大手メディアで転載されているようです。


内容は下記のようになっています。キオクシアホールディングスのホームページを確認しても日曜日のためなのかプレスリリースで確認することはできませんでした。


【ブルームバーグ抜粋】

報道によると、米中摩擦の影響により15日から大口取引先の華為技術(ファーウェイ)への出荷ができなくなっており、収益性の急激な低下が予想されるため、上場にふさわしい時期ではないと判断した。28日にも上場中止を発表するとみられるという。

28日には公開価格を決める予定だった。キオクシアと筆頭株主の米投資ファンドのベイン・キャピタル率いる日米韓連合は今後も上場を目指す方針を維持し、米中摩擦の沈静化やファーウェイへの出荷再開が可能になる時期などを探りながら、上場再申請の時期を見計らうことになりそうだと伝えている。 



明日28日に上場中止を発表するようです。そもそも、米中摩擦によりファーウェイへ納品ができないことになったのは大誤算でしょう。まさかの事態だと思います。


こうなってしまうと業績が悪化し、開示されていた業績予想さえもクリアーできないことになるでしょう。再承認を目指すようですが業績回復見込みがなければ機関投資家や個人投資家からの需要は見込めません。


店頭系の証券会社から営業の電話が酷いという話もSNS上では出ていたため、個人投資家は上場中止で安心したかもしれません。証券会社は頑張ったのに手数料収入が見込めない感じでしょうか。


項 目その内容
想定発行価格3,960円
仮条件2,800円~3,500円
仮条件による時価総額15,093.8億円~18,867.2億円


今後は筆頭株主の米投資ファンドのベイン・キャピタルが判断し再承認を狙う形になります。これまでの記事は下記でまとめています。
キオクシアホールディングス(6600)IPO上場承認と初値予想
【初値予想】キオクシアホールディングス(6600)IPO


そもそもファーウェイへの出荷再開が可能になるのか疑問も残ります。ファーウェイ出荷分を何処かの企業が引き受ければよいだけだと思いますが、価格競争が激しい半導体事業のためそれも難しそうです。


フラッシュメモリーでは世界2位となりますが、東芝が米原発事業で巨額損失を出さなければファンドに買収されることにもならなかった訳です。


原発による収益を狙っていたのかもしれませんが、自社も東証1部から東証2部になり週明けの株価も暴落になるでしょう。東芝(6502)の株主は怒りしかないでしょうね。東芝は株式売却益を株主還元に回すと報じていましたからね。


今回の上場中止(延期)はキオクシアホールディングス(旧東芝メモリ)がやらかした訳ではありません。米中摩擦が問題となっています。新型コロナウイルス感染症問題とも言えそうです。


今回の上場で仮条件算出の吸収レンジは2,453.7億円~3,343.1億円でした。上場中止は直近に上場するIPOには追い風になるかもしれません。


【追記】公式サイトで中止の内容が公開されていたため掲載しておきます!

2020年8月27日及び2020年9月17日開催の当社取締役会において決議いたしました当社普通株式の東京証券取引所への上場に伴う新株式発行及び株式売出しについて、2020年9月28日開催の当社取締役会において、最近の株式市場の動向や新型コロナウイルス感染の再拡大への懸念など諸般の事情を総合的に勘案し、当該新株式発行の中止を決定するとともに当該株式売出しの中止を承認し、それに伴い当社普通株式の東京証券取引所への上場手続きを延期することを決議いたしましたので、お知らせいたします。なお、当社は適切な上場時期を引き続き検討してまいります。


FXTFで現金5,000円プレゼントキャンペーンが行われています!新規口座開設で2,000円、そして1回取引で3,000円がプレゼントされます。またタイアップ特典も2,000円ついています!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!