アスマーク(4197)IPOの上場直前の初値予想と東京証券取引所から発表された気配運用を調べました。SBI証券主幹事でいまいち人気がないと言われていましたが、地合いが良くなっているため多少は期待できそうです。


スタンダード銘柄で業績横ばい、代表者の売出株が多くオファリングレシオ高めとなっているため見た目は悪いですよね。上場規模は小粒となっています。


アスマーク(4197)の上場直前の初値予想
※アスマーク公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段2,300円(公募・売出価格)
上限値段5,290円(更新値幅115円、更新時間10分)
下限値段1,725円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲575円以上、9,200円以下


同社はTOKYO PRO Marketからの市場変更になり、事業はマーケティングリサーチ、いわゆる市場調査会社です。


IPOとして新味はありませんが人気は低くないと観測されています。


また、ベンチャーキャピタル保有株がないため既存株主の売り圧力は低いと考えられています。問題は公募組が保有する株式でしょう。


そもそも不人気とまでは言えない銘柄なので公開価格程度は評価されても良いはずです。


上場規模は約13.5億円、時価総額は約25.0億円になります。個人投資家がセカンダリーで利益を狙うにはどうでしょうね。


初値だけは堅調スタートだと考えられています。競合株の低迷は気になるところです。


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

「IPO承認」アスマーク(4197)の上場データと初値予想を考察!業績安定
「プレ初値予想」アスマーク(4197)のIPO評価!株価設定に妙味あり


アスマーク(4197)の上場直前の初値予想はこうなる!

アスマークの上場直前の初値予想につてい調べてみました。


上場直前の初値予想


大手の上場直前の初値予想は2,800円となっています。幹事引受け価額は2,116円です。


マーケティングリサーチ市場は緩やかに拡大しているため、今の状況が続けば業績期待はあるかもしれません。


競合の株価はバラバラなので同社がどのあたりで推移するのか上場してみなければわかりません。PERが一桁台となる銘柄もあります。


同社の場合は公開価格2,300円でPER11.0倍のためどうでしょうか。


kimukimu

市場調査分野で国内首位のインテージホールディングス(4326)だと株価1,609円でPER21.14倍です。東証プライム銘柄で時価総額は約663億円です。



初値2,800円であればPER13.44倍なので問題なくクリアーしてきそうな気もします。ホルダーはドキドキかもしれませんね。


IPOチャレンジポイント枠当選者も少しは安心できる予想値なのかもしれません!!


B-Den(ビデン)の口座開設でAmazonギフトカード1,000円分が貰えます。上場企業のビーロット(3452)が直接運営しているクラウドファンディングになります。


先日セミナーを受講してみましたが、安定的な利回りを実現することを目的に運営しているそうです。これからコンスタンスにファンド提供をするそうですよ!


キャンペーンについては下記記事にまとめています。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。