B-Den(ビデン)に新規口座開設を行うとAmazonギフトカード(アマギフ)1,000円分が貰えます。上場会社のビーロット(3452)が直接運営しているクラウドファンディングになります。


不動産に特化した企業がクラファンを行っているため安心した投資ができそうです!


B-Den(ビデン)キャンペーンでAmazonギフトカード1000円分が貰える
※キャンペーンが延長されました


予定利回りは2.0%~になり、投資金額は10万円からになります。運用期間は6ヶ月と公式サイトにありますが最短3ヶ月のファンドを確認できました。


不動産のプロがファンド組成を行うため安定した資産運用が可能だと考えられます。


基本的に上場会社の利回りはあまり高くありません。同社もその傾向にあるようです。理由の一つとして利回りを高くしなくても資金が集まるからだと思います。


圧倒的な信用力があるためでしょう。


口座開設と投資は全てオンライン完結となるため投資ハードルは低いと思います。一般的に不動産投資型クラウドファンディングと言われているサービスになります!


B-Den(ビデン)の口座開設でAmazonギフトカードが貰えるキャンペーンについて調べました

B-Den(ビデン)の口座開設でAmazonギフトカード(アマギフ)が貰えるキャンペーンについて詳しく調べました。


公式サイトの表記をまとめると以下のようになります。投資を行う必要はありません!


項 目その内容
キャンペーン期間2023年11月01日(水)~2023年12月20日(水)
※延長されました
特典内容対象者にAmazonギフトカード1,000円分を進呈
プレゼント時期2023年12月末日頃
対象条件キャンペーン期間中に新規口座開設が完了された方
注意事項
  • 本キャンペーンの参加はお一人様1回限り
  • 口座開設審査で否認された方は対象外
  • Amazonギフトカードには有効期限がある
  • 本キャンペーン応募にあたり不正行為を働いたことが発覚した場合の応募は無効


B-Denはビーロットが直接運営しているため人気があると思います。


上場企業が直接運営していると業績開示などの面で投資家にメリットがあります。投資先の業績がわかればより安心した投資ができますからね。


また、ビーロットは中古オフィスや中古マンションなどに強みを持つ企業になります。ホテル開発等も行い業績も拡大傾向にあります。


kimukimu

子会社も複数ありグループとしても大きいようです。



キャンペーン自体は他社とあまり変わりませんが口座開設のきっかけになると思います。利回りよりも安定を求める投資家に人気がありそうです。


ファンド確認では2.0%~4.0%のファンド組成となっているようです!


B-Den(ビデン)のファンド組成の特徴を調べてみました!利用手数料は不要

B-Den(ビデン)のファンドに投資するにあたり利用手数料などは全て不要です。


投資を行った後は元本が償還されるまで待つだけです。もちろん劣後出資が行われるため劣後出資でカバーできる範囲であれば投資家の元本は守られます。


B-Den(ビデン)のクラウドファンディングの特徴
※ビデン公式サイト引用


劣後出資について調べると公式サイトに20%という表記がありました。この辺りが基準になると考えられます。


実はファンド詳細ページに劣後出資の割合は書かれていません。各ファンドの劣後比率については契約前書面で確認することになっています。


上記の画像を参考に例えると1億円の不動産が8,000万円になっても投資家の元本は守られます。他社でも似たような割合ですよね。


特徴をまとめると以下になります。


【特徴】
  • 上場企業が直接運営する不動産投資型のクラウドファンディング
  • 劣後出資は20%程度が期待できる
  • 予定利回りは他社比較で高いとまでは言えない
  • 入出金の振込代金以外の費用発生はない
  • 元本が保証された投資ではない


上場企業が運営するクラウドファンディングなので元本割れは基本的にないと考えられます。ファンド組成金額もそこまで大型ではありません。


元本割れした場合は株価に影響があるためシビアに考えられていると思います。


同社について詳しくまとめた記事を作成したためよかったら下記記事も参考にしていただければと思います。




B-Den(ビデン)の口座開設でAmazonギフトカードが1,000円分貰えるキャンペーンまとめ!

キャンペーン自体のハードルは凄く低いため取り組みやすいと思います。


新規口座開設でAmazonギフトカード(アマギフ)が貰えますからね。投資は先着順が基本となるようです。


B-Den(ビデン)のキャンペーンまとめ
※ビデン公式サイト引用


ファンド組成についてはガンガン登場するタイプの企業ではなさそうです。


余裕資金を寝かせておくよりも投資して少しでも利益を積み上げたい方向きの企業だと思います。随時4.0%程度のファンド組成だと最高なんですけどね。


基本的にインカムゲイン型のファンド組成が多いようなので利回りが低いのは仕方がなさそうです。


また、GMOあおぞらネット銀行の入出金の場合は振込代金が無料になります。デポジット口座(バーチャル口座)があるためそのまま投資したい方は出金手数料は必要ありません。


出資申込み後の振込になるため「後入金方式」になります。これはありがたい仕組みだと思います!


とりあえず少しでも興味があれば同社の口座開設を行っておくと楽しめそうですね。




【追記】
B-Den(ビデン)のセミナーを受講してみました。不動産投資型クラウドファンディングを行う理由はこれまでより資金効率が良くなるためだと伺いました。また、投資家に安定した分配金(配当)を提供できる環境を長期的に行うそうです。今後はもう少し高い利回りを提供できるように調整していくそうです。ファンドはインカムゲインをメイン配当とした案件が多くなるそうです!

上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。