QPS研究所(5595)の抽選結果が出ました。なんと主幹事のSMBC日興証券で当選しています!しかも久しぶりの夫婦ダブル当選です。


公開株数が増えたため当選確率が高くなったのかもしれません。12月のIPOが予定よりも少ないため初値が高くなることを祈りたいと思います!


QPS研究所(5595)IPOの抽選結果


九州大学発の宇宙ベンチャー企業になり、公開株数が増やされ人気がだと観測されています。


もしかしたら初値2倍を超えてくる可能性があるようです。全てはベンチャーキャピタル次第だと思います。


kimukimu

単価が低いためマネーゲームとなる期待は十分あるように思います。話題性が高く注目度は高いはずです。



ただ赤字グロース株なので熱が冷めるのも早そうです。流石にispace(9348)のように上場後上にぶっ飛ぶことはないと思いますが面白みのある株なのは間違いなさそうです。


成長性が高いと言われていますが今期は7億円以上の純損失ですからね。短期的なマネーゲーム期待だと思います!!


上場による吸収金額は約40.0億円、時価総額は約136.5億円になります。機関投資家参戦の銘柄だと考えています。


QPS研究所(5595)IPOの公開価格が決定しました

公開価格は仮条件の上限390円に決定しています。


目論見によれば申告された総需要株式数が公開株式数を十分に上回る状況だったそうです。


また、申告された総需要件数が多数にわたり、需要の価格毎の分布状況は仮条件の上限に集中していたとあります。


幹事引受け価格は358.80円に決定しています。上場承認時の基本データや業績などは下記記事でまとめています。

「IPO承認」QPS研究所(5595)の上場データと初値予想を考察!宇宙関連で人気


QPS研究所(5595)IPOの幹事別抽選結果はこうなりました!

QPS研究所の幹事別抽選結果を調べてみました。


幹事名抽選結果
SMBC日興証券当選
みずほ証券抽選前
SBI証券抽選前
東海東京証券抽選前
岡三証券落選
FFG証券口座なし
香川証券口座なし
楽天証券抽選前
松井証券落選
マネックス証券落選


QPS研究所(5595)がSMBC日興証券で当選


現在のところ夫婦で当選しているため200株配分となります。


まだ確認していない証券会社があるため追加当選期待はあると思います!株数が多いですからね。


SMBC日興証券の口座を開設していない方はお勧めします。ネット口座では普通に株取引も行っています。


ネット証券よりも利用する機会が多いかもしれません。株主優待を狙うために口座開設する方もいますからね。一般信用売建ができるため重宝しています。


IPOルールは下記記事でまとめています。証券口座を持っていないだけで損していると思います。




QPS研究所(5595)IPOの最新の初値予想は?

QPS研究所の最新の初値予想を調べてみました。


最新のIPO初値予想


大手の最新の初値予想は700円となっています。公開価格が390円なので1単元あたり3.1万円の利益見込みになります。


PSR評価では高めだと言われていますが一般投資家はイベントとしてとらえる可能性があります。


何しろ材料が「宇宙」ですからね。


新工場が完成すれば年間に衛星を10機生産できるとあり売上に直結しそうです。月面着陸のispace(9348)に比べれば技術的なハードルが低いため成功する可能性は高そうです。


また、海外販売は1,692,500株となっています。公開株とOAを含めた株数から割合を計算すると約16.50%になります。


kimukimu

盛り上がっているのは日本市場だけなのか?とも感じます。ともかく当選できイベントに参加できることが嬉しく思います!



COZUCHIの口座開設で2,000円分のAmazonギフトカードが貰えるタイアップキャンペーンを行っています。下記記事でまとめました。


リセールファンドが登場し利回りがかなり高い案件が続々登場しているため投資するチャンスだと思います。抽選に当選できれば大きな利益が見込めそうです。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。