Funvest(ファンベスト)でAmazonギフト券が貰えるキャンペーンが行われています。会員登録(口座開設)で1,000円分のアマギフが貰える他、投資を行うことでさらに1,500円分が追加で貰えます。


ファンド毎に行われるキャンペーンもあり、積極的に投資を行う方は数万円分のAmazonギフト券を貰えます。そのため詳しい内容を調べてみました!


Funvest(ファンベスト)のAmazonギフト券キャンペーン
※Funvest公式サイト引用


Funvest(ファンベスト)は大和証券グループとクレディセゾングループが力を合わせ作られた企業です。


大和証券グループからの出向者を中心として厳格な体制となっているため、信用や信頼面は高いと考えられます。株主構成を調べると大和証券グループ本社80%、クレディセゾン20%となっています。


主体は大和証券グループのようです。この辺りから投資を考えている投資家には安心材料になりそうです。


会員登録や口座管理には費用が発生しません。ファンド申込みに際しても申込手数料などの発生がないため安心できます。


ただし組成されたファンドを確認すると10口10万円となっているものが多いようです。公式サイトにはファンド毎に最低出資額が異なると書かれています。


Funvest(ファンベスト)でAmazonギフト券が2500円分貰えるキャンペーンの詳細を確認!

Funvest(ファンベスト)で行われているキャンペーンについて詳しく調べてみました。注意点があるので参加される方は確認しておきましょう。


キャンペーンは2段階となっていますが、口座開設を行うだけでAmazonギフト券1,000円分を貰えます。その後、初めて投資を行うと追加で1,500円分貰えることになっています。


項 目その内容
キャンペーン概要
  1. 新規会員登録で1,000円分のAmazonギフト券プレゼント
  2. 新規会員登録から60日以内の初投資でさらに1,500円分のAmazonギフト券プレゼント
期間2022年5月11日~終了日未定
特典の送付時期特典の条件に該当した月の翌月末までに送付
対象ファンド期間中のすべてのファンド
注意事項
  • 新規会員登録時に「お知らせメールの配信を希望する」にチェックを入れること
  • 2022年5月10日以前に投資実績がない方で会員登録完了から60日以内に投資を行い出資金の入金が完了した方
  • 特典送付時期までに会員登録を解約した方は本キャンペーンの対象外


新規会員登録(口座開設)と対象ファンドへの出資金入金を行い、対象ファンドの運用が開始された時点で特典2の対象となります。


特典1と特典2は条件に該当した月の翌月末までに送付されます。このため別々に送付となる方もいるはずです。また、会員登録完了とは審査後に届く「本人確認コード」を入力した時点となっています。


一番気を付けなければならないのは「お知らせメールの配信を希望する」にチェックが入っていることを確認することです。


会員登録画面で確認してみると初めからチェックが入っているので外さなければ問題ないと思います。ファンド案内やキャンペーン案内などが届くはずなので配信希望でいいと思います。


どうしても嫌な方は特典を頂いた後に自分で設定し直しましょう。


キャンペーン自体は簡単なので私も参加してみたいと思います。10万円の投資でAmazonギフト券2,500円分は大きいですからね。アマギフの有効期限は10年間となっています。


Funvest(ファンベスト)口座開設申込み完了
※早速申込みました


会員登録(口座開設)を申込んでみました。あとは投資を行えばアマギフ1,500円分が追加され2,500円分になります。


運用期間が短いため募集が行われているファンドに申込を行ってみたいと思います。国内ファンドでも海外ファンドでも運用期間が短いなら個人的に問題ありません。


キャンペーンをクリアーした後に投資スタンスを決めたいと思います!!


Funvest(ファンベスト)のキャンペーンで20万円出資確定


実際に投資を行ってみました。投資を行う過程で気が付いたのですがファンド毎にキャンペーンが別に行われていました。


そのため20万円出資を行い追加でAmazonギフト券1,000円分と「モンゴルゆかりの品」を頂くことができました。


はじめてログインを行いそのまま投資しています。


トータルでAmazonギフト券3,500円分を頂くことができました。30万円投資だとアマギフがさらに1,000円分頂けましたがキャンペーンが継続されると考え今回は20万円にしました。ラッキーです!


Funvest(ファンベスト)で組成されるファンドについて調べてみました

Funvestは貸付型クラウドファンディングのサービスを行います。一般的にソーシャルレンディングと言われています。


Funvest(ファンベスト)で組成されるファンド詳細
※Funvest公式サイト引用


運営企業のFintertech株式会社は大和証券グループとクレディセゾングループの資本が入った企業なので投資先として安心できそうです。


ただし組成されるファンドの利回りが高いとは言えません。想定利回り2%~3%を中心としてラインナップされています。


kimukimu

不動産投資型クラウドファンディングではありませんが、確実な運用を行っていると考えられます!!



組成されたファンドはバリエーションが豊富で短期運用型のものが多いようです。短いものだと4ヶ月~5ヶ月運用のファンドも確認できました。


想定利回りは低めとなっていますが、短期運用型のファンドが多いため資金回転を考えるとよさそうです。リスク軽減にもつながると考えられます。


同社で組成されるファンドは上場企業など信用力の高い借手に対して行われ、財務が健全であることを重視しているそうです。質の高い借手を厳選していると言うことだと思います。


SDGsや社会貢献につながる案件も複数確認でき、新興国のファイナンス会社向けの融資も手掛けるそうです。新しい領域に投資を行ってみたい方には面白い投資先だと思います。


新興国向けの案件は為替リスクを適切にヘッジした商品の提案が行われるそうです。大和証券グループ主体と考えれば得意分野でしょうね。


同社の詳しい内容は下記記事にまとめています。よかったら参考にしてください。




Funvest(ファンベスト)でAmazonギフト券が2500円分貰えるキャンペーンまとめ!!

Funvestへの投資は利回りを追求する方にはあまりお勧めできないかもしれません。ただ投資先を増やしリスク分散を行いたい方には良いと思います。


ファンドの審査にはグループ力を最大限活用し、各専門家が投資案件を厳格に調査し提供しています。


貸付型クラウドファンディングの特性
※Funvest公式サイト引用


同社は貸付型クラウドファンディングになりますが1件でもデフォルトが発生すると、大和証券グループやクレディセゾングループの信用とも関わるためデフォルトリスクは低いと考えられます。


ただし元本保証の投資ではないためリスクは存在します。公式サイトにも「ミドルリスク・ミドルリターン」とはっきり書かれています。


ファンドに投資を行うことができれば「ほったらかし投資」となり、投資家はリターンを待つだけです。


Funvest(ファンベスト)のAmazonギフト券が貰えるキャンペーンまとめ
※Funvest公式サイト引用


また、ファンドによっては個別にAmazonギフト券(アマギフ)キャンペーンが行われることがあります。この他、商品やグッズなどのプレゼントも行われているようです。


ファンド組成金額がまだ大きいとは言えないため、キャンペーンにより投資家を集めたい狙いがあるのかもしれません。


個人的にはどんどん企業間で競争を行って頂きたいと思います。投資家も投資先を選択できるチャンスがありますからね。


Funvestは大和証券とクレディセゾンのグループ会社が運営していることが最大のメリットだと思います。デメリットは利回りがやや低いことでしょう。


実績が出てくると利回りが高くなる可能性はあると思います。


個人的には心配する投資先ではないため継続した投資を予定しています。まず、キャンペーンに参加してみます!

クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。