アクセスグループ・ホールディングス(7042)IPOが新規上場承認されました。上場市場はジャスダックになり、主幹事は大和証券が務めます。公開株式400,000株、オーバーアロットメント60,000株、上場により市場から吸収する金額は約5.7億円と規模は小さいようです。


同社の事業は、セールスプロモーション分野に特化した事業展開の他、大学新卒者や若年層の転職希望者に対してクライアント企業の採用情報の提供、大学などの教育機関の学生募集に関わる広報業務の総合的なサポートなどを行っています。


アクセスグループ・ホールディングス(7042)新規上場と初値予想


人材確保といったイメージもあり、クライアントや大学などからの評判も良さそうです。採用広報事業では、人材紹介なども行い最近では官公庁からの受託実績も増加しているそうです。その他、外国人留学生に向けたサービス実績も評価が高く拡大傾向にあります。


アクセスグループ・ホールディングス(7042)IPOの詳細データ

項目 上場基本データ
市場 JASDAQスタンダード
業種 サービス業
事業内容 販促ツール制作及び発送関連を中心とした広告プロモーション事業、新卒・若年者及び外国人留学生向け採用広報事業、大学・専門・中高の学生・生徒募集及び外国人留学生向け学校広報事業
公開予定 11月06日
ブックビルディング期間 10月22日~10月26日
想定価格 1,240円
仮条件 1,240円~1,340円
公開価格 10月29日
企業情報 https://www.access-t.co.jp/


【手取金の使途】

手取概算額290,600千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限73,400千円については、当社の設備資金及び借入金の返済資金、また子会社に対する投融資に充当する予定であります。当社の設備資金は、当社グループの各事業における外国人留学生ビジネスの拡大及び採用広報事業における中途採用広報への本格参入、並びに顧客のユーザビリティニーズの向上を目的とした既存サイト拡充若しくは新規開発に関する設備投資資金として、平成31年9月期に36,500千円、平成32年9月期に60,500千円を充当予定であります。

また、子会社に関する投融資は、プロモーション事業の機能センターである業務推進センターにおいて、テレマセンター及びキャンペーン事務局の拡充に向けたコールセンターシステムの新設を目的とした設備投資資金として平成31年9月期に6,000千円を充当予定であります。

その他、事業拡大に伴う新規採用後の人件費として平成31年9月期に75,000千円、平成32年9月期に72,500千円を、残額については金融機関からの借入金に対する返済資金として平成31年9月期中に充当予定であります。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。



項目 株数データ
公募株数 240,000株
売出株数 160,000株
公開株数(合計) 400,000株
オーバーアロットメント 60,000株
上場時発行済み株数 1,159,800株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額 約14.4億円
幹事団 大和証券(主幹事)
みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券
岡三オンライン証券 ←前受け金不要
SBI証券


アクセスグループ・ホールディングス(7042)上場評判とIPO分析

想定発行価格1,240円を基に吸収金額を算出すると約4.96億円となり、オーバーアロットメントを含めると約5.7億円規模の上場となります。上場規模が小さく初値が高騰しそうな銘柄となっています。

同社と連結子会社4社から構成されている企業になり、プロモーション、採用広報、学校広報を事業セグメントとして、専門特化した事業会社体制を構築し、メディアづくりと広告広報に付随する業務案件の受注を推進しています。また子会社別に事業が細分化されている特徴があります。


プロモーション事業は、セールスプロモーション分野に特化した事業展開を行っています。住宅やシニア居住施設、広告代理店、アパレル、外食、公的機関、旅行、自動車販売、ケーブルテレビを主要ターゲット業界とし、クライアントが販促したい商品やサービスを、その商品・サービスを欲すると考えられるターゲット層(消費者)に対して、直接的にアプローチして販促・広報する「ダイレクトプロモーション」を展開しています。


具体的には、クライアントに対して、クリエイティブ(DM・パンフレット・Webサイト・サンプリング等の販促物)の制作・印刷・発送代行を中心に、クライアントの業界に適した効果的なプロモーション手法を提案する企画営業を展開し、業務を受託しています。


アクセスグループ・ホールディングス(7042)上場評判


採用広報事業は、大学を新卒で卒業する学生や転職を希望する若年層の社会人に対して、クライアント企業の採用情報を提供するとともに、合同企業説明会やセミナー等の開催を行うことで、クライアント企業から広告・出展収入を得るサービスを行っています。


その他、クライアント企業の会社案内等の企画制作や、採用活動に関する業務代行のサービス、人材紹介も行っています。大学キャリアセンター(就職担当窓口)との長年に渡るリレーションを構築している企業になり、外国人留学生向けの就職支援プログラムを開発し、平成30年秋より複数の大学で開始することが決定しています。


アクセスグループ・ホールディングス(7042)事業詳細


学校広報事業は、教育機関の学生募集に関わる広報業務の総合的なサポートを展開しています。具体的には、外国人留学生や日本人受験生向けの合同進学説明会の開催やWEBサイト上での情報提供を通じて、クライアント校から出展・広告収入を得るサービスになります。


また、WEBやパンフレット等による学校案内の企画制作、オープンキャンパス等の事務局運営代行、各種業務代行、WEB出願システム等の学校運営支援業務の提供も行うそうです。


アクセスグループ・ホールディングス(7042)販売実績と取引先


平成29年9月期は計24企画(27日間)開催し、出展数は延べ1,335校(717ブース)。平成29年6月に渋谷ヒカリエで開催したイベントでは、国公立大学や主要私立大学を含む225校(131ブース)が出展し、2日間で延べ1万人を超える来場があったようです。


このよううなイベントを切欠に取引が拡大し、外国人留学生向けの学校案内の制作や、専用のWEB出願システム導入の受託をしている他、8言語に対応した外国人留学生向け進学情報サイト「アクセス日本留学」の開設に至ったそうです。


アクセスグループ・ホールディングス(7042)の企業財務情報と配当性向

回次 第27期 第28期
決算年月 平成28年9月 平成29年9月
売上高 4,330,650 4,505,412
経常利益 155,789 152,296
親会社株主に帰属する当期純利益 88,494 121,506
包括利益 89,988 113,151
純資産額 670,142 774,096
総資産額 2,248,657 2,375,688
1株当たり純資産額 728.57 841.59
1株当たり当期純利益金額 96.21 132.10
自己資本比率(%) 29.8 32.6
自己資本利益率(%) 14.2 16.8
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー 205,862 392,173
投資活動によるキャッシュ・フロー 232,765 △147,036
財務活動によるキャッシュ・フロー △114,986 △183,662
現金及び現金同等物の期末残高 442,777 504,251
※数値は千円単位


第29期第3四半期連結累計期間(平成29年10月01日~平成30年6月30日)
売上高36億84百万円
営業利益2億93百万円
経常利益2億84百万円
親会社株主に帰属する四半期純利益は181百万円


当社グループにおきましては、プロモーション事業でケーブルテレビ分野や旅行分野、外食分野が堅調に推移する一方で、広告代理店分野や自動車販売分野、公的機関分野は軟調となりました。採用広報事業では、採用広報解禁日(3月01日)以前のイベントや大規模合同企業説明会に対する需要が伸びたほか、個別案件も好調に推移しました。学校広報事業では、外国人留学生分野や個別案件について堅調に推移し売上が増加しましたが、販売費及び一般管理費が想定より増加しました。



アクセスグループ・ホールディングス(7042)従業員と株主の状況

会社設立は1990年4月04日、東京都港区南青山一丁目1番1号に本社を構えます。社長は木村勇也氏(昭和54年8月21日生まれ)、株式保有率は27.03%です。従業員数は17人で平均年齢37.9歳、平均勤続年数11.8年、平均年間給与4,162,000円となります。連結従業員数は170人で臨時雇用者は年間24人です。


氏名又は名称 所有株式数(株) 所有株式数割合(%)
木村 春樹 402,500 43.76
木村 勇也 248,600 27.03
(同)A・G・S 134,500 14.62
木村 純子 70,000 7.61
アクセスグループ社員持株会 22,200 2.41
増永 夏美 7,500 0.82
土田 俊行 3,000 0.33
※株主上位7名の状況


【目論見抜粋】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である木村勇也、売出人である木村春樹、並びにその他の株主37名は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後180日目(平成31年5月2日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等を除く。)を行わない旨を合意しております。



上位株主には180日間(平成31年5月21日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。ベンチャーキャピタルなどのファンドはなく、個人株主が名簿に多いようです(特別利害関係者や子会社従業員)


アクセスグループ・ホールディングス(7042)IPO大手初値予想と各社配分

仮条件は1,240円~1,340円となり、想定発行価格を下限として上限方向へ広げられています。上限1,340円を基に吸収額を算出すると約5.36億円、オーバーアロットメントを含めて算出すると約6.16億円となります。上場規模が小さくIPO市場が好調のため上場当日は初値付かずになる可能性も出てきました。


2018年9月期の連結業績予想は売上2.1%増、経常利益19.1%増の増収増益になります。EPS116.32を基にPERを算出すると約11.52倍、BPS948.21を基にPBRを算出すると約1.41倍となります。配当は24.8円予定されているため配当利回り約1.85%となります。


初値予想2,700円~3,100円

初値予想(第2弾)2,700円~3,100円


合同企業セミナーや新卒者などの若年層に対して転職情報を提供しているほか、外国人留学生に対して進学説明会なども行っています。このことにより外国人留学生に強みを持てる企業へと成長し、シェア拡大を狙っている企業です。VC保有はなくストックオプションもないことから、大きな買い需要が発生すると思われます。


幹事名 配分単位(株)
大和証券(主幹事) 372,000
みずほ証券 12,000
SMBC日興証券 8,000
岡三証券 4,000
SBI証券 4,000


類似企業 PER
PBR
キャリアデザインセンター(2410) PER13.49倍 PBR3.35倍
エン・ジャパン(4849) PER30.91倍 PBR8.36倍
リクルートホールディングス(6098) PER34.56倍 PBR6.62倍


大和証券からの当選狙いになりますが、株数的に難しいように思います。かなり運がよくないと当選は厳しいでしょう。それでも当選できる方がいるため、その他幹事を含め申し込めるところから申し込んでおきましょう。大和証券のIPO抽選ルールが変更となっているのでよかったら下記記事も参考にしてください。


大和証券のIPOルール変更


岡三オンライン証券からの申し込みは前受け金が不要なのでとりあえず申し込みを行っておきましょう。SBI証券からの申し込みはIPOチャレンジポイントを獲得するためです!


ブックビルディング時点で買い付け相当額を用意せずにIPO抽選に参加できる企業が増えているため、資金が乏しい方は積極的に口座開設をしておくとよいかもしれません。主幹事からの申し込みは必ず行っておきましょう。


岡三オンライン証券IPO抽選ルール詳細


アクセスグループ・ホールディングスのストックオプション詳細を調べました

ストックオプション行使期間 株式の数(株) 発行価格(円)
新株発行予約権の該当事項なし


ストックオプション(新株発行予約権)の設定はありません。


アクセスグループ・ホールディングス(7042)IPO私見と申し込みスタンス

アクセスグループ・ホールディングスのIPOは初値利益が見込めるため全力申し込みで構わないと思います。WEBサイトの運営も複数おこなっていますし、大学などとの連携も拡大しています。


売上はプロモーション事業が大きくなっていますが、子会社別に専門の事業を行っており業績面におけるメリットもありそうです。会社設立からすでに28年が経過していることから信頼も高そうです。開示情報では平成25年~26年の2年間は赤字になっていますが、その後4年続けて黒字化していることから初値への影響はそれほどないでしょう。


同社グループは20年以上のノウハウがあり、官公庁や大手企業、大学などから多数のイベント運営を受託しています。さらに、外国人留学生向けのビジネスが拡大傾向にあり、合同説明会へ足を運ぶ学生の動員人数も急激に増加しています。


大学などの教育機関と連携したキャリア教育を実施し、日本企業への就職を支援するスキームも構築していることから、個人的に外国人留学生向けビジネスに注視しています。初値2倍は可能でしょう!


上場企業が運営する唯一のクラウドファンディング! 【OwnersBookは信頼が高い】
⇒ OwnersBook公式へ

OwnersBook

※OwnersBook(オーナーズブック)評判と実際に投資を行った詳細記事へ