ハッチ・ワーク(148A)がグロース市場に新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。IPOとしてはあまり人気がないかもしれません。


主幹事はSMBC日興証券が務め公開株数303,300株、オーバーアロットメント45,400株です。上場規模は想定発行価格1,680円から計算すると約5.9億円になります。


ハッチ・ワーク(148A)IPOが上場承認
※ハッチ・ワーク公式サイト引用


管理会社向け月極駐車場オンライン管理支援サービスと貸会議室ビジネスを行う企業になります。


どちらも新味がなく業績面の評価も低そうです。初値売却益を得るには物足りないIPOかもしれません。VC出資は意外に高めですけどね。


IPOでは鉄板の情報通信業になりますが業績不安があります。上場後は売上拡大に注力しコスト削減による利益率向上を狙うようです。


月極駐車場管理業務をオンラインで提供するビジネスは比較的新しい事業になるそうですが競合は既に存在しています。


ハッチ・ワーク(148A)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日3月26日
市場グロース市場
業種情報・通信業
事業内容月極駐車場検索ポータルサイト「アットパーキング」、月極駐車場オンライン管理支援サービス「アットパーキングクラウド」の提供並びに貸し会議室サービス「アットビジネスセンター」の運営
ブックビルディング3月08日~3月14日
想定価格1,680円
仮条件1,680円~1,800円
公開価格2,160円
※仮条件上限を20%上回る価格に決定
初値結果2,815円(公開価格1.30倍)
企業情報https://hatchwork.co.jp/
監査人みおぎ監査法人
手取金の使途
  • 基幹業務システムに係るシステム投資
  • 貸会議室の新規出店に係る設備投資
  • 新規人材採用に係る人件費
  • 本社移転に係る移転先の設備投資


項目株数データ
公募株数161,900株
売出株数141,400株
公開株数(合計)303,300株
オーバーアロットメント45,400株
上場時発行済み株数1,817,900株
※公募分を含む
想定ベースの時価総額約30.5億円
幹事団SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
岡三証券
東海東京証券
松井証券
アイザワ証券
極東証券
東洋証券
委託見込SBIネオトレード証券
岡三オンライン


ハッチ・ワーク(148A)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格1,680円を基に吸収金額を算出すると約5.1億円となり、オーバーアロットメントを含めると約5.9億円規模の上場となります。


同社のセグメントは月極イノベーション事業とビルディングイノベーション事業になります。


月極イノベーション事業には、「APソリューションサービス」と「APクラウドサービス」があります。


APソリューションサービスでは、月極駐車場検索ポータルサイト「アットパーキング」及び自社サイトに掲載された月極駐車場のマッチングサービスの提供を行います。


駐車場の一括借り上げにより自社運営し、集客と利用者へ転貸する月極駐車場サブリースといったサービス内容になります。


ハッチ・ワーク(148A)の業績
※有価証券届出書引用


APクラウドサービスでは、月極駐車場オンライン管理支援サービスである「アットパーキングクラウド」を展開します。


月極駐車場のマッチングサービスを提供するポータルサイト「アットパーキング」については認知度向上や物件掲載エリアの全国拡大、オンライン契約に向けたシステム開発を積極的に進めているそうです。


管理会社からはシステム利用料、月極駐車場利用者からは初回保証料・月額保証料(毎月の保証料)・決済手数料等を収受するサービス内容になります。


ハッチ・ワーク(148A)IPOの事業概要
※有価証券届出書引用


ビルディングイノベーション事業には、「会議室サービス」と「オフィスサービス」があります。


会議室サービスでは、貸会議室サービス「アットビジネスセンター」及び企業内の使われていない時間帯の会議室をシェアする会議室シェアサービス「シェア会議室」を運営しています。


オフィスサービスでは、ミドル世代コミュニティオフィス「インスクエア」の運営、オフィスビルの「プロパティマネジメント(PM)」「ビルメンテナンス(BM)」サービスを提供しています。


ハッチ・ワーク(148A)の販売実績
※有価証券届出書引用


業績からコロナ禍で上場延期となっていたのでは?と感じる銘柄です。


売上横ばい傾向で業績もいまいちなのでそれほど盛り上がらないIPOなのかもしれません。公募組は積極的に参加してきそうです。


セカンダリーは地合い次第でしょう。


ハッチ・ワーク(148A)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2000年6月26日、東京都港区南青山二丁目2番8号DFビルに本社を構えます。社長は増田知平氏(1978年5月29日生まれ)、株式保有率は10.02%(184,400株)です。※資産管理会社保有分を除く


従業員数67人で臨時雇用者121人、平均年齢35.0歳、平均勤続年数5.9年、平均年間給与5,658,000円です。


セグメント別従業員数は月極イノベーション事業40人(臨時34人)、ビルディングイノベーション事業10人(臨時87人)、管理部門17人(臨時0人)となっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
株式会社大竹アンドパートナーズ465,000株25.27%
株式会社ダイナエッグ276,600株15.03%
大竹 弘211,500株11.49%
増田 知平184,400株10.02%
ENEOSイノベーションパートナーズ合同会社116,700株6.34%
EEI4号イノベーション&インパクト投資事業有限責任組合59,900株3.25%
イノベーション・エンジンPOC第2号投資事業有限責任組合54,700株2.97%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には180日間(2024年9月21日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


ベンチャーキャピタルと一部の株主に対しては90日間(2024年6月23日まで)のロックアップ付与、ロックアップ解除倍率は発行価格(売出価格)の1.5倍以上となっています。


上場前の第三者割当等による新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っています。


親引けはありません。


ハッチ・ワーク(148A)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


仮条件が1,680円~1,800円に決定し上場による吸収金額は最大で約6.3億円、時価総額は約32.7億円になります。


事業内容は不動産業からの収益が多いようですが、東証は情報通信業と判断したようです。そのため評価が高いと観測されています!


公開規模が小さく「ニッチトップとして成長期待が高い」そうです。APクラウドサービス期待の企業みたいですね。


ただ大手予想はファーストインプレッションから大きく予想値を下げています。上場ラッシュにより判断を見余った感じでしょうか。予想値が高く「あれ?」と思った方も多いはずです。


小難しい説明が出ているようですけど、まとめると小粒案件で情報通信業、さらにPERが低いため初値爆上がりでしょう!といった感じですね。


大手初値予想5,000円~6,000円
修正値3,400円~3,700円
再修正3,500円~4,000円
最終予想3,700円

※注目度B、再修正は2024年3月18日に追記


業績を確認すると2024年12月期の単独予想を確認することができました。売上24.44億円となり前期比18.87%増、経常利益1.90億円となり前期比1,627.27%増を予想しています。


四半期利益は2.63億円となり前期比241.56%増を予想しています。


公開価格が1,800円決定の場合の指標はEPS147.96からPER12.17倍、BPS421.19からPBR4.27倍になります。配当や株主優待の設定は現時点でありません。


予想値は高くなっていますがベンチャーキャピタル(VC)出資分のロックアップが公開価格1.5倍以上で外れます。価格にすると2,700円以上になります。


VC保有株が多いとは言えませんが、初値形成時の出来高が少ない場合はセカンダリーには特に気を付けたほうがよさそうです。


kimukimu

当面の成長性が高いと期待されているようなので大人買いする企業がいれば面白いかもしれません。ただ上場ラッシュに入るため公募組は初値売却が賢明だと思います!



同日上場が4社あるため資金が入らないと上値追いは厳しいかもしれませんね。


幹事名割当株数引受割合
SMBC日興証券(主幹事)283,800株93.57%
SBI証券6,000株1.98%
岡三証券3,000株0.99%
東海東京証券3,000株0.99%
松井証券3,000株0.99%
アイザワ証券1,500株0.49%
極東証券1,500株0.49%
東洋証券1,500株0.49%


上場規模が小さく情報通信業のためある程度注目されそうです。ただ業績が良くありません。


今期業績予想を確認してからブックビルディングスタンスを決めたいと思います。とりあえず資金の準備だけは行っておきましょう。


kimukimu

VC出資価格を考えると想定ベースで1単元あたり9万円くらい利益が出そうなんですけどね



SMBC日興証券で落選したら公開株数的に厳しいと思います。忘れずに申込しておきましょう。


IPOルールは下記記事にまとめています。口座開設から3ヶ月間はブロンズステージなので当選しやすくなります!




また、最近は松井証券で当選する方が多くなった気がしています。IPOに参加している方が少ないのか?と少し疑問です。


資金不要でIPO抽選に参加できるため口座開設しておいたほうがいいと思います。こちらも別記事にIPOルールをまとめています。




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
ティーケーピー(3479)PER9.93倍PBR1.74倍
アズーム(3496)PER30.62倍PBR13.91倍
Rebase(5138)PER22.07倍PBR5.34倍
※2024年3月08日の株価基準

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2020年12月26日~2028年12月25日120,000株189円
2021年12月26日~2029年12月25日45,900株500円
2022年12月19日~2030年12月18日5,000株1,670円
2025年2月01日~2033年1月27日13,500株2,670円


ストックオプション(新株予約権)は170,900株が上場時に行使期限を迎えます。


発行済株式総数1,707,900株に対する新株予約権の割合は10.8%に相当します。新株予約権による潜在株式数は184,400株です。※自己株式数控除後は11.1%


ハッチ・ワーク(148A)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

ハッチ・ワークのIPOは上場規模が小さいため参加すると思います。


黒字化した場合は税務上の繰越欠損金があるため見た目の収益が大きくなるメリットがあります。


ハッチ・ワーク(148A)IPOのまとめ
※ハッチ・ワーク公式サイト引用


今期で24期目になる企業で業績が売上が横ばいと考えると成長性は低そうです。


IPOで高い値段付くとしばらくは右肩下がりの株価になるだけかもしれません。ベンチャーキャピタル(VC)出資も多いことで売り圧力が高そうです。


一旦は上場ゴールと見て良いのかもしれません。IPOに当選したら長居は無用でしょう。


kimukimu

ベンチャーキャピタル(VC)の取得価格は2,570円みたいなのでその辺りまでは期待値としてありそうです!



AGクラウドファンディングの口座開設だけで2,000円分の特典が付きました。※タイアップ込み


投資する必要はありませんがVプリカを貰える既存キャンペーンもたまに行われるため賢く利用しておけばOKだと思います。私も投資している企業です!


詳しい内容は下記記事にまとめています。タイアップ締切期日が近づいているのでよかったら早めにご参加ください。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。