マネックス証券の2017年1月配分結果を調べてみました。
1月はシャノン(3976)IPOだけが行われています。


マネックス証券IPO配分調査
↑クリックで拡大します


マネックス証券の幹事配分(抽選)は5,100株でした。
その全てを個人配分している事が画像から解ると思います。
ついでに主幹事だった東洋証券の幹事配分(抽選)を調べてみると!
115,200株の配分中13,600株が抽選配分となります。
割合は11.8%になります(普通以上に抽選配分してるじゃん!)


この様にマネックス証券は引受けた株数を全て抽選に回すため口座が沢山あれば
他の証券よりも優位になる可能性が高いです。
私は未成年口座も作っているので、皆さんよりも若干確率が高いかもしれません 
⇒ マネックス証券(完全平等抽選)


マネックス証券は現在、1,500名限定で米国株厳選銘柄レポートBOOKをプレゼント
するキャンペーンも行われているので、機会があれば申込んでみましょう。
IPO投資は資金と口座数と強運で手に入れることが可能だと思います 


シャノン(3976)IPO幹事です!! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】