セグエグループ(3968)IPOが新規上場承認されました。
吸収金額が少なく、株数も少ないため人気化しそうです!
さらにIT関係で、ネットワークセキュリティーキーワード出現です 


セグエグループ(3968)IPO新規上場承認


業種:情報・通信業
市場:ジャスダックスタンダード(JQS)
公開予定:12/21
BB期間:12/05~12/09


【事業内容】
当社グループは、当社及び連結子会社4社(ジェイズ・コミュニケーション株式会社、ジェイズ・テレコムシステム株式会社、ジェイシーテクノロジー株式会社、ジェイズ・ソリューション株式会社)により構成されております。当社は、純粋持株会社として連結子会社(事業会社)の管理及び支援を行い、連結子会社においてITシステムにおけるITインフラ及びネットワークセキュリティ製品に係る設計、販売、構築、運用、保守サービスを一貫して提供できる体制を整え、「ITソリューション事業」を展開しております。なお、当社グループは「ITソリューション事業」の単一セグメントですが、販売の内容により「ソリューションプロダクト事業」と「ソリューションサービス事業」に区分しております。

まとめると⇒ ITシステムにおけるITインフラ及びネットワークセキュリティ製品に係る設計、販売、構築、運用、保守サービス



【資金使途】
手取概算額263,240千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限47,817千円と合わせた、手取概算額合計上限311,057千円については、金融機関からの借入金及び社債の返済資金として平成29年12月期に125,000千円を充当し、残額を子会社であるジェイズ・コミュニケーション株式会社への投融資資金に充当する予定であります。ジェイズ・コミュニケーション株式会社では、設備投資資金、自社製品の開発資金に充当する予定であります。具体的には、以下のとおりであります。

 子会社であるジェイズ・コミュニケーション株式会社の設備資金として、平成29年12月期に保守用機器等の購入資金76,000千円、基幹システムに係るソフトウェア構築資金51,000千円を充当
 子会社であるジェイズ・コミュニケーション株式会社の自社製品(セキュリティ製品)の開発資金として、平成29年12月期に34,000千円、平成30年12月期に5,000千円を充当
 子会社であるジェイズ・コミュニケーション株式会社の設備資金として、平成29年12月期に大阪本社移転による敷金や造作・内装工事等の費用15,000千円を充当
なお、上記調達資金につきましては、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定であります。



100株単位
公募株数 180,000株
売出株数 30,000株
合計株数 210,000株(2100枚)   ←かなり少なく初値利益が大きく見込める!


想定価格 1650円 ⇒ 16.5万円必要
仮条件  1600円~1700円に決定しました!
公開価格 12/12に決定予定です


【幹事団】
みずほ証券
SBI証券       ←SBI証券でIPOをはじめる3つのポイントはこれだ
SMBC日興証券
いちよし証券
岡三証券     岡三オンライン証券?
マネックス証券    ←完全平等抽選なので凄く人気
エース証券
岩井コスモ証券    ←後期型IPO申込なので申込忘れ頻発





■ セグエグループIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し31,500株
想定発行価格1650円を基に吸収金額を算出すると約3.5億円となり、オーバーアロット
メントを含めて算出すると約4億円となります。
セグエグループHP⇒ 価値あるITトータルソリューションを展開


セグエグループ(3968)初値予想
↑クリックで拡大します        マネックス証券の完全平等抽選結果は凄かった


若い企業なので、業績動向がつかめませんが、売上・利益共に順調です。
第1期から黒字で推移している事から信頼性が高そうです(連結決算)
元々は平成7年にジェイズ・コミュニケーション株式会社を大阪市淀川区に資本金
1,000万円で設立したとあります。
株式移転によりジェイズ・コミュニケーション株式会社が子会社となったようですが、
意外と企業規模が大きいようです。
直近では売上49.5億円、利益2.2億円、従業員数も137人となっています。


セグエグループの会社設立は2014年12月、東京都中央区新川に本社を構えます。
社長は愛須康之氏(50歳)、株式保有率は37.76%となります。
従業員数は15人で平均年齢は38.46歳、平均勤続年数4.98年、平均年間給与約550
万円となります。連結従業員数は334人で臨時雇用8人となります。


セグエグループ(3968)IPO株主とロックアップ
↑クリックで拡大します       SMBC日興証券のIPO抽選ルール詳細 


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である愛須康之、売出人である有限会社エーディーシー、田中健一郎並びに当社株主である阿萬聖、中村時彦、福田泰福、鈴木正一、千本倖生、日商エレクトロニクス株式会社は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の平成29年3月20日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。



 株ブログ IPO・新規公開株    


ロックアップは90日間(平成29年3月20日)となり、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
ベンチャーキャピタル出資も無いようです!
ストックオプションは存在しますが、問題はないでしょう。
年末押し迫る中で優良株の登場となりますが、今年は何日で打ち止めになるか?
12月23日が祭日なので、あと数銘柄出てくるか?
セグエグループIPOは人気化しそうですね。


セグエグループ(3968)IPO幹事です!! 幹事多数の実績あり
岩井コスモ証券


※岩井コスモ証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】





セグエグループ(3968)初値予想とIPO分析 | 支店に電話しても配分は無い程人気IPOか記事へ