グリーンペプタイド(4594)初値予想とIPO分析記事になります。
直近で一番不人気そうなIPOですが、当選は容易かもしれません!


グリーンペプタイド(4594)初値予想とIPO分析記事


業種:医薬品
市場:東証マザーズ
公開予定:10/22
BB期間:10/05~10/09


100株単位
公募株数 6,500,000株
売出株数 6,052,900株
合計株数 12,552,900株(125,529枚)
※オーバーアロットメントによる売出し1,882,900株(変更なし)


想定価格 610円 ⇒ 6.1万円
仮条件  450円~550円に決定しました!


【幹事団】
みずほ証券
いちよし証券
エース証券
SBI証券    ← SBI証券でIPOが当選する
香川証券
マネックス証券
東海東京証券
藍澤證券





大幅に仮条件が修正されています。
仮条件上限550円で吸収金額を算出し直すと約69億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約79.4億円です。
OA含め約8.6億円規模の縮小ですが、初値はかなり厳しいかもしれないと思っています。
運試しに少し申込みをしたいと思いますが当選してもキャンセルする可能性があります
(個人的に)


グリーンペプタイドIPO当選方法
↑クリックで拡大します   入金不要でIPO参加可能⇒ 岡三オンライン証券 


グリーンペプタイド(4594)取引先が富士フイルム 
↑クリックで拡大します      口座開設だけ特典あり⇒ カブドットコム証券


がん免疫治療薬(ペプチドワクチンの基礎研究)を開発する久留米大学発の創薬
ベンチャー企業になります。
売上構成比は医薬品開発事業が全てとなり、研究開発収益99.3%、製品売上高0.2%、
商品売上高0.5%となるようです(参考トレーダーズ・ウェブ)


【目論見より】
当社は本邦において長くがんペプチドワクチンの研究を行ってきた久留米大学発のベンチャーとして、久留米大学で平成4年に始まる基礎研究と平成10年に始まる臨床研究を終えたがんペプチドワクチン・シーズを、平成15年の当社設立とともに特許の譲渡を受けて承継し、企業治験に用いる治験薬の製剤化検討に始まり、早期臨床試験までを自社単独で行ってきました。リード開発品のがんペプチドワクチンITK-1は、現在実施中である進行性の去勢抵抗性前立腺がん※1※2を対象とする国内第Ⅲ相臨床試験の開始前に富士フイルム株式会社へライセンス・アウトし、現在は同社とともに、当社は同社から本臨床試験の実施を受託し開発協力金を得ながら、本臨床試験を遂行しています。

【技術の特徴】
当社が開発しているがん免疫治療薬は、人間の体が本来持つ免疫機構にがん細胞を攻撃させるがん治療薬で、免疫機構を司る様々な免疫細胞や免疫に関与する物質を活用し、免疫応答(特定のペプチドを攻撃の目印としてがん細胞を攻撃した経験=免疫メモリー)をコントロールすることによって、がん細胞を死滅させたり、がんの再発・転移を防いだり、進行を遅らせたりする効果を有します。外科的に腫瘍を切除する手術とも、放射線でがん細胞を殺傷する放射線療法とも、化学合成物を直接がん細胞に作用させて殺傷する化学療法(いわゆる抗がん剤治療)とも作用メカニズムが異なるため、これらの既存の作用メカニズムによる治療が有効で無くなったがん患者にとって手術・放射線療法・化学療法に次ぐ「第4の治療法」となることが期待されています。






グリーンペプタイド初値予想公開価格前後



【幹事配分】
みずほ証券 11,298,000株
いちよし証券 376,500株
エース証券 251,000株
SBI証券  251,000株
香川証券  125,500株
マネックス証券125,500株
東海東京証券62,700株
藍澤證券  62,700株


【業績等の概要】 平成26年4/1~平成27年3/31
売上高821,625千円(前年同期933,388千円)
助成金収入70,169千円(前年同期43,431千円)
経常損失413,501千円(前年同期経常利益19,144千円)
当期純損失412,435千円(前年同期当期純利益17,485千円)


【類似企業】
テラ(2191)PER-倍
ナノキャリア(4571)PER-倍
シンバイオ製薬(4582)PER-倍
オンコリスバイオファーマ(4588)PER-倍


ロックアップは90日間となり、ロックアップ解除倍率は1.5倍です。
ベンチャーキャピタル株の全てにロックアップは掛かっていないようです。
ストックオプションも存在しており1,349,400株が存在するようですが、既に
行使期限に入っています(H26年9/01~H36年8/31)
また発行価格が100円という事で美味しいですね 
⇒ グリーンペプタイド(4594)IPOが新規上場承認記事へ


   



PERは赤字なので出ませんがEPSは-47.15になります。
BPSは137.51になり、配当や優待はありません。
過去のバイオ銘柄からすると内容は良いと思われますが、郵政IPOによりリスクを
取る可能性は低いのでは?
がん細胞などの話題が出れば反応はよいでしょうが、現状ではやっと公開価格を
超える程度にしかならないでしょうか。
ちなみに決算予想は完全なる赤字見通しとなり期待ができない!?


日本郵政グループIPO幹事です!! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】