シンデン・ハイテックス(3131)IPOが新規上場承認されました。半導体関係なので業績は微妙か?と思いましたが、売上はそこそこ好調のようです。しかも公開株数が少ないので人気化??よくよく見ると利益が大幅に縮小しており分析が必要ですね。公開株数は126,000株とかなり少ないようです。


シンデン・ハイテックス(3131)IPO初値予想


業種:卸売業
市場:ジャスダックS
公開予定:03/25
BB期間:03/10~03/16


【事業内容】
当社グループは、当社、海外子会社6社により構成されており、液晶、半導体、電子機器の仕入及び販売を主たる業務としております。当社は、国内電子機器メーカを主な顧客としております。海外子会社は、それぞれの地域で主に日系企業に販売しております。

まとめると⇒ 液晶、半導体、電子機器の仕入及び販売



【資金使途】
手取概算額233,880千円及び「1 新規発行株式」の(注)3.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限45,743千円については、過去に実施した運転資金を目的として借り入れた金融機関からの借入金の返済のために平成27年9月末までに充当する予定であります。
今後、当社としましては、車載用液晶ディスプレイ関連事業をはじめ、好調な受注状況を背景とした業容拡大に伴う増加運転資金の確保(財務体質の改善)により、安定供給を果たすとともに、拡販を重要戦略としビジネス展開を図って参ります。従来は金融機関からの借り入れにより賄っておりましたが、中長期の視点から更なる将来の事業拡大と強固な財務体質及び経営基盤の確保の観点より、今回の調達資金については、金融機関からの借入金返済に充当することを考えております。



100株単位
公募株数 100,000株
売出株数 26,000株
合計株数 126,000株(1260枚)


想定価格 2640円 ⇒ 26.4万円必要!
仮条件  2640円~2740円に決定


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
SMBCフレンド
SBI証券
岡三証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券    カブドットコム証券
むさし証券
岩井コスモ証券
極東証券
静銀ティーエム証券
ちばぎん証券


         



■シンデン・ハイテックスのポイント
オーバーアロットメントによる売出18,900株
想定発行価格2640円を基に吸収金額を算出すると約3.3億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約3.8億円となります。
シンデン・ハイテックスHP⇒ プロの目で見極めた世界最先端のソリューションを提案


シンデン・ハイテックス(3131)評判
↑クリックで拡大します     ボチボチ幹事に入ります⇒ むさし証券


売上はそこそこあります。
利益は第20期が大幅に減っていますね。経常利益が・・・どうした?(残り3か月あり)
正直なところシンデン・ハイテックスIPOは吸収規模が小さいだけのIPOじゃね?
借入金の返済に今回の資金を使うようなのでイメージも悪いですね。
3月25日IPOは3社あります。しかもここ数年でこんなに3月に集中するのも珍しいくらいの
承認数です。ブックビルディングが始まると忙しそうですね 


会社設立は1995年6月となり、東京都中央区入船に本社があります。
社長は城下保氏で、70歳になられます。
株式保有率は8.5%と低くベンチャーキャピタルも多いようです。
筆頭株主の貝塚進氏とは誰なんだ・・・・ 他にもやってるみたいですね。


従業員数は114人となり、平均年齢は47.7歳と意外と高齢です。
平均勤続年数は7.6年となり平均年間給与は約600万円となります。
卸売業ですが、意外に高いお給与ですね・・・・


ロックアップ株主状況 シンデン・ハイテックス(3131)
↑クリックで拡大します


【ロックアップ】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、売出人である貝塚進、ケーエス興産有限会社、佐々木守、貸株人である城下保、当社株主である河合優、齋藤敏積、鈴木淳、城谷弘太郎、有限会社ポーソン、藤田豊彦、三好明吉、田村祥、富澤彰、高岡史郎、赤澤耕治、飯沼康宏、金子誠、西本順一、佐藤登志彦、近藤修身、芝吹篤、若島勝義、木村将悟、黄善泰、高橋信治、尾中清史、内藤義之、河光燁、リム キー スー、ジョン サン ランは、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成27年9月20日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。
 当社株主であるNIFSMBC-V2006S3投資事業有限責任組合、ジャフコV2共有投資事業有限責任組合、エスディーエス投資事業組合、GR-SH投資事業組合、NIFSMBC-V2006S1投資事業有限責任組合、ひまわりグロース1号投資事業有限責任組合、三菱UFJキャピタル2号投資事業有限責任組合、静岡キャピタル4号投資事業有限責任組合、りそなキャピタル株式会社、ジャフコV2-W投資事業有限責任組合、横浜キャピタル株式会社、ジャフコV2-R投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の平成27年6月22日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出における売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束しております。



ロックアップは90日間と180日間となり、ロックアップ解除は1.5倍です。
配当は11.66%の配当性向となっています。
ストックオプション制度を採用企業となっています。
吸収金額が少ないのでIPOには参加すると思いますが、積極的にはなぜかなりません。
幹事も無駄に多いようです。


シンデン・ハイテックスIPO主幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 2014年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【東海東京証券】 




シンデン・ハイテックス(3131)仮条件記事へ
シンデン・ハイテックス(3131)初値予想とIPO分析 【参加者は限られて面白うそうなIPO?】 公開価格やや上の初値?記事へ