ティビィシィ・スキヤツト(3974)は上場2日目に初値が付きました。
初値4,500円の大健闘ですが、やはりストップ安です。
後付けにはなりますが、事業内容に対して初値が高すぎでしょう。


ティビィシィ・スキヤツト(3974)初値結果


初値 4,500円
高値 4,670円
安値 3,800円
引け 3,800円(ストップ安)
公開価格は1,400円でした!


【モーニングスター社】
上場2日目のティビィシィ・スキヤツト(TBCSCA)<3974.T>が公開価格1400円の3.2倍に相当する4500円(17年10月期予想PER43.2倍)で初値を付けた。
美容サロン向けICT(情報通信技術)事業が主力。27日の新規上場銘柄で、上場初日は買い注文が殺到して売買が成立せず。気配値のまま取引を終えていた。年内最後の新規上場案件として短期資金が集中しやすかった上、市場からの吸収金額も3.5億円しかなく軽量感があった。公開株式数は25万株

 


即金規制が解かれる明日は買い先行になるのでしょうか?
空売り規制も出ているので大きく下げるような事はないでしょうが、株取引をしている
人も少なく、買い需要はどの程度発生するのか・・・
個人的には2017年第1号IPOはセカンダリーに期待か?
⇒ シャノン(3976)IPO新規上場承認 | 東洋証券が主幹事


シャノン(3976)IPOの主幹事引受決定!! 超が付くほど穴場証券でしょう
⇒ 東洋証券公式HPへ


--------------------------------------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】