シンデン・ハイテックス(3131)初値予想とIPO分析記事になります。
少し難しいIPOですが、需給の問題で公開価格を超えてくると思われますが、大幅な減益
見込みとなります。


シンデン・ハイテックス(3131)初値予想とIPO分析記事


業種:卸売業
市場:ジャスダックS
公開予定:03/25
BB期間:03/10~03/16


100株単位
公募株数 100,000株
売出株数 26,000株
合計株数 126,000株(1260枚)
オーバーアロットメントによる売出18,900株


想定価格 2640円 ⇒ 26.4万円必要!
仮条件  2640円~2740円に決定しました


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
SMBCフレンド
SBI証券
岡三証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券    au カブコム証券
むさし証券
岩井コスモ証券
極東証券
静銀ティーエム証券
ちばぎん証券


               




電子部品商社(半導体関係)のIPOにも関わらず仮条件が上げられました。
ただ吸収金額が少ない以外に良いところは無いように思えます。
また資金使途が金融機関からの借入金返済という事で、かなりイメージは悪いですね。
吸収金額は約3.45億円となり、オーバーアロットメントを含めて約3.97億円となります。


シンデン・ハイテックス初値予想 IPO
↑クリックで拡大します    IPO口座開設で書籍貰えます⇒ 岡三オンライン証券


シンデン・ハイテックス販売先 IPO評判
↑クリックで拡大します  トラリピFXで楽天スーパーポイント最大95,000ポイント分!


電子部品商社との位置づけ企業です。
韓国からの仕入れが多く国内大手電機メーカーに商品を販売しています。
自動車業界の好調を受け車載用機器向けやスマートフォンなど情報端末向けの電子部品
が好調でしたが、今まで好調であったデジタルカメラや映像関連機器向けの低迷により全体
としては回復感に欠けているようです。


【トレーダーズ・ウェブ】
2014年3月期の売上高構成比は、販売拠点別では日本88.8%、海外11.2%。販売地域別では日本45.1%、アジア48.1%、その他の地域6.9%。主な販売先はパナソニックグループ28.3%(パナソニック・オートモーティブシステムズ大連11.7%)、富士通グループ15.4%。有利子負債依存度35.1%。





シンデン・ハイテックス初値予想3000円



【幹事配分】
SMBC日興証券107,500株
SMBCフレンド2,500株
SBI証券 2,500株
岡三証券 2,500株
三菱UFJMS証券2,500株
むさし証券 2,500株
岩井コスモ証券1,800株
極東証券   1,800株
静銀ティーエム証券1,200株
ちばぎん証券 1,200株
※au カブコム証券委託取扱あり


【業績等の概要】
売上高は383億93百万円(前年同期比20.9%増)
営業利益は8億2百万円(前年同期比125.8%増)
経常利益は7億44百万円(前年同期比127.9%増)
当期純利益は4億22百万円(前年同期比134.3%増)


【類似企業】
栄電子(7567)PER9.61倍
エクセル(7591)PER-倍
ソレキア(9867)PER16.09倍


ブログ村IPOカテゴリー⇒  


ロックアップは90日間、180日間と分かれておりロックアップ解除は1.5倍となります。
ストックオプションの行使可能期限に入っていますが、問題ない数字です。
株主構成ではベンチャーキャピタル保有が多くあり、ロックアップが外れると心配な企業です。
液晶や半導体などの電子部品販売を行う企業で黒字推移ですが、事業的に伸びるとも
思えないのですね。
ただ配当が70円出るので、仮条件上限2740円で2.55%となり妥当か?
PERは11.5倍となり上値余地は無いと思われます。
上場発行時株式では約25.6億円規模の企業となり小粒ではあります。


シンデン・ハイテックスIPO主幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 2014年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【東海東京証券】 



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!