SBI証券のIPOチャレンジポイントって結局どうなの?


SBI証券


SBI証券でIPOの当選をするには厳しい面があります。
ただ主幹事をする場合は100%参加が望ましいです 
分かり切っていますが、主幹事になると引受株数の8割程度を通常引き受けます。
となると申込まない訳にはいきません!


しかし平幹事で当選するには口座数が多いために非常に厳しいと思います。
それでも当選をする方は億単位の資金があると言ってよいと思います。
そうなると申込んでも無駄だと思われがちですが、そうでもありません。
⇒ SBI証券のIPOポイント参考


SBI証券ではIPOに落選するたびにIPOチャレンジポイントというポイントが
貰えます。このポイントを貯めておくことでIPO当選の確率が高くなります。
ばらまき銘柄の時は数十ポイントあれば当選は可能だと個人的に思います。
100万円抜きだと予想される銘柄は250ポイント~300ポイントくらいは必要だと
思います。


簡単に言いますと落選のたびにポイントが増える仕組みなんですが、このポイントも
銘柄ごとの駆け引きがあります。
150ポイントあたりになると微妙な銘柄で使えばそこそこ当選出来ると思います♪
ただ読者様の報告によると数十ポイントでも利益が出そうな銘柄を引き当てて
いるのでどのようにして当落が決まるのか微妙でもあるんですよね!


一つ言える事はコツコツとIPOチャレンジポイントを集めているとそのうち期待が
出来る銘柄に当選する可能性がかなり高まります。
大体1ポイントで1500円程度の価値があるとされています。
落選のたびに1500円が加算されると考えれば気が楽ですよね!!
銘柄によっては1ポイント3000円などもあると思いますが、ポイントの駆け引きも
楽しむと面白いと思います。

結局SBI証券ではすべてのIPOに申込むべし!に尽きると思います 


インベスターズクラウドIPO主幹事のSBI証券!! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】