ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)IPOの初値予想考察記事になります。


ジャパンインベストメントアドバイザー 初値予想考察記事


業種:証券・商品先物業
市場:東証マザーズ
公開予定:09/11
BB期間:08/26~09/01


【事業内容】
当社グループは、オペレーティング・リース事業を中心に、その他事業(M&Aアドバイザリー事業等)をあわせ金融ソリューション事業を展開しております。当社は、オペレーティング・リース商品を中心とした事業投資商品の企画・開発を行い、JLPSは、第二種金融商品取引業登録業者として、同商品の組成、販売、運営管理並びに出口の各業務を行っておりますが、当該事業において両者は一体となって事業を展開しております。調達した資金により、主として航空機やコンテナを取得し、オペレーティング・リースにより賃貸を行う。投資家が当該事業の損益を投資家自身の決算に取り込むことで、資金を効率的に活用することが出来る。また、リース物件売却によるキャピタルゲインも享受できる。

まとめると⇒ オペレーション・リースを始めとした金融ソリューション事業


【資金使途】
当社グループはオペレーティング・リース事業、M&Aアドバイザリー事業、太陽光発電事業に投資するプライベート・エクイティファンドの組成などの金融ソリューション事業を行っております。
今後は更なる金融ソリューション事業の拡大・展開を予定しておりますが、現時点では収益の多くをオペレーティング・リース事業が占めております。上記手取概算額262,688千円及び「1 新規発行株式」(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限130,208千円については今期中に、オペレーティング・リース事業において案件ごとに設立するSPCの匿名組合出資金を投資家に地位譲渡するまでに一時的に立替取得するための資金として全額充当する予定であります。 



100株単位
公募株数 120,000株
売出株数 262,500株
合計株数 382,500株(3825枚)


想定価格 2470円 ⇒ 24.7万円必要!
仮条件  2350円~2550円


【幹事団】
SBI証券(主幹事)
大和証券
岡三証券
ひろぎんウツミ屋証券
ちばぎん証券
むさし証券 ←これで5社目


       




ジャパンインベストメントアドバイザーの仮条件が上げられました。
IPO空白期間後の承認なので想定内でしょう。地合いも改善しており初値の期待度も
かなり高いのではないでしょうか。
初値高騰が予想されるマザーズ案件なだけに気合を入れる方も多いはずです。
吸収金額は仮条件上限の2550円算出で約11.2億円となっいます(OA込み)


ジャパンインベストメントアドバイザー初値予想5000円 
↑クリックで拡大します


ペレーティング・リース事業を中心に、その他事業(M&Aアドバイザリー事業等)をあわせて
金融ソリューション事業を展開している企業です。プライベート・エクイティ投資事業、不動産
投資事業等。
いまいち実態がつかみにくい企業ですが、どうやら完全類似と言える企業は無いよう
なのでIPO的にはgoodですね。日本ビューティー以降の上場がなくJIAに資金が集まる
可能性もあります。


ジャパンインベストメントアドバイザー初値予想5000円


某社の初値予想はもう少し上みたいですが、現状では5000円を予想します。
直前になりもう少し上がると思いますけど 
業績もよく高い成長率を維持しているので今後も期待は高いと思います。
類似企業ではFPG(7148)が挙げられると思いますが、確かニュースで類似企業と
流れた後に上げましたのでオペリース事業が人気かも?





【目論見書より】
具体的には、子会社であるJLPSが航空機及びコンテナのオペレーティング・リース事業の拡大につとめ、当連結会計年度においては8件の案件を組成・販売を完了しております。
 販売面では、全国の地方銀行、証券会社、会計事務所、コンサルティング会社等と新規にビジネスマッチング契約を締結することにより、特に地方の投資家と多くの接点を持つことができ、盤石な販路の拡大に努めました。
 一方で、太陽光発電事業施設を対象としたファンドの準備など新規事業の取組みも当連結会計年度から開始しております。また、当社では保険会社のM&A案件を、売り手のアドバイザーとして仲介したことによる成功報酬あり 



【幹事配分】
SBI証券   305,900株
大和証券   38,300株
岡三証券   19,100株
ひろぎんウツミ屋証券7,700株
ちばぎん証券 7,700株
むさし証券  3,800株


【業績等の概要】
売上高520百万円
経常利益266百万円
当期純利益176百万円


【類似企業】
FPG(7148)PER17.81倍
芙蓉総合リース(8424)PER9.08倍
 


ジャパンインベストメントアドバイザーのEPS136.52を元にPERを算出すると約18.7倍と
なり、妥当価格となりそうです。
ただし高い成長率などがポジティブに捉えられると思いますので、初値は2倍を視野に?
配当は出ないみたいです。
参考⇒ ロックアップについては承認記事へ


気を付けておきたいのはベンチャーキャピタルからの出資がありロックアップがかかっていない
点にあります。さほど大きくはありませんが気になるところです。
ストックオプションについては上場直後に行使可能残はなさそうです。
色々と書いていますが、久々のIPOになるので是非当選したのが本音です。
公募割れ銘柄はもうつかみたくないです(笑)


ジャパンインベストメントアドバイザー主幹事のSBI証券 ネット証券で引受け最多
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 2012年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【エイチ・エス証券】
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】