シェアリングテクノロジー(3989)の幹事配分が解りました。
仮条件は7月14日に1,560円~1,600円に決定しています!


シェアリングテクノロジー(3989)IPO新規上場承認



【幹事団引受株数】
大和証券 1,080,000株
SBI証券36,000株     ←SBI証券でIPOをはじめる3つのポイントはこれだ!
香川証券 36,000株
いちよし証券18,000株
みずほ証券12,000株
SMBC日興証券12,000株  ←口座があるとIPOの他にもPOの抽選に参加可能
マネックス証券6,000株    ←IPO配分が完全平等抽選だった



ネット配分を考えると、主幹事大和証券以外の当選はないでしょうね。
運気がそうとう良くても厳しいと思います。
とはいえ、誰かに毎回当選するので申込だけはしておきましょう!


大和証券の引受は90%になります(オーバーアロットメント180,000株は除いて)
ネット抽選配分は15%になると思われるため、162,000株は最低でも抽選に回るはずです。
ということは1,620人に配分される可能性があるわけです。


口座毎の完全抽選を行うマネックス証券では60人なので今回は厳しいでしょうね。
意外と香川証券に口座がある方は裁量配分も狙えるのではないでしょうか?
また初値予想は上限3,600円程度にると考えられていますが、公開価格が2.3倍(3,680円)
くらいなら当日の初値形成になります。


    


なかなか当選のチャンスはありませんが、シェアリングテクノロジーIPOは当選確率が
高いと思うので申込を面倒でも行っておきましょう。
運よく当選して利益が出るかもしれませんからね~
大和証券は大和カードが使えるので入金も即時に可能です。ネット送金も出来ますが
時間帯により間に合わない事もあります(過去の経験から)


申込時に買付金があれば出金しても構いませんが、抽選時までに資金が必要になると
思います。お金をぐるぐると回転させている方はご注意ください 


世界の事業者に高利回り投資が可能なんです! 1万円から投資可能
⇒クラウドクレジット公式サイトへ


※ クラウドクレジット評判 | 実際に投資をしてみる価値はあるのか?





① Wealthnavi(ウェルスナビ)評判と運用実績まとめ! 【新しい投資先の発見】
② クラウドバンク評判と運用利率が平均5.2%の真相。 【デメリットは無いのか?】