CYBERDYNE(7779)IPOの初値予想考察記事になります。
リプロセルの再来とも噂されておりとても欲しい銘柄です!!!


業種:精密機器
市場:マザーズ
公開予定:03/26
BB期間:03/10~03/14


【事業内容】
当社は、山海嘉之が創出したサイバニクスを駆使して、社会が直面する様々な課題を解決するため、革新技術(イノベーション技術)の創出と基礎的研究開発から社会実装までを一貫した事業スキームとして事業展開することで、イノベーション創出と新産業創出による市場開拓を上向きにスパイラルを描くように同時展開する未来開拓型大学発ベンチャー企業。当社グループは当社及び連結子会社2社(鈴鹿ロボケアセンター株式会社、Cyberdyne Care RoboticsGmbH)、非連結子会社7社で構成されており、主にロボットスーツHALの製造及びレンタル販売、ロボットスーツHALを利用した機能改善・機能再生治療の提供、トレーニングサービスの提供を行っている。

まとめると⇒ 医療・介護福祉・生活支援分野等で活用されるロボットスーツの研究開発・製造・販売及び製品を利用したサービスの提供


【資金使途】
上記の手取概算額3,012,948千円及び「1 新規発行株式」の(注)3に記載の第三者割当増資の手取概算額上限752,988千円については、平成30年3月期末迄に研究開発費960,000千円、平成29年3月期末迄に棚卸資産及びレンタル用資産としての当社製品ロボットスーツHALの保有増895,936千円、平成28年3月期末迄に販売促進用等のロボットスーツHALの保有増665,000千円を含む固定資産の取得資金980,000千円、平成28年3月期末迄に海外展開における初期費用としての子会社への投融資資金930,000千円各々充当する予定。


100株単位
公募株数 1,222,000株
売出株数 895,700株
合計枚数 2,117,700株(21177枚)


想定価格 2700円 ⇒ 27万円必要!
仮条件 2700円~3700円


【幹事団】
SMBC日興証券(主幹事)
野村證券
大和証券
SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
岡三証券
マネックス証券


       
------------------------------------------------------------


CYBERDYNEの仮条件は2700円~3700円とかなりの値幅があります。
3700円に決定すると思われますが、予想外の上限でビックリですね!
37%も想定価格から上げてくるとは・・・
さらに吸収金額はOAを含めて約65.4億円から約89.6億円と大幅にUPしました。


CYBERDYNE IPO初値予想
↑クリックで拡大します

サイバーダイン初値予想記事
↑クリックで拡大します


主力製品はロボットスーツHALになります。
人支援ロボットにあたる「HAL」は医療介護ロボット活用として著しい成長分野
と位置づけられており、国家成長戦略上の重点分野となっています。
最先端の医療機器や介護ロボットの社会実装に向けて、更なる研究開発や規制緩和等
の検討が行われている中で有力なロボットスーツとされています。

全国各地にある福祉施設や病院などにすでに導入されており、
平成25年3月末時点では、157施設で運用され361台が稼働しています。
すでに実用化される点が評価できますし、工場や災害現場での作業員向け支援
ロボットなども開発中となっています。


CYBERDYNE初値予想10,000円


サイバーダインIPO


14年3月期は赤字計上ということですが、赤字云々よりも「期待」されている
企業と言う位置づけでしょうか。
見て解る装置ですし、インパクトあるビジネスなのでIPO的に良い印象を与えて
います。上場段階で利益が出ていれば文句無しだったかもしれませんね。
関係銘柄である菊池製作所(3444)、ヒーハイスト(6433)、メディ一光(3353)
ハーモニック(6324)なども既に大きく動いており市場を賑わせています。


【幹事配分】
SMBC日興証券 1,800,100株
野村證券   84,700株
大和証券   84,700株
SBI証券    42,300株
みずほ証券  42,300株
いちよし証券  21,200株
岡三証券    21,200株
マネックス証券21,200株


【業績等の概要】
売上高は286,457千円(前年同期は341,216千円)を計上しましたが、売上総利益率は売上高に占めるレンタル売上の割合の増加により、前期の57.5%から当期は61.2%へと3.7%上昇しております。販売費及び一般管理費については固定費等の削減により前期の1,061,115千円から1,031,072千円となりました(前期比で30,043千円の減少)。一方で、営業外収益は助成金収入や受託研究事業収入を中心に407,426千円(前期比で99,799千円の増加)計上し、営業外費用は助成金に対する固定資産圧縮損(107,438千円)を中心に117,447千円(前期比で86,822千円の増加)を計上しました。この結果として経常損失は565,820千円(前年同期は経常損失588,021千円)となり、前期比で22,200千円改善しております。特別損益の部で特別損失として1,169千円を計上し、結果として当期純損失は573,326千円(前年同期は当期純損失590,184千円)、前期比で16,858千円の改善となっております  


【類似企業】
菊池製作所(3444)PER193.85倍  マッスルスーツで天に昇ってます


株主情報としてロックアップは90日と180日で1.5倍解除となります。
詳細⇒ CYBERDYNE(7779)IPOが新規上場承認!(サイバーダイン) 【介護ロボットスーツを手掛ける有力ベンチャーなのだ】
PERは赤字のため出ませんが類似企業である菊池製作所はマッスルスーツ
商品化でとんでもない事になった後だけに初値は相当ぶっ飛んだものに
なると個人的に思います。
この記事では10,000円と書きましたがそれ以上が見込まれると思います。


2004年に筑波大学教授の山海嘉之によって設立されたサイバーダイン
ですが、テレビなどのメディアにも取り上げられておりご存じの方も多い事
でしょうか。サイボーグ型ロボットなどと言われています。
色々と書いてはいますが、サイバーダインIPOに当選するとガッツリ利益
でると思いますのでIPO当選を楽しみに待ちましょう。
利益が出たら家族で豪華なお食事でもいかがでしょうか!!!

そのくらい気楽に参加すると楽しいですよ~
でも当選できないと損もしていないのに凹むんですよね。。。


CYBERDYNE主幹事!! 私はネットだけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2013年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 2012年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【エイチ・エス証券】








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事