Sansan(サンサン)IPOの抽選結果が出ました。自分の当落状況を確認しネットでも見てみたところ、やはり補欠当選が圧倒的に多いと感じました。当選された方もいらっしゃいますが、何となくソフトバンク上場時に似ているように感じます。


まさかとは思いますが、補欠申し込みで資金拘束の流れか?絶対的に買わせるパターン?そんなことはないと思いますが、私は結局当選を頂いていません。


Sansan(サンサン)抽選結果


最後まで悩みましたが、野村證券で当選できると考えて他の証券会社では申し込み積極的に行っていませんでした。SMBC日興証券では申し込み番号が恐ろしいくらい少ないことを自分で確認したためでもあります。


悩んだ末、100株は欲しいと思い多少申し込むも補欠しかありませんでした。


SMBC日興証券サンサンIPO当選


6月06日の夜に申し込んだと思いますが5,700番台でした幹事としての引受けが375,500株なのでネットに回る最低株数は375枚です。今考えると当選確率はそんなに高くありませんが、ビビッてしまい申し込みをキャンセルしました。


これが仇となり当選できていないように思います。マネックス証券は未成年口座も利用して申し込みを行っているので抽選発表の6月10日に期待しています。


この他SBI証券でも補欠当選となっています。


Sansan(サンサン)IPO抽選結果補欠当選


なんだか運気があるのか?ないのか?わかりませんが微妙ですよね。公開価格は4,500円に決定しているためブックビルディングは積み上がっています。


機関投資家の情報では意外に参加スタンスは良いそうなので、海外配分次第では利益がでるのかもしれません。結局安定した収益期待とVCの出口戦略となっているあたりで参加者も悩んでいるようです。


同社の収益構造が法人向けサービスになるため、個人投資家のスタンスはあまりよくないと言った情報もあります。某掲示板などでもあまり個人投資家の意見は良くないみたいですが、上場するまで結局はわかりません。


いくつかレポートを見ましたが、黒字化はそれほど難しいことではなく結局は地合いの影響が大きいようです。全体的に悪くないような感じですが、地合いが良くて5,000円目途の初値になる可能性が高いようです。色々な指標を含めるともう少し評価されそうですがどうなんでしょうね。


補欠申し込みをしたいと考えていますが、すべての補欠に申し込むようなことはなく100株参加できれば気持ち的には良いと考えています。シェア率は高く事業期待はありますが、VCの餌食になる可能性も高く悩み満載のIPOとなっています。


最新の初値予想は公開価格4,500円~5,000円となっています。地合いが少し回復基調にありますが、上場日まで気が抜けない状況は続きます。今回は昨年のメルカリやラクスル、MTGとは違い個人投資家のスタンスはやや低いようです。


絶対に儲かる!利益が出る!とは言えない状況にあるため、IPOに当選され購入される方はリスク面にも自己管理を行っておきましょう。個人的には100株参加できれば十分だと感じています。


あさくま(7678)取扱い期待の岡三オンライン証券! 【前受け金不要でIPO参加可能】
⇒ 岡三オンライン証券公式サイト



※岡三オンライン証券のIPO抽選ルール【前受け金不要でも当選できる】






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事