WACUL(ワカル)IPOの初値予想と幹事割当数などを今回も自己評価したいと思います。上場前の抽選参加スタンスや業績予想などについても調べています。


ワカルはVCが筆頭株主になるためどこまで初値がつり上がるの?と考えています。ただ上場規模が想定で約7.2億円しかないため初値2.5倍~3倍くらいはクリアーしてくる可能性があると思います。


大手予想もそのように考えているようですね!


WACUL(ワカル)IPOの上場評価と初値予想


項目株数データ
想定価格900円
仮条件1月29日
公開価格2月09日
公募株数100,000株
売出株数598,600株
公開株数(合計)698,600株
オーバーアロットメント104,700株
幹事団みずほ証券(主幹事)
SMBC日興証券
SBI証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
いちよし証券
マネックス証券
委託見込DMM.com証券
PayPay証券
auカブコム証券


主力事業はAI(人工知能)アナリストを用いたデジタル・マーケティング・ツールをSaaS形式で提供している企業です。Googleアナリティクスから得られる情報を集積し、改善の提案や様々な測定を行うことができます。


自動でwebサイトを分析しわかりやすい言葉で改善提案をしてくれるツールになります。企業の生産性向上と収益向上に資する課題解決ソリューションの提供を主に行います。


AIアナリストをシリーズ化させ複合化したサービスも行っています。業績面の心配をしていましたが2022年2月期(来期)業績が発表されており、その驚異的な数字に驚いています。


これまでの赤字を忘れさせるような絶好調になるそうです。今期と比較して当期利益が4.9倍以上になるそうなのでVC案件でも利益期待ができそうです。


株数がオーバアロットメントを含め80万株を超えていることから通常案件よりも当選しやすいと思います。この規模であれば店頭組は裁量配分が期待できそうですね。ネット派は相変わらず運による当選期待なので申込を忘れないようにしましょう!


ジョイントアルファに口座開設するとAmazonギフト券貰えるぞ!東証1部上場の穴吹興産(8928)が直接運営しています。




WACUL(ワカル)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。非常に参考になる数値なので、投資家のブックビルディングスタンスにも影響を与えると考えています。


IPO初値予想


最新の初値予想は下記のようになっています!VC案件でこの予想値は凄いですよね。


大手初値予想3,000円~5,000円
※注目度A


筆頭株主のジャフコSV4共有投資事業有限責任組合は売出し株を差し引いても200万株以上を保有しています。ロックアップは90日間でロックアップ解除倍率は1.5倍となっています。


売り圧力を考えると少し怖いと思いますが、ロックアップを軽く超えた初値となるようです。ジャフコグループ(8595)はVC事業が専門のため一度に大量の株式を売ることはないと思いますが、発行価格の1.5倍を超えていれば警戒しておくべきでしょう。


もっと詳しく知りたい
WACUL(ワカル)の詳細情報を知りたい方は下記記事にまとめているので参考にしてください。仮条件発表後には追記する形で最新の初値予想も記載しています。
【上場】WACUL(4173)IPOの初値予想!爆上げ期待が凄すぎる

Twitterでも情報発信しているのでよかったら参考にしてください。Twitterは投資材料の宝庫なので上手に使いましょう。


よろしければフォローしていただく事で情報共有ができるようになります。フォロワーが多くなり嬉しく思っています!


WACUL(ワカル)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はみずほ証券が単独で引受けます。2月上場ではみずほ証券が3社も引き受けており頑張っているようです。


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)559,000株80.02%
SMBC日興証券38,000株5.44%
SBI証券38,000株5.44%
大和証券18,300株2.62%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券18,300株2.62%
楽天証券13,000株1.86%
いちよし証券7,000株1.00%
マネックス証券7,000株1.00%


引受幹事からネット証券からの当選は厳しそうです。それでも申し込みを行っておきたいと思います!


マネックス証券は完全平等抽選を行っているためIPO抽選に参加するのであれば口座開設を行っておきましょう。詳しくは下記記事にまとめています。




この他にもSMBC日興証券からの申込みを徹底しておきたいと思います。マネックス証券も同じですが銘柄ごとに資金拘束になります。ブックビルディングが重なると当選しやすくなるため3月IPOのために準備しておきましょう。


マネックス証券だと未成年口座も利用できますからね。対面型の証券会社だと身近な支店に証券口座を親が開設していないといけない場合が多いようです。証券会社ごとにルールが異なります。




WACUL(ワカル)IPOの業績予想と抽選参加スタンス

最新業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。人気が見込めれば積極的に参加しIPOで利益を狙いたいと思います!


初値予想からも人気が高いことが伺えるため殆どの方が全力で申込を行ってくると考えられます。自分にできることを行っておきましょう。


業績予想とBBスタンス考察


業績を確認すると2021年2月期の予想値が出ています。確認すると売上7.08億円で前期4.85億円から46.0%増、経常利益は4,700万円で前期-1.41億円からの黒字になります。四半期利益は3,800万円で前期-1.42億円から完全黒字になります。


さらに2022年2月期の売上は10.52億円で経常利益が2.28億円となっています。なんと経常利益が2021年1月期比較で4.85倍にもなります。四半期利益も4.92倍になるそうです。


業績から感じることは初値3倍以上の確立が高いと感じることです。公募組は大きな利益を上げることができそうです。


ただPERを計算してみると157.89倍にもなります。実は超割高なのかもしれません!しかし、来期のEPSだと33.11倍になるため買われる方向で考えておいて良さそうです。業績の下方修正が出れば暴落になるでしょう。


SaaSと考えると赤字でも買われる傾向にあるため、悲観的になることはなく将来性を見込んで積極的に買う投資家が多いのではないでしょうか?想定ベースの時価総額は62億円となっています。


アピリッツ(4174)の初値予想にも驚きましたが、WACUL(4173)もすごく初値が高くなりそうです!!どちらかに当選すれば2021年の投資で余裕が出るはずです。利益が出ていると攻めることができますからね。当選を目指してがんばりましょう。


PayPay証券の口座開設準備はできていますか?みずほ証券主幹事の場合に単元未満株でIPOの配分が行われる予定になっています。スタートダッシュで当選を狙いたい方は口座を開設しておいたほうがよいでしょう。


我が家は妻が忙しく過ごしているため口座開設してくれません。未だにネオモバも口座開設してくれませんからね。IPOルールなどを下記記事にまとめいるのでよかったら参考にしてください!


上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!