VALUENEX(4422)の補欠当選後に購入申し込みを行っていました。その結果が出ていましたが、予想した通りになりました。最近の当選連発により勝手な期待から、まさかの繰り上げ当選となる期待を想定していましたが撃沈となります。当選後にキャンセルや申し込み忘れをする方はいませんよね。


SBI証券補欠当選VALUENEX


市場が壊滅的な状態にありますが、直近IPO(初値)だけは強いようです。数か月前に上場をした銘柄もダメダメのようです。こんな時は何をやってもうまくいかないため、じっとしていましょう。保有株もどんどん含み損が増えていますが、買い増しをしたいと考えています。


もっと下げても構いませんが、マザーズ指数を確認してみると異常値にあり、そろそろ退場者が出てくるのかもしれません。IPO投資を専業にしている方は損失と無縁だと思いますが、間が空くと余計なことをしてしまいますよね。


マザーズ指数が壊滅2018年


画像はSBI証券のマザーズ指数2年チャートになります。ボリンジャーバンドを組み合わせていますが、-3σまで到達しました。このまま下げが続くのか止まるのかはわかりませんが、一旦足踏みしてもよいころです。NYダウ平均はまだ下げてもおかしくありませんが、中間選挙を見据えたものであれば、下げ止まりもそろそろでしょう。


ここからさらに大きく下げるようであれば、売りが売りを呼ぶ展開に突入すると思います。それも楽しみですが、含み損が拡大してしまいます。


余力はかなりあるためタイミングを見計らって買いたいと思いますが、新興市場は戻りが鈍いので考えものです。だからと言って東証1部も銘柄次第なので成行きに任せたいと思います。


マザーズ指数がもう一段下げてくれば2年ぶりに安値を更新します。指数組み入れにメルカリ(4385)入りましたが、現在の株価は2,834円まで下落しています。公開価格3,000円を割り込みました。ちなみに初値は5,000円なのでもうすぐ半値になります。株主総会も凄かったようです。


IPO投資家は初値売却の方が多かったと思いますので、痛手を負うことはないでしょうか。


霞ヶ関キャピタル(3498)は期待できる銘柄なのか?

霞ヶ関キャピタルが上場承認され初値期待観測がでています。しかし、このまま暴落が続けば予想した利益には届かないでしょう。投資を長年行っている方は、余裕を持って対応されていると思いますが、最近投資を始めた方は絶望に近いものを感じているのではないでしょうか。


日経平均がさらに下落し、20,000円を割り込んでくるとソフトバンク上場にも影響が大きいように思います。個人的には現在のところ楽観視しています。日本郵政上場時も承認された時の地合いが悪く、上場する前に改善したように記憶しています。


今回もその流れだと勝手に考えています。投資を長く続けていると経験値が増え動揺することは減ったと感じます。ただ、いつ暴落が来てもいいように準備だけはしておきましょう!


また余談ですが、コインチェックにビットコイン以外の取引が可能なのか聞いてみたらNGと返答がありました。ザイフはフィスコへ事業譲渡されますが、取引や入金は可能と言うことです。そろそろ仮想通貨が動くと考えているので5万円~10万円くらい買い増ししたいと考えています。


新しくビットバンクに口座を開設しましたが、板取引による取引手数料が無料なのでこれから仮想通貨取引に興味があればよいと思います。リップルの現物取引ができる企業は少ないんですよね。


リップルの現物取引が可能なビットバンクが熱い! 【取引手数料が全ペアで無料】
⇒ ビットバンク公式へ