ダイキアクシス(4245)IPO初値予想考察記事です。


業種:化学
市場:東証2部
公開予定:12/19
BB期間:12/02~12/06


【事業内容】
当社グループは株式会社ダイキアクシス(当社)、連結子会社11社(国内8社、海外3社)により構成されており、環境機器関連事業、住宅機器関連事業及びその他事業を行っております。

まとめると⇒ 浄化槽をはじめとする各種水処理設備の製造・施工・販売及び維持管理及び住宅関連商材の販売等


【資金使途】
手取概算額537,000千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算金上限115,920千円については、全額を地下水飲料化事業における設備投資資金に充当する予定であります。顧客企業への地下水飲料化プラントの設置に係る設備投資に、平成25年12月期に330,000千円(設備投資の資金支払いのために調達した短期借入金を含む)、平成26年12月期に322,920千円を充当する予定


100株単位
公募株数 500,000株
売出株数 200,000株
合計枚数 700,000株(7000枚)


想定価格 1200円 ⇒ 12万円必要!
仮条件  1200円~1300円


【幹事団】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
大和証券
SMBC日興証券
みずほ証券
東洋証券
いちよし証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
香川証券
藍澤證券
極東証券
※三菱の委託でau カブコム証券でもIPO申込みが可能


       
-------------------------------------------------------—-


想定発行価格は1200円で仮条件上限が1300円となり上限で決まった
場合は吸収金額が約9.7億円から約10.5億円となります(オーバーアロットメント込)


ダイキアクシスIPO初値予想
↑クリックで拡大します


久々の三菱主幹事で期待したいところですが東証2部上場となっており
パフォーマンスはイマイチでしょうか。
DCMホールディングス傘下の企業になり子会社という事になっています。
環境機器関連事業、住宅機器関連事業、その他事業に分かれており売上構成
は環境機器関連事業47.8%、住宅機器関連事業49.7%、その他2.5%となる。


ダイキアクシスIPO 取引先
↑クリックで拡大します


主要取引はDCMホールディングスで今後も地味に利益を出し続ける
イメージがあります。チャレンジ精神もあり環境改善と水をコンセプトに
新規事業に着手。
ダイキアクシスIPOの初値予想1600円


【幹事配分】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 560,000株
大和証券     35,000株
SMBC日興証券 35,000株
みずほ証券   21,000株
東洋証券      7,000株
いちよし証券    7,000株
マネックス証券  7,000株
岩井コスモ証券 7,000株 
香川証券      7,000株
藍澤證券      7,000株
極東証券      7,000株


【業績等の概要】
売上高は272億2百万円(前年同期比109.1%)
営業利益は3億38百万円(前年同期比122.2%)
経常利益は5億64百万円(前年同期比116.5%)
当期純利益は2億16百万円(前年同期比87.3%)


【類似企業】
神鋼環境ソリューション(6299)PER32.63
水道機工(6403)PER12.35倍
荏原実業(6328)PER13.29倍
明電舎(6508)PER17倍


ロックアップは90日間となり1.5倍で解除となります。
VCが多数存在していますので要注意ですが初値は1.5倍には届かないと
予想します。
マザーズやジャスク上場だとよかったのですが仕方がありません。
新規事業に取り引くんでいる姿勢が評価されているようなので将来性は
高いと思いますが、チキンなので初値売りかな・・・どちらにせよ。
PERは8.3倍程度になります~


今回はau カブコム証券でも当選出来るかも? 三菱委託のIPO抽選
au カブコム証券公式へ
カブドットコム証券

※au カブコム証券のIPO概要についてはこちらの参考記事へ



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!