ウェルプレイド・ライゼスト(9565)IPOの上場直前の初値予想と東京証券取引所から発表された気配運用を調べました。


上場1日目は初値付かずとなり、上場2日目に初値が付くとされています!


ウェルプレイド・ライゼスト(9565)IPOの上場直前の初値予想
※ウェルプレイド・ライゼスト公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段1,170円(公募・売出価格)
上限値段2,691円(更新値幅59円、更新時間10分)
下限値段878円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲293円以上、4,680円以下


eスポーツ事業を手掛けるカヤック(3904)の子会社になります。上場承認後にカヤックの株価が上昇し続け連日の大商いとなっています。


ウェルプレイド・ライゼストもカヤックのように投機的なマネーが流入すると予想されています。ただ初値が高ければ上値追いも限定的となるかもしれません。


IPOとしては初物案件になるとの観測が出ているため買いが殺到すると考えられています。売買の合致点が問題だと思います。


個人投資家が中心となった売買になると考えられますが、売買代金が膨らむと小規模ファンドも参戦してくる可能性がありそうです。ファンドの力なくして上昇は難しいか?と考えています!


kimukimu

ただプロが参戦してくるということは、どこかで個人投資家が損失を出す可能性が高く難しそうです。



とにかく上場1日目は売り手が現れず売買成立とはならないでしょう。上場1日目の上限が2,691円のためです。


日本はゲーム大国と言われている割にeスポーツでは後れを取っているため期待されている市場です。


また、同社の業績は拡大していますが2022年10月期の利益が1億円程度のため実力以上の株価となりそうです。初物となるためどのあたりで株価が推移するのか見ものですね。


来期の業績予想は現時点で発表されていないため減益予想が出た場合は株価急落となりそうです。上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

ウェルプレイド・ライゼストの上場データと初値予想を考察
ウェルプレイド・ライゼストIPOの評価!爆益株が降臨


ウェルプレイド・ライゼスト(9565)の上場直前の初値予想はこうなる!

ウェルプレイド・ライゼストの上場直前の初値予想を調べてみました。


異常に盛り上がっているように感じますが、公募組だけが盛り上がっている可能性も否定できません。


上場直前の初値予想



大手の上場直前の初値予想は4,000円となっています。


公開価格が1,170円なので初値3.42倍くらいは期待ができるようです。2022年のIPOは初値持越しとなっても買いが続かないパターンが多かったと思います。


ちなみに4,000円の初値だと2022年で騰落率としては1位を記録することになります!


また、ロックアップが180日間となっていますが1.5倍以上で解除されます。親会社のカヤックの放出は最小限になると考えられ、エンジェル投資家の副島雄一氏の240,000株が相場を左右する可能性がありそうです。


保有株数が多いため、寄付き後に売却した場合は大きく株価が下がる可能性があります。そんなことはしないと思うので寄付きで多くの株式を売却してくると考えられます。


今更だと思いますが、IPOチャレンジポイントのボーダーラインが660ポイントだったことを考えると使っておけばよかったと後悔している方も多いようです。


初値が付くまではわかりませんが、4,000円以上の初値が付く可能性も十分あると思います。投機的な売買となる可能性が高く私は初値買いしません。


専業に任せたいと思います!ビビリですからね。。


先着500人となってしまいますがCOZUCHIのタイアップが期間限定で復活しました。クラウドファンディングに興味があればご利用ください。まだ余裕があるようです。


口座開設だけでAmazonギフト券1,000円分をプレゼントしています。不動産投資型クラファンのなかでは事業規模が大きいと言えます。詳しくは下記記事にまとめています!


クラウドバンクに6年投資し元本回収率100%の実績

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。