THEO+docomo(テオプラスドコモ)でdポイントが最大10万ポイント貰えるキャンペーンが開始されています。参加するにはエントリーが必要になるためご注意ください。


最低投資金額は1万円からとなっていますが、キャンペーンに参加するには合計10万円以上の入金が必要になります!


THEO+docomo(テオプラスドコモ)のキャンペーン
※THEO+docomo公式サイト引用


ETF(上場投資信託)にほったらかし投資ができるため人気の投資方法です。詳しい知識が必要なくロボアドを利用した資産運用ができます。


簡単な診断を受けその結果をもとにポートフォリオ構築が行われます。安全性重視なのかリスクを取り利益を狙うのかは診断次第になります。


ポートフォリオの組み方は世界最大級の年金基金であるCalPERS(カリフォルニア州職員退職年金基金)が利用する仕組みとなっています。


日本のロボアド(ロボアドバイザー)では同社だけが採用しているそうです。世界的に賞賛を集めた仕組みだそうです!


またdポイントが貰えるためドコモユーザーに特に人気があります。私はドコモユーザーではありませんが利用しています。


THEO+docomoの冬のボーナスキャンペーンを詳しく調べてみました。最大10万ポイント貰える!

THEO+docomo(テオプラスドコモ)の冬のボーナスキャンペーンが始まっています。


最大10万ポイント貰うにはなんと2,000万円以上の投資が必要となっています。流石に無理だと感じていますが、100万円程度であれば可能な方もいるはずです。


キャンペーンの詳細は以下のようになります。


項 目その内容
キャンペーン期間2023年2月28日(火)まで
対象者キャンペーン期間中にキャンペーンページからエントリーを行い、THEO+docomoに対象の入金方法で合計10万円以上入金した方
対象の入金方法
  • クイック入金
  • 日興イージートレードからの振替入金
  • ボーナス積立
  • 銀行振込
  • d払い残高入金
プレゼント進呈時期特典分のポイント付与は2023年3月末頃を予定


また、詳しいポイント付与内容を確認してみました。


既存口座開設者と新規口座開設者の両方の方が対象となります。


THEO+docomoに口座開設を行う場合はSMBC日興証券の口座開設が必要になります。運営企業の「お金のデザイン」の提携金融機関で顧客の証券口座を開設することになっているからです。


証券口座を開設しても費用などは発生したないため安心してください。


期間中の合計入金額進呈ポイント
10万円以上~20万円未満300pt
20万円以上~30万円未満500pt
30万円以上~50万円未満1,000pt
50万円以上~100万円未満2,000pt
100万円以上~200万円未満5,000pt
200万円以上~300万円未満8,000pt
300万円以上~500万円未満12,000pt
500万円以上~1,000万円未満20,000pt
1,000万円以上~2,000万円未満40,000pt
2,000万円以上100,000pt
※毎月の積立(通常積立やdカード積立)、おつり積立は除く


この他に、2023年1月31日までに新規申込み(口座開設)した方はdポイントが100pt貰えます。


キャンペーンが終了しても新しいキャンペーンが始まっている可能性があるため、公式サイトで確認を行っておきましょう。


THEO+docomo(テオプラスドコモ)dポイントが100ptプレゼント
※THEO+docomo公式サイト引用


特典分のポイントは2023年3月末頃付与されるそうです。


こちらのキャンペーンにもエントリーが必要なので公式サイト経由で申込を行っておきましょう。


投資を行う必要はありません!!


ただしTHEO+docomoの投資一任同意前に「THEO」やその他の「THEO+」を利用していた方は対象外になります。「THEO+」とは「THEO+JAL」や「THEO+○○銀行」などになります。


THEO+docomoに投資をしたら利益が見込めるのか?平均資産運用額は100万円を超えていた

過去に発表された平均初回入金額は14.5万円程度になっています。そして積み立てなどを行い一人あたりの平均運用資産額が100万円を超えるようです!


ドコモユーザーの場合はdポイントも貯まりやすいため、積極的に投資を行っている方もいらっしゃると思います。


私は特に還元メリットはありませんが放置投資を行っています。リバランスも自動で行ってくれるため特にすることがありません。


THEO+docomo(テオプラスドコモ)の平均初回入金額
※THEO+docomo公式サイト引用


公式サイトで支持されている理由を調べると以下のようになっていました。


  1. ETFの売買を全てお任せできる
  2. 毎月自動で行うポートフォリオの割合調整(リバランス)
  3. グロース・インカム・インフレヘッジの目的別の機能ポートフォリオを組合わせて運用する
  4. 最大30種類以上の幅広いETFを組み入れリスクを分散する
  5. AIで大きなリスクに備える「THEO AIアシスト」


手数料は最大1.10%(税込・年率)となっていますが、自分で内容を常に確認しなくてもよいため利用しています。


また、同社を利用している投資家は老後に備えるために投資を行っている方が多いようです。その他には豊かな生活を送るため、又は生活費の足しとなっています。


私も40代半ばを過ぎたため老後を気にしています。


ある程度貯蓄はできていますが、資産を賢く運用したいと常に考えています。難しい問題だと思います。


しかし、豊かな老後を送るためには多少努力しないといけないと考えています。また、同社について調べてみたのでよかったら下記記事も参考にして頂けたらと思います。




THEO+docomoのdポイントが貰えるキャンペーンまとめ!将来を信じコツコツ投資

THEO+docomo(テオプラスドコモ)で投資を行うのなら、dポイントを頂いておいたほうがお得だと思います。


ドコモ回線を利用していなくてもdアカウントを持っていれば連携させることで貰えるはずです。公式サイトに詳しく書かれているため興味があれば確認してみてください。


dアカウントの作成は無料です!


THEO+docomo(テオプラスドコモ)のdポイント付与条件
※THEO+docomo公式サイト引用


ドコモ回線を利用していればdカード積立でポイント付与が通常の1.5倍になります。私は他社回線なので全く関係ありませんが利用しています。


SMBC日興証券の特定口座を利用しているため相殺できるメリットもあります。


また、即時入金利用で振込手数料が無料だったり、出金も無料といったメリットがあります。SMBC日興証券のカードを利用して入金を無料化できたりもします。


kimukimu

証券会社をベースにした入出金のため他社よりもサービス環境は良さそうです。



利用環境は良いと思います。成績は記事作成時点で運用資産が23.2万円で+10.19%の運用結果となっています。円高方向に動いたため少しパフォーマンスが悪くなったようです。


私は毎月1万円を積立てしているため無理なく投資ができています。このままあと5年くらいは放置で投資予定です!


dポイントを貯めることができる環境の方はキャンペーンを利用するとポイ活に結び付くと考えられます。SMBC日興証券ではdポイントを利用した投資もできます。


ドコモユーザー以外でもdアカウントを持っていればポイント投資が可能なんですよね。もちろん私もdアカウントを持っているためSMBC日興証券で単元未満株を購入しています!!


クラウドバンクに6年投資し元本回収率100%の実績

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。