ソフトバンクIPOの上場承認まであと数日と迫りました。上場日は12月19日が濃厚と言われているため間違いなく上場してくるでしょう。地合いが悪化していますが、上場まで2ヵ月もあるため、その時までには改善していると思います。大型上場の場合は地合いが改善していることが多い気がします。


日本郵政の時も心配していますが、地合いが改善した記憶があります。上場に際して主幹事をする企業は、野村證券、ゴールドマン・サックス証券、みずほ証券、ドイツ証券、SMBC日興証券の5社になるようです。リークしているだけで、本当に主幹事なのかはわかりませんが、間違いないと思っていて良さそうです。


ソフトバンク主幹事発表


【ロイター】

ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>は、通信子会社・ソフトバンク(SB)の新規株式公開(IPO)の主幹事に野村証券、ゴールドマン・サックス証券、みずほ証券、ドイツ証券、SMBC日興証券の5社を選定する見通しとなった。関係筋が明らかにした。

ディールウオッチによると、ソフトバンクは12月19日にも東京証券取引所に上場する。上場により、SBGは投資会社としての位置付けをより明確にし、SBが経営の独立性を高めることで、成長に向けた意思決定を機動的に行えるようにする。

ソフトバンク、野村、みずほ証券、ドイツ証券はノーコメントとしている。ゴールドマン・サックスとSMBC日興証券は「個別のことに答えられない」としている。


国内販売と海外販売が行われると考えて間違いなさそうです。日本国内の主幹事に入らなくても、取扱いは殆どの証券会社で行われる可能性が高い気がしています。国策ではありませんが、2.5兆円の株をどうやって売りさばくのか?と多少疑問です。


ただ、ソフトバンクはCMを独自で流すことも可能なのではないかとも考えています。「お父さん」が今度ソフトバンクが上場するんだって!と話せば株に興味がある投資家は動いてくるのではないでしょうか。日本郵政と比較しても意味がありませんが、上場時と公募時のどちらもCMを流していました。


2.5兆円の吸収予定なのでCMはガンガン流せるでしょうね。CMを流してよいのかはわかりませんが、かなりのインパクトがあるはずです。社長の孫正義氏のインパクトもありますが、生活になくてはならない企業に成長しているため公開価格超えになると予想している方は多そうです。


松井証券のIPO抽選ルール(前受け金不要)


ソフトバンクが上場したら株主優待が付いてくるのか?

ソフトバンクが上場した場合に株主優待が付いてくるのかどうかは現在のところわかりませんが、必ず設定してくると考えています。親会社のソフトバンクグループ(9984)には100株以上で、携帯電話の利用料金から6カ月間1,000円(税抜)割引を実施しています。


ワイモバイル携帯電話株主優待もあり、利用料金から6カ月間500円(税抜)割引となっています。


ソフトバンク株主優待


さらに、インターネットの基本料が6カ月間無料もしくは割引となる優待設定も行われています。私も過去に株主優待を取得したことがありますが、当時は優待内容が違った気がします。確かネットで売却したと思います。


ソフトバンクグループの株価は地合いに合わせて乱高下しているようですが、今回の上場を成功させるためにすでにプランを練っていることでしょう。勝算がないことに手を出すようなタイプではないですよね。


と言うことで、主幹事の話題がでてきましたが上場承認まであと数日となっています。公開価格がいくらなのかわかりませんが、プラス10%~20%程の利益になれば参加者全員が大喜びでしょう。主幹事さんの力量が問われますが、将来にわたり恥じるようなことはしないのでは?と勝手に考えています。


ソフトバンク株の主幹事を引受けるらしい! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト