ソフトバンク(9434)が大波乱を迎えるかもしれません。明日上場となりますが、直近の地合いは最悪となり大型上場の前に市場が回復しないのは、民間企業だからなのだろうか?国策になれば日銀の買い支え期待も出てきますが、NTTの上場とは投資家の温度感がかなり違ったように思います。


国内第三位とされるソフトバンクの通信サービスは「SoftBank」「Y!mobile」「LINEモバイル」となっています。先日の大規模通信障害の余波が残る中での上場となります。金融企業からみると有利子負債が大きすぎ、さらなる融資は躊躇するレベルにあるとのことです。


ソフトバンク上場は大波乱


また上場後に株価が上向けば公募増資なども資金集めのためにきっと行ってくるでしょう。ヤフージャパンがSBGの子会社になるため、もう少し材料が流れてもよいと思いましたが、情報操作にあたるといけないからでしょか。おとなしいですよね。


直近の材料と言えばPayPay(ペイペイ)でしょう。同社はソフトバンクとヤフーにより2018年6月に設立された会社になります。代表取締役社長執行役員CEOは中山一郎氏、東京本社を含め拠点が21あるそうです。「100億円あげちゃうキャンペーン」によるインパクトはかなりあったと思います。


逆にペイペイによる不正請求トラブルが続出しイメージが悪化しているともいわれています。革命的なことをすれば問題が出てきますが、時間が経過しないと世の中にとって必要なのか不要なのかはわかりません。


東証から発表された気配運用は下記のようになります。


項 目 気配運用の内容
板中心値段 1,500円(公募・売出価格)
上限値段 3,450円(更新値幅75円、更新時間10分)
下限値段 1,125円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 375円以上、6,000円以下


最終初値予想1,500円!
※幹事引受価格は1株につき1,463.75円なのでこの価格を割ることはないと思います


ソフトバンクグループは上場をしなければ資金的に余裕がないらしく、今回の上場による資金確保を行うことで、次のステップへ進もうとしているそうです。その成果が出るのは時間が掛かると思われます。ソフトバンクの株価設定は割高とされ、高配当により個人投資家の一部が資産株として保有を考えているようです。


我々初値売り組には外部環境が悪く、いくら高配当でも上場規模が大き過ぎ、旨味は少ないと考える方が結果的に多かったようです。聞いた話ですが、野村證券ネットはなかなか当選できなかったようですが、支店口座の方は通常の配分後さらに配分があったという方もいたようです。


と言うことは、キャンセルが大量にでたということでしょう。他の証券会社でも似たようなことが起きているようですが、某ネット証券の当選数がいつの間にか増えていた!ということも起きていましたね。証券会社では全ての株をさばけたそうですが、少しグレーだと感じています。


ソフトバンクについては下記に詳しくまとめているのでよかったら参考にしてください。初値予想もだんだんと弱気になっています。


ソフトバンク(9434)IPO新規上場と初値予想


また、類似企業のPERとPBRを新しいものに数値を入れ替えてみました。公開価格1,500円から算出されるソフトバンクのPERは約17.10、PBRは約6.52倍になります。ある指標を用いると半値以下の数値になるともいわれています。ネガティブですね(汗)


類似企業 PER
PBR
日本電信電話(9432) PER10.15倍 PBR0.96倍
KDDI(9433) PER10.18倍 PBR1.53倍
NTTドコモ(9437) PER12.62倍 PBR1.55倍


【ブルームバーグ】

ソフトバンクの新規株式公開(IPO)で、海外機関投資家からの需要が売り出し割当数の3倍以上に達したこと分かった。情報が非公開のため、複数の関係者が匿名で明らかにした。

国内では、組み入れ銘柄を個別に選定するアクティブ運用者を含む機関投資家から割当数の2倍程度の需要があった。ポートフォーリオに組み入れるための需要も生じる可能性があるという。主幹事証券各社は先週、購入希望の申し込みを受けるブックビルディングを実施していた。

主幹事証券のうちの1社によると、売り出し数の9割を占める個人投資家の需要は2倍弱で、全体としては約2倍になった。ソフトバンクは19日、東京証券取引所1部に新規上場予定。携帯電話の通信障害と世界株急落の中、売り出し価格を仮条件と同じ1500円に決めた。



公開価格1,500円とゴリ押し上場の背景には、主幹事引受会社へ600億円もの手数料を支払う背景もあるのでは?という見方もあります。東証へ再審査要求をするにもお金が掛かるため、ソフトバンク上場はゴリ押しなのでしょう。


そこに個人投資家がはめられるとなると「株なんかやってらんねー」と思い市場が悪化するため、何とか公開価格あたりで決着がつくのではないでしょうか?資産家ほど激怒することでしょう。甘い期待でしょうか(汗)


グレーマーケットでは公開価格以上の値段が付いたらしく期待できないことはありませんが、明日ゴリ押し上場となります。今回の上場は問題がかなりあったと思いますが、大損する方が出てくるとメディアで大騒ぎになるのでは?企業イメージも台無し?なぜか不安が先行しています。


上場により企業イメージが損なわれることは回避したいと考えられますが、孫正義氏や宮内謙氏は異次元の投資家なので公開価格割れとなっても先のことを見据えているかもしれません。まあ、私が購入してしまった株の半分は成売りになりそうなので運命を受け止めることしかできません。


塩漬け株になると資金効率が悪くなるため悩むことになります。気持ち的には1,600円を期待しています!


ロボットアドバイザーに10万円から投資ができます! 【期間限定で特典が付きました】
⇒ Wealthnavi(ウェルスナビ)公式へ

ウェルスナビ5000円特典バナー

※ウェルスナビに1年7ヶ月投資をした実績を完全公開【タイアップ特典あり】