Kudan(4425)最終初値予想はあり得ないほど上昇するようです。当選した方をネットで見ましたが100万円抜きは楽勝なのかもしれません。地合いがこれだけ悪くなったにも関わらず初値4倍が視野に入るとは驚きです。PERがそもそも高い業種ですが、どうやら1,000倍を超えてくるようです。


セカンダリーでも賑わうと思いますが、チキントレーダーには手が出せない銘柄ですね。私は売買板を見ているだけで満足しそうです。上場当日は見ても値段が切り上がっていくだけで終わりそうです。


Kudan(4425)初値予想暫定


項 目 気配運用の内容
板中心値段 3,720円(公募・売出価格)
上限値段 8,560円(更新値幅190円、更新時間10分)
下限値段 2,790円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 930円以上、14,880円以下


最終初値予想15,000円!


事業は「人工知覚技術の研究開発及びソフトウェアライセンスの提供」となり、「半導体」「センサー」「カメラ」などに多く使われている技術になります。同社の人工知覚とは、機械に高度な視覚的能力を与えるものを指します。


カメラなどが得たデータをコンピュータビジョン等を使い、産業用ロボットや次世代モビリティに転用していくそうです。人工知能も絡んでいる企業になり、IPO市場では文句なしの銘柄になります。公開価格3,720円の株に当選し、初値が本当に15,000円になれば1回の当選で得る利益は112.8万円になります。


ロックアップは180日間でロックアップ解除倍率は設定がありません。ベンチャーキャピタル保有株はロックアップ対象となります。その他、ストックオプション295,200株行使期限に入っています。


業績面に問題はありませんが、次のステップへ進むためのコアとなるサービスを展開しているだけあり、注目度が半端ないそうです。東京オリンピックでは自動運転技術が採用される運びなので、同社の技術も見逃せません。さらにドローンや汎用ロボットなど成長分野でも期待ができるようです。


独自開発したアルゴリズムはもちろんですが、AP(人工知覚)市場は、次世代ソリューションへ向けた社会的な期待と現実的な発展可能性により、将来的な拡大が想定される市場です。株価推移がどうなるのかわかりませんが、初値では相当な人気となるようです。


PKSHA Technology2018年12月チャート


ちなみに、類似企業で意識されているPKSHA Technology(3993)は公開価格2,400円で初値は5,480円でした。しかしその後、一気に株価が上昇しています。現在の株価7,170円によるPERは153.53倍、PBRは15.31倍になります。


Kudanの株価が15,000円になるとPER1000.67倍、PBR126.27倍になります。セカンダリーに参戦される方のリスクは凄いものがありますが、勝てば大きな利益となるのでしょう。ちなみに主幹事はSMBC日興証券が務めています。


過去最高の騰落率を打ち出したHEROZ(4382)もSMBC日興証券主幹事でした。HEROZは公開価格4,500円に対し初値49,000円と10.88倍にもなるバケモノでした。1回の当選で445万円の利益なんてあっていいのか?2018年は色々ありましたね。


Kudan(4425)IPO主幹事です! 【私はネット口座だけで当選しています】
⇒ SMBC日興証券公式サイト






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事