プライム・ストラテジー(5250)IPOの初値予想と幹事割当数などを自己評価したいと思います。業績急拡大となる予想が出ているため初値高騰となりそうです。


公開株数がOAを含め100万株以上あり当選者が続出する可能性があります。1単元で10万円以上の利益見込みがある予想値が出ています!


プライム・ストラテジー(5250)IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,220円
仮条件2月02日
公開価格2月13日
公募株数464,000株
売出株数503,300株
公開株数(合計)967,300株
オーバーアロットメント145,000株
幹事団SBI証券(主幹事)
野村證券
大和証券
みずほ証券
岩井コスモ証券
松井証券
あかつき証券
委託見込SBIネオトレード証券
CONNECT


同社はウェブサイトの高速化システムを提供し、主な収益はパブリッククラウド上で提供されている超高速CMS実行環境「KUSANAGI」によるものとなっています。


この他、Web表示高速化エンジンや戦略AIを用いたプロダクト群も含まれます。


法人顧客のWebサイト保守や運用をサブスクリプション型で提供しているため安定的な収益が期待できそうです。また、クラウドインテグレーションサービスやライセンス販売も手掛けています。


上場規模は約13.6億円、時価総額約40.4億円です。上場規模が比較的小さく、ベンチャーキャピタル出資がないため需給不安はなさそうです。


類似企業比較では株価設定が低いため面白みがありそうです。東証スタンダード市場への上場と言うことでグロース市場に比べるとパフォーマンスが落ちる可能性があります。


ただマザーズ指数が改善傾向にあるため、地合いが良ければ大きな利益を得られる可能性も否定できません!


プライム・ストラテジー(5250)IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。予想外に良い数値が出ているため個人投資家からの需要は多いと考えられます。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想2,500円~3,000円
※注目度A


想定発行価格1,220円なので初値2倍以上が視野に入ると思います。そして注目度がAとなっているため驚きました。


上場規模や時価総額から考えると機関投資家向きの銘柄ではないと感じますが、注目度Aであれば期待できるかもしれません。小口ファンドなどの参加が期待できそうですね。


プライム・ストラテジーは2023年第2号案件になりますが、第1号案件と1ヶ月程度間が空くため期待できると思います。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

プライム・ストラテジーの上場データと初値予想を考察


プライム・ストラテジー(5250)IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はSBI証券が単独で引受けます。


IPOチャレンジポイント枠当選を狙う投資家も増えそうです。上場承認時はここまで人気があるとは考えていませんでした。業績予想で増収増益となっていることが好感されたと考えています。


幹事名割当株数引受割合
SBI証券(主幹事)822,500株85.03%
野村證券58,000株6.00%
大和証券33,800株3.49%
みずほ証券33,800株3.49%
岩井コスモ証券9,600株0.99%
松井証券4,800株0.50%
あかつき証券4,800株0.50%


主幹事の引受割合は85.03%となっています。続く幹事が6.00%と意外とあります。


しかし野村證券となっているため当選は難しそうです。さらに大和証券、みずほ証券と店頭証券が続くため主幹事のSBI証券で当選しなければネット組は厳しいと感じます。


店頭組も幹事構成から当選は難しそうですね。


やはりIPOチャレンジポイント枠当選を狙う方法がベストでしょう。運が良ければ完全抽選枠でも当選は可能だと思います!!


また、大和証券が幹事入りしているためCONNECT(コネクト)でもIPO取扱いが行われます。今年こそコネクトにデビューしてみませんか?私は昨年口座開設を行い夫婦で5個のIPOを手に入れました。


もちろん抽選です。IPOルールは下記記事でまとめています。




プライム・ストラテジー(5250)IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


人気が見込めるようなので多くの方がIPO抽選に参加してくると考えられます。当選確率は下がるけれど利益率は高そうです!


プライム・ストラテジー(5250)IPOの業績予想
※プライム・ストラテジー公式サイト引用


業績を確認すると2023年11月期の連結予想が出ていました!それによれば売上9.2億円となり前期7.7億円から19.48%増、経常利益3.35億円となり前期2.91億円から15.12%増となります。


四半期利益は2.32億円となり前期1.97億円から17.77%増の予想が出ています。目論見では2022年分が第3四半期までの開示だったため業績の良さに驚いています。


想定発行価格1,220円から算出されるPERは16.82倍、PBRは3.81倍になります。類似企業はPER20倍~35倍あたりの観測が確認されています。


ホスティングサービスで同社の「KUSANAGI」が導入されている有名な企業だとエックスサーバー、wpX Speed、シン・レンタルサーバーなどがあるようです。


ETF投資に興味があればFOLIO ROBO PROがお勧めできそうです!短期投資でもパフォーマンスに魅力があるとされています。


AIを利用した進化版ロボアドバイザーとなっています。詳しくは下記記事でまとめています!!


クラウドバンクに6年投資し元本回収率100%の実績

1万円から投資できコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回り5.8%で融資元本回収率は100%を維持、楽天ポイントも貰えます!

クラウドバンク

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。