ポケットファンディング(Pocket Funding)の評判を集めデメリットを考察してみました。他のソーシャルレンディング事業者との違いやメリット、投資スキームについても調べました。類似企業にはない大きな特徴は何なのか?なぜファンド即売になっているのか徹底的に調べました。


最大の特徴は沖縄に特化した不動産ファンドであることです。沖縄県初のソーシャルレンディングサービスと言われ注目されています。信頼できる企業なのか調べた結果、現在のところはデフォルト(債務不履行)案件もなく優良企業という位置づけになります!


ポケットファンディング(Pocket Funding)評判とデメリット


大手に比べ事業規模が小さいため個人的に少し不安視する部分もありますが、運用期間が短く意外に高利回りなので人気があるようです。ただ募集金額も低いため即売になっているケースも見受けられます。


募集ファンドを公式サイトで確認をしてみると、すべてのファンドが成立している訳ではないようです。不成立になっているファンドもいくつか見られます。無理やり成立させないあたりは信頼があるように感じます。募集キャンセルになったファンドもありました。


過去案件の情報を見ることができ募集総額に対して調達状況がどこまで進んだのかも開示されています。この他、投資家の投資状況などもファンド毎に確認でき平均投資金額の表示も出るようになっています。もちろん不成立となった場合は投資家にお金が返ってきます。


ポケットファンディング(Pocket Funding)の特徴とファンドの仕組みについて

同社の特徴は沖縄県に特化した不動産ファンドになりますが、ファンド自体は全国の優良な案件へ融資を行うことになっています。ただファンドを見る限り沖縄案件が多いようです。また、気になる点が既にありファンドの開示情報が少ない気がします。


私は既に数社に250万円~280万円を投資しているため類似企業と情報を比較した場合、無料で開示されている情報が少ないと感じました。既に投資をされている方からもそのような声が出ているようです。


ポケットファンディング不動産担保付きローンファンドの仕組み画像


上記は不動産担保付きローンファンドのスキームになりますが、不動産を担保にすることで元本毀損リスクを低くしています。抵当権や根抵当権の設定を行うことでデフォルトになった場合に現金化できる仕組みです。


原則として担保評価の70%までの融資枠にとどめ保全性を高めているそうです。


【抵当権とは】
債務者(借り手)又は第三者が占有を移転しないで債務の担保に供した不動産について、他の債権者(貸し手)に先立って自己の債権の弁済を受ける権利のこと。

【根抵当権とは】
一定の範囲内の不特定の債権を極度額の範囲内において担保するために不動産上に設定された担保物件のこと。また極度額(上限額)の範囲内で何度もお金の貸し借りができる。



ポケットファンディングの保全性を表した画像


事業者によっては80%を定めている企業もありますが、同社が試算した担保評価の70%までの融資であればリスクも限定的になると思います。投資を行った元金も償還期待が高まります。


記事作成段階ではこれまで遅延や延滞が発生した事実はなく、デフォルト(債務不履行)になった事実もありません。


kimukimu

借入れ希望者様の事業計画書や財務諸表、不動産担保価値等を多方面から審査する流れになり、不動産担保付きローンファンドの場合、営業者は不動産を担保とした融資以外は行わないことになっているよ!


担保額が30%も下落するような事は通常考えられませんが何か起きた後では企業信頼をなくすため担保余力が大きいことは投資家にメリットです。

ソシャレンのメリット・デメリットを簡単に紹介します

ソシャレン(ソーシャルレンディング)の仕組みは既にメジャーになっています。インターネット上でお金を借りたい企業とお金を貸して利益を得たい投資家をマッチングさせる仲介サービスのことです。


株やFXとは大きく異なり元金変動が基本的にない投資になります。リートとも比較されることが多い投資ですがリートとも違い元本変動がなく分配金を手に入れることが可能です。


ソーシャルレンディングの仕組み



    【メリット】

  • 市場動向に左右されることが少なく投資初心者でも簡単に投資が出来る
  • ミドルリスク・ミドルリターン投資になるため安定した分配金が期待できる
  • 最低投資額は1万円の設定だから小額投資が可能
  • 利回り設定が比較的高く利益期待が大きい
  • 保全力(LTV70%以下)は業界の中でも最高水準である
  • 口座開設費用や維持管理はすべて無料



【デメリット】

  • 中途解約できないため余裕資金で投資を行うに限る
  • 業者自体の破産や貸付先の貸し倒れリスクがある
  • 元本の保証はない(担保設定はある)
  • 投資金の振り込みは投資家持ち(ネットバンキングなし)
  • 最低出金額が1,500円と高額設定になっている


  • 同社のメリット・デメリットについて簡単に調べてみました。どの企業もあまり大差はありませんが、保全力(LTV70%以下)は凄いと思います。どこが査定しているのかはわかりませんが第三者であることを願いたいと思います。不動産の評価方法の項目には「地価公示価格・取引事例比較法」と書かれています。


    投資を行う際は営業者のコメントと担保物件コメントは読んでおきたいところです。一応、全案件に不動産担保が付いているようです。ただ第1抵当権であることが望ましいのでそのあたりはしっかり確認をしておきたいところです。


    不動産のプロ集団が査定を行っているため企業の信頼が問われるところでしょう。またファンドを貸し付けに際し「経営状況や貸し付けた資金の利用状況」を3ヶ月ごとにモニタリングしているとあります。当たり前のことですが書かれていると投資家は安心できそうです。


    kimukimu

    ポケットファンディングでお金を借りると調査も入らないからガンガン借りよう!

    という悪徳企業はいないと言うことにつながるはずです。


    ただ実際にはこれまで借り手の匿名化が行われていたため複数の事業者から資金集めを行っていた企業もあるそうです。返済の見込みがあればよいのですが見込みがなければ詐欺ですからね。

    企業概要と財前グループについて詳しく調べてみた

    ポケットファンディングには親会社があり財前グループがバックにいます。財前グループは不動産事業、ファイナンス事業、医療・介護・福祉ファクタリング事業、クラウドファンディング事業を総合的に行っている企業です。


    ポケットファンディングはソーシャルバンクZAIZEN株式会社が行っています。少し調べてみると財前グループは沖縄県を代表する貸金業を行っている企業のようです。


    財前グループの事業内容画像



    貸金業からソーシャルレンディングへシフトしてきたことが伺えます。しかも地場で強い企業であれば沖縄のリゾート開発などで大きな力があるはずです。


    再生エネルギーなども手掛けていると言うことで今後は太陽光や風力発電などの自然エネルギーファンドの期待もできそうです。ただ沖縄は観光スポットのため景観などの条例もあるのかも?


    深掘りしていませんが沖縄県の公式ページには下記のようなことが書かれていました。


    【沖縄県景観条例】

    生活基盤の安定等により都市が熟成することにより、都市計画も地域性を尊重し、ゆとりある空間を形成する視点が求められています。本県においては「沖縄県景観形成条例」及び「沖縄県景観形成基本方針」を制定し、景観形成に関する各種施策を市町村・県民・事業者と連携を図りながら実施しています。



    項 目 その内容
    会社名 ソーシャルバンクZAIZEN株式会社
    会社設立 平成24年3月01日
    所在地 沖縄県浦添市仲西3-15-5 財全GROUP・BLD
    連絡先 098-988-8914
    資本金 79,950,000円
    事業内容 第二種金融商品取引業、Pocket Fundingの運営管理
    役員構成 代表取締役:浦崎 直壮
    取締役:立津 政憲
    非常勤取締役:池田 盛作
    関連会社 株式会社財全ソリューション
    株式会社ビジネスアシスト


    沖縄発のソーシャルレンディング企業になり、沖縄は世界有数のリゾートホテルが狙うアジア屈指のリゾートです。そのリゾートで大きな力を持つ財前グループという構造が見えてきました。


    手広く事業も行っているため倒産はなさそうですが、従業員数はわかりませんでした。資本金は子会社よりも低く5,000万円になり会社設立が2011年4月11日となっています。代表者は池田盛作氏です。


    公式サイトに画像があり確認をしてみると比較的若く企業理念の「目的、責任貢献、使命」が似合うタイプです。※個人的感想です


    ポケットファンディング(Pocket Funding)の口コミをリサーチしてみる

    同社に投資を行った方を見つけどのようなことか書かれているのかざっくり見てみると沖縄県ファンドには定評があるようです。やはり他の地域案件(沖縄以外)はあまり人気がないようです。


    また早期償還となるファンドも確認できました。セミナーなども開催され公式ページでは満員御礼と書かれたセミナー情報も掲載されています。スタッフブログなども書かれているようです。






    キャンペーンなども定期的に行われスマートフォンに特化したサイト表記にも対応しているそうです。ネット情報では少しサイトが扱いづらいと書かれていた方もいたので改善が行われたのかもしれません。


    第二種金融商品取引業協会の規則により、3ヶ月以上マイページにログインしていない場合は投資意思がないと判断し、口座にある預託金を返金する対応も取られています。若干不安なのは借り手企業の匿名化解除がまだとなっています。※2019年8月24日確認


    強制払い戻しとなった場合でも振り込み代金は顧客負担であることは覚えておきましょう。


    投資を既にされている方の評判は悪くありません。ただPocket Fundingの貸付先が気になり投資するのをやめたという方もいました。大手ソーシャルレンディングで問題になった企業名もあったようです。この辺りは実際に投資しながら詳細事項を確認すればわかるはずです。



    ポケットファンディング沖縄ファンドの状況を確認してみた

    同社の沖縄ファンドには北部、中部、南部の3パターンがあるようです。この他にはPF事業支援ファンド、アーバンファンド、S.A.G.Aファンド、PF軍用地担保ファンド、宮古島ファンド、東京不動産ファンドなどがあるようです。


    一番驚いたのはPF軍用地担保ファンドです。沖縄らしいファンドとなっており抵当権を確認すると第1順位は見当たりませんでした。案件組成に至った経緯に返済財源である仕入商品の売却が予定期日より延びた為とあります。しかもリファイナンスと書かれています。


    kimukimu

    第1順位の抵当権だったらビックリなんだけど?と思って調べてみました。


    沖縄県内では軍用地の取引が活発で流動性にも優れているそうです。本軍用地は米軍のレジャー施設となっていました。気になる方は公式サイトから確認をお願いします。驚きの内容ですね。


    沖縄南部ファンドと沖縄中部ファンドの比較画像


    通常は上記のようなファンドが多くを占めています。沖縄南部ファンド13号の内容を確認してみると募集総額は1,501万円になり案件1が1,500万円、案件2が1万円の募集となっています。運用期間は6ヶ月で毎月分配金になり運用利回りは5.90%になっています。


    借入金の資金使途は事業運転資金(不動産造成資金)になり、返済原資では「毎月の利息支払いは事業収益より支払」「元金は不動産(別物件)売却代金より全額返済」となっています。


    抵当権は第2順位になり担保が土地1筆、建物1棟となっています。


    項 目 その内容
    貸付限度額 50,100,050円
    内訳:71,571,500円(担保評価額)×70%=50,100,050円
    営業者貸出限度額 15,100,050円
    内訳:50,100,050円(貸出限度額)-35,000,000円(先順位額)=15,100,050円
    借り手資料 会社謄本、公図、不動産登記簿謄本、取引事例参考書類、担保不動産評価書(営業者調べ)など


    また公式サイトに口座開設者数の伸び率や累積応募金額の伸び率の画像が掲載されていました。若干データが古いようですが右肩上がりで増えているようです。


    Pocket Funding実績を表した画像


    沖縄県は全国トップクラスの人口増加率、そして好調な観光産業とインバウンド効果などがあり地価も上昇傾向にあります。このようなことが複合的に起き不動産開発が一気に進んでいるそうです。


    アジア圏からのインバウンド需要も多く、同社が言うには「アジアの中心的存在として注目されている沖縄」となっているそうです。私も沖縄に行った時になんでこんな人が多いの?と驚きました。空港の混雑具合に驚いたことを思い出します。


    投資家分布図では関東エリアの投資家が多いようです。人口が多い地域には同社を投資対象と考える投資家も多いようです。当たり前のことですけどね。


    同社キャンペーンでは対象期間中の合計投資金額に応じ沖縄の旬な県産品ギフトプレゼントが行われ大盛況だったそうです。最低金額は50万円以上で3,000円分頂けたそうです。最大投資金額の欄を見ると「3,000万円以上で50,000円」となっており、そんなに大規模なファンドないじゃん?と感じる突っ込みどころもありました。


    ポケットファンディング(Pocket Funding)評判とデメリットのまとめ!

    同社の評判は悪くなさそうですが個人的に気になる点があります。それは事業規模がそれほど大きくないことやファンド取扱い実績が少ないことです。利回り自体には問題がなさそうです。


    現在の累計応募成立額も10.6億円程度なので類似企業比較ではかなり少ないと言えます。この辺りがタイトルに書いたデメリット2つになります。


    ポケットファンディングの資産運用クラウドファンディング案内


    ただ人気がある企業だと投資自体が出来ないこともあるため、人気があるから良い訳でもありません。色々トータル的に考えるとポケットファンディングへの投資はメイン投資ではなくサブ投資と考えるべきだと感じます。


    私はクラウドバンクがメイン投資になり既に4年以上投資を行っています。クラウドバンクもデフォルトになったことがありません!


    クラウドバンク金田創氏にインタビューした記事へ


    kimukimu

    maneoやラッキーバンクなんかにも投資を行ったけど現在は資金を全て回収し他の企業で再投資を行っています。

    投資タイミングに出会わず入金しているだけの資金も少しあるけど年間10万円~15万円リターンで現在は頑張っています。


    沖縄への投資を考えている方は同社を利用した投資は面白いと思います。また最大のメリットとしては業界最高水準の保全力になると思います。


    同社を利用するなら「沖縄ファンド」に注力し投資を行うことでリスクをより軽減できると思います。調査自体は投資のプロが行っているため自信があるはずです。ファンドの目標利回りは4.0%~9%に設定されています。


    さらにネットで情報を集めていると大手企業からの評価がこれまでより上がり、投資を進めている媒体も多くなっているようです。やはり実績を積んでくると投資評価が高くなりますね。


    余裕資金があれば投資を行ってみるとよいでしょう。ただし、出金時に1,500円が発生するためせめて10万円以上の投資額で臨みたいところです。10万円の5%で年間5,000円利益になり復興税を含む20.42%を引かれると3,949円になります。


    10万円程度であれば翌年も出金せずに投資決定でしょうね。


    ⇒ ポケットファンディング公式

    Pocket Fundingバナー






    クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

    1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

    クラウドバンクの待つだけ資産運用

    詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

    クラウドバンク投資4年の実績と評価記事