岡三オンラインで立会外分売(分売)が開始されます。IPOやPOと同じでイベント投資になりますが、立会外分売の場合は短期決戦が可能です。


儲かる投資と言えますが忙しい投資なのでコツが必要です。ただ当選者はディスカウントされた価格で購入できるためアドバンテージが発生します!


岡三オンラインの立会外分売
※岡三オンライン公式サイト引用


最近は利益が見込める投資に幅広く手を出す投資家が増えています。日本の景気低迷や給料が上がらないため、お小遣い稼ぎ目的でイベント投資を始める方も多くなっています。


IPOやPOは元々人気がある投資です。立会外分売はこれまで限られた方が参加していた投資だと思いますが、会社員でも取引する方が急増しています。


理由は儲かるからです!これに尽きると思います。


ただしIPOのように大きな利益を得ることはほぼできません。年に何度かそのような銘柄も出てきますがまず当選できません。


そのため立会外分売(分売)は数千円を積み重ねていく投資だと考えて良いと思います。投資家によっては1回の分売で大きな利益を稼ぐ方もいます。


私の場合は分売に当選したらその日のうちに売却してしまうことが多くなっています。それでも稼げますからね!!


岡三オンラインで立会外分売に参加できたら儲かるの?期待できるかもしれない

岡三オンラインで立会外分売(分売)は期待できると考えています。何故なら岡三証券と経営統合(合併)しているからです。


そのため岡三証券からの配分が期待できるのでは?と考えています。


岡三オンラインの立会外分売に参加
※岡三オンライン公式サイト引用


実は岡三証券の支店配分で立会外分売に参加している方をお見かけすることがあります。しっかり配分されているようなんですよね。


野村證券やみずほ証券などでも配分期待はあります。


なぜ支店から参加するのでしょうか?それは配分が濃厚だからだと思います。私レベルだと支店を通して分売に参加することはありませんが、投資レベルが上がると支店経由でも分売に参加している方がいます。


また、貸借銘柄であれば売建から入り分売の配分で鞘取りを行う方もいます。私も過去に売建から入り取引していましたが忙しい取引になるため最近は行っていません。


kimukimu

そもそも私の場合は朝からあまり時間が取れないんですよね~



ところで岡三オンラインからの配分はどうだろうか?と考えてみると立会外分売のために証券口座を開設している方はかなり少ないと思います。そのため当選期待は高いと思います!


私はIPO抽選に参加していたため口座があるだけです。


ただ経営統合により、岡三証券と岡三オンラインの両方に証券口座を開設している方は、特定口座をどちらにするか選択しなければなりません。一般口座であれば問題ありません。


自分で確定申告している方や税理士などに確定申告を依頼している方は、特定口座にこだわらず一般口座でも問題ないと思います。


特定口座にこだわるのであれば、片一方しか選択できないためご注意ください!!


【公式サイト抜粋】
岡三証券と岡三オンライン証券の両方で特定口座を保有されているお客様におかれましては、同一証券会社で特定口座を重複して保有することができないことから、岡三オンライン証券における「特定口座の廃止」および、特定口座にお預かりがある場合は、「一般口座への払い出し」を行わせていただきました。



上記のように公式サイトで内容が公開されています。


岡三証券に証券口座を開設していない方には関係ない話だと思います。手数料などはもちろん岡三オンラインのほうが格段に安いです。


同社の株式売買手数料は1日の取引合計額が現物だと100万円まで無料です。信用取引も100万円まで無料となっています。1日の約定代金が合計で200万円無料になります!


そのため立会外分売であれば、売却時の株式手数料も無料になることが殆どだと思います。


個人的には立会外分売の株式売却で100万円以上の約定となったことはありません。ネット抽選にしか申込んでいませんからね。店頭だとまとまった株数で配分が期待できます。


立会外分売(分売)に参加して利益が出た!たまにはラッキーな事もあります

立会外分売(分売)に参加すると思いのほか利益が出ることがあります。


私は分売のたびに申込をしているわけではなく、参加できそうな時にだけ申込をしています。ストレスがない状況で参加するのが個人的にベストだと考えています。


立会外分売の成績結果
※野村證券公式サイト引用


上記は参考銘柄になります。


立会外分売は前日の終値を基準として割引率が決定されます。また同社の申込受付時間を確認すると分売実施日の前日18時以降~当日の8時となっています。


他社比較だと8時締きりは早いと感じます。松井証券だと8時30分まで可能なので使い勝手がいいんですけどね。


この辺りは証券会社別にルールが異なるため従うしかありません。ただ申込まないと当選できないため仕方がないと思います。申込は個人、法人問わず申込みが可能となっています。


そこで分売で利益が出たラッキーなパターンのご紹介を行いたいと思います!!


対象銘柄はカオナビ(4435)になります。ネット証券から申込みを行い200株当選していました。


立会外分売で利益確定の証拠


前日終値が2,758円になり、3%引きなので分売価格が2,675円となります。


そして売却値段が2,810円と2,775円です。利益を計算すると200株で23,500円です。当選発表から売却までの時間は数分だったので分売としては大成功だと思います。


ただ立会外分売の場合は当選してもメールが届かない証券会社があるため、自分でログインを行い確認することも多くなります。なので当選していることがわからずに放置となる方もいます。


結果的に利益が出れば良いため売却を忘れていて大きな利益を得られるパターンもあります。そもそもディスカウントされている株を購入するためアドバンテージがあります。


私も利益が出ているからいいんですけど、実は2,775円で売却したほうは当選していることを知らなかったんです。そのためもう一方の価格よりも低いところ約定しています。


kimukimu

数千円取りこぼしているようで残念です。



短時間に多くの注文が入り思惑で株価が変動するため面白みもあります。ただリスクもあるため値動きには注意しておきましょう。


時間が取れない方は寄付きで売却したほうがリスクが低くなると思います。ちなみに高く売れたのが楽天証券になります。こちらは売却手数料も無料でした。※いちにち定額コース


そしてもう片方がマネックス証券になります。こちらは手数料が都度発生するためやや当選しやすいと思います。


SBI証券でも申込を行っていますが、基本的に上限株数の申込みじゃないと当選しにくいです。なので資金力が必要になります。


例えばカオナビ1,000株の申込みが上限であれば2,675,000円の資金が必要になります。配分は100株の単元になることが多いです。


kimukimu

楽天証券やマネックス証券だと単元株(100株)の申込みでもシステム的に当選可能だと思います!



私の場合は立会外分売(分売)にそこまで重きを置いていないので時間がある時に参加しています。大体1回の分売で数千円程度の利益が狙えることが多いです。


ネットからの参加であれば締め切り時間ギリギリに申込んでもOKなので、暇だったら参加するスタンスでもいいと思います。


過去に立会外分売で当選しやすい証券会社について調べています。こちらもよかったら参考にしてください。




岡三オンラインの立会外分売に参加するにはどうすればいいの?

岡三オンラインの立会外分売に参加するには証券口座の開設が必要です。その後は、IPOやPOと同じで抽選に参加するだけです。


岡三オンラインの立会外分売の流れ
※岡三オンライン公式サイト引用


【立会外分売の流れ】
  1. 実施予定の発表
  2. 分売条件の決定・発表
  3. 申込受付の開始
  4. 分売実施と配分結果の確認


分売実施予定日は1週間~2週間前に発表されます。日程の確認だけは確実にチェックしておきましょう。


私の場合は投資仲間のtweetで気が付くことが多いです。投資仲間ってホント大事です。モチベーションも維持できますからね。


私はTwitterで確認することが多いです。投資家のtweetを見ていると分売情報を得られるため利用しています。仲良くさせて頂いている投資家さん達には感謝しかありません!


岡三オンラインの立会外分売の取引画面


岡三オンラインの管理画面にログインすると上記のように左側に「立会外分売注文」という項目があるのでそこから銘柄を確認することができます。


抽選に申込む場合も同様の操作が必要になります。


申込を行う場合は注文の際に必要金額以上の現物買付可能の資金が必要です。必要金額とは「約定価格(分売価格)×注文株数」のことを表しています。


事前に資金が必要になるためご注意ください。抽選に外れた場合は買付余力の開放が行われます。


立会外分売は複数の証券会社から申込みを行うことで当選確率を高めることができます。未成年口座に対応している証券会社もあります。


IPOよりも断然当選しやすいためモチベーション維持にも分売は良いかもしれません。IPOみたいに落選続きの方は立会外分売(分売)にも参加してみると面白いかもしれません!


ただし、ディスカウントされた金額以上に下げる場合があります。銘柄を選別する力も多少必要だと思います。


基本的に貸借銘柄で分売の株数が少なければ大きな利益を期待できます。あとは地合いが関係してきます。


また、岡三オンラインさんとタイアップを行っており現金3,500円をプレゼントしています。取引が1回必要となっていますが株式手数料を無料にすることができます。詳しくは下記記事でまとめています。




岡三オンラインの立会外分売まとめ!分売は勝率が高い投資

岡三オンラインで立会外分売が始まりました。分売の勝率は8割程度と言われているため銘柄を選別して参加すれば利益見込みが強い投資です。


分売価格を割ってもその後持ち直す銘柄も意外にあります。


立会外分売は勝率が高い投資


貸借銘柄が人気だとお伝えしましたが、信用銘柄でも規模が小さかったり、インカムゲインが高い銘柄などは人気です。


その他、業績や短期的な株価変動なども関係してきます。短期間に株価が変動するため波に乗ることができれば大きな利益を得ることもできる投資です。


セミプロ以上の方は株価が変動しやすいためザラ場中に何度も売買を繰り返す方もいるようです。私は考える力も低いし余計なリスクを取りたくないため、証券会社から抽選に申込んで配分があれば分売実施日に売るだけです。


簡単な投資なので投資の幅を広げたい方にもお勧めの投資です。ただし少し忙しい投資なのでライフスタイルに合わせて投資を行いましょう。


【まとめ】
  • 個人又は法人で参加可能
  • 買付け時の取引手数料は無料
  • 注文株数分の事前入金が必要
  • 申込み時間は分売前日の18時~分売当日の8時まで
  • ジュニアNISA口座を開設されている方は、第一口座、第二口座で申込みできる
  • 岡三証券と岡三オンラインの両方で立会外分売の申込を行った場合は岡三証券が優先される


岡三オンラインの立会外分売をまとめると上記のようなことが言えると思います。


買付手数料はどの証券会社でも無料です。ただし基本的には売却手数料が発生します。しかし同社であれば100万円以下の売却手数料を無料にできるためコスト軽減ができます。


SBI証券や楽天証券と同じです。松井証券の場合は50万円まで売却手数料が無料になります。たまに当選できているのでありがたいです!


松井証券は私が株式投資を始めたきっかけになった証券会社で今でも利用しています。一般信用売建を利用した株主優待のクロス取引でも利用しています。


IPO投資を中心に行っている方は既に複数の証券口座を開設していると思うので、立会外分売に参加するだけで利益が出るかもしれません。


立会外分売も結局は証券口座が多いほど有利なんですよね。


店頭からの申込みだと日頃の取引実績により配分が決定する傾向にあります。分売も裁量配分になる傾向が強いんですよね。


少しでも株式投資で利益を得たい方は立会外分売にも投資してみると面白いと思います。タイアップは公式サイトに表記されているため必要であればご利用ください。


私はネット口座を活用して参加したいときに参加しているだけです!


上場企業に投資できるFundsのスキームが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)代表にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・口コミを徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは魅力的です!!