2022年2月22日に上場を予定していたノーザが上場中止となりました。ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング(BTC)に続いてIPO延期です。共にVC売出し色が強い銘柄なので判断が早いようです。


上場を延期してもそのうちチャンスが巡ってくると考えているのかもしれません。VC系のIPOだと今の地合いでは厳しいため、良い判断なのかもしれません。


利益が出ている企業であれば売り急ぐ理由もありませんからね。


ノーザIPOが上場中止を決定
※ノーザ公式サイト引用


JASDAQ市場に上場予定でしたが仮条件決定日に上場中止を公式サイトで発表しています。


サンライズ・キャピタルが売出しを行い事前評価が低かった銘柄です。上場規模は想定発行価格2,020円算出で約18.8億円でした。


この規模の吸収も今の市場ではできないのか?と不安視しています。


結局は需給不安でVCが思ったような資金調達ができないと判断し上場中止(上場延期)になったと思います。タイミングを見計らい再承認してくる可能性は高いでしょう。


日経平均が極端に下げているとは言えませんが、最近はVC売出し株に対して懸念となることが多く初値買いする投資家が少ないようです。


コロナ禍では新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株感染者が急増し、投資市場も勢いがありません。海外市場に常に揺さぶられる日本株式は弱く残念です。


主幹事は野村證券のためサンライズ・キャピタルと上手く調整し再承認させてくるでしょう。PERが低かったので上場させると思ったんですけどね。


IPO承認時の記事は下記を参考にして頂ければと思います。

ノーザの上場データと初値予想を考察
プレ初値予想!ノーザ(4269)IPOの評価は業績好調でも低い


ノーザのIPOが上場中止になった理由は何だったのか?

ノーザの公式サイトを確認してみると以下の文言が掲載されていました。


2022年1月19日開催の当社取締役会において決議いたしました当社普通株式の東京証券取引所JASDAQスタンダードへの上場に伴う、募集株式発行並びに株式売出しにつきましては、2022年2月2日開催の当社取締役会において、新型コロナウイルス オミクロン株の世界的な感染拡大、及び最近の株式市場全般の動向など諸般の事情を総合的に勘案し、募集株式発行並びに株式売出しの中止と東京証券取引所への上場申請の取り下げを決議いたしましたので、お知らせ申し上げます。

※ノーザ公式サイト抜粋



オミクロン株の感染拡大と株式市場の動向などが関係しているようです。


同社の事業は歯科用レセプトのシステム開発や販売、そして保守になります。新型コロナウイルス(オミクロン株)とも関係がありますからね。また透析業務支援システムも手掛けています。


取引先のことを考えたのかはわかりませんが、業種的にもあまりよい感じではなさそうです。


そもそもベンチャーキャピタルなので余力があれば早売りしなくてもよいはずです。IFRS(国際会計基準)をとなっていましたが業績は良かったため次のチャンスを伺っていることでしょう。


ただ無配だったことは覚えておきたいと思います!


利回り不動産の口座開設でAmazonギフト券を貰えるキャンペーンが延長になりました。気になっていた方は頂いておくとお得です。


しばらく前に私も投資を行ってみました。詳しくは下記記事でまとめています!

クラウドバンクを使った投資を6年間続けています

1万円から投資ができコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。実質平均利回りは6.80%で融資元本回収率は100%を維持しています!

クラウドバンク評判

下記記事で実際に投資を行っている内容をまとめています。即時入金も用意され入金を無料化できます。毎月分配金型になり日本円の出金も無料なのでお小遣いにすることも可能です。