ノーザ(4269)のIPOがジャスダックに新規上場承認されたのでご紹介したいと思います。VCによる売出し色が強いIPOなので今は敬遠されそうです。またIFRSのためのれんが発生します。


主幹事は野村證券が務め公開株数810,000株、オーバーアロットメント121,500株です。上場規模は想定発行価格2,020円から計算すると約18.8億円になります。


上場規模は適度なので通常であれば吸収できそうです。


ノーザ(4269)IPOが上場承認
※ノーザ公式サイト引用


Sunrise Capital(サンライズ・キャピタル)が儲かる構造なので厳しさも感じます。売上は落ちていますが利益は増加傾向にあるようです。コロナ禍による収益悪化は一時的なものでしょうか。


2018年3月に実施されたLBOにより資産合計に占めるのれんの割合が高いそうです。


レセプト系のビジネスは大手存在するため競合を考えると微妙です。シェア率が上場後に大きく拡大するとも考えにくいです。同社の場合は歯科医院をメインターゲットにしているそうです。


シェア拡大が見込めないのであれば新規事業になると思いますが、医療関係だと厳しい気がします。現状は事業の安定と収益力強化のためリカーリングビジネスの拡大を行うようです!


ノーザ(4269)IPOの上場基本データと引受幹事について調べました

項目上場基本データ
上場日上場中止
市場JASDAQスタンダード
業種情報・通信業
事業内容歯科用レセプトコンピュータおよび透析業務支援システムの開発・販売等
ブックビルディング2月03日~2月09日
想定価格2,020円
仮条件2/02
公開価格2月10日
初値結果
企業情報https://www.nhosa.com/
監査人太陽有限責任監査法人
手取金の使途
  • 設備資金
  • 広告宣伝費
  • 教育研修費等の運転資金


項目株数データ
公募株数45,000株
売出株数765,000株
公開株数(合計)810,000株
オーバーアロットメント121,500株
上場時発行済み株数2,228,140株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額約45.0億円
幹事団野村證券(主幹事)
大和証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
東海東京証券
岡三証券
いちよし証券
丸三証券
岩井コスモ証券
委託見込岡三オンライン
LINE証券


ノーザ(4269)の事業内容と上場に伴う評判を考察してみました

想定発行価格2,020円を基に吸収金額を算出すると約16.4億円となり、オーバーアロットメントを含めると約18.8億円規模の上場となります。上場規模はやや大きめとなっています。


同社は歯科用レセプトコンピュータの開発・販売を目的として、1979年4月28日に日本ホスピタルオートマトン株式会社として設立されています。


レセプトコンピュータの普及が遅れていた歯科用に絞ってビジネスを開始しているようです。その後Sunrise Capital(サンライズ・キャピタル)と資本提携を行い、子会社化や合併などを行い現在に至ります。


グループ企業はノーザと連結子会社1社の合計2社で構成されています。セグメントは「医療情報システム事業」「その他」に区分されます。


主力製品は歯科用レセプトコンピュータと透析業務支援システムの開発・販売・保守サービスを行う「医療情報システム事業」になり、売上収益の90%以上となっています。


ノーザ(4269)の業績
※有価証券届出書引用


医療情報システム事業の「デンタルシステム事業」では、主力製品の電子カルテ搭載システム「WiseStaff」シリーズを販売しています。


電子レセプト作成やオンライン請求などの歯科用レセプトコンピュータ機能に加え、電子カルテ機能を搭載しています。


NTTデータの「@OnDemand接続サービス」を採用し安全性を高め、遠隔バックアップサービス、オンラインバージョンアップ、リモートサポートにも対応しています。


ノーザIPOの事業別売上高
※有価証券届出書引用


「WiseStaff」を導入している歯科医師は1万件以上にもなります。目論見によれば全国の歯科医院は約68,000件となっています。14%~15%のシェア率と言うことでしょうか。


割合的には凄いと思いますが、歯科医院ってコンビニよりも多いと言われますよね。


ノーザIPOの販売実績と取引先
※有価証券届出書引用


医療情報システム事業の「メディカルシステム事業」では透析業務支援システム開発会社のSJメディカルを完全子会社化し、歯科医院以外の医療施設を対象に販売を行います。


透析中のモニタリングや処理実施・データ入力、透析後の記録参照に至るまでの一連の管理システムとなっています。


また、「その他」は医療機器販売事業となります。医科や歯科、美容といった様々な医療機関を販売先しています。こちらは売上の1%程度なので力を入れているとは言えないでしょう。


ノーザ(4269)の株主状況とロックアップについて調べました

会社設立は2018年1月23日(実質上1979年4月28日)、東京都中野区中央一丁目21番4号に本社を構えます。社長は石濱人樹氏(1966年6月19日生まれ)、株式保有率は15.21%(347,368株)です。


従業員数279人で臨時雇用者16人、平均年齢38.7歳、平均勤続年数10.2年、平均年間給与5,300,000円です。連結従業員数は282人で臨時雇用者は16人です。


連結のセグメント別従業員数は医療情報システム事業244人(臨時10人)、その他3人(臨時0人)、全社共通35人(臨時6人)となっています。


氏名又は名称所有株式数(株)所有株式数割合(%)ロック
Sunrise Capital Ⅲ,L.P.748,046株32.76%
Sunrise Capital Ⅲ(JPY),L.P.411,724株18.03%
石濱 人樹347,368株15.21%
Sunrise Capital Ⅲ(Non-US),L.P.325,053株14.24%
株式会社イーエムシステムズ183,300株8.03%
株式会社EPARK152,820株6.69%
葛原 庸宏31,829株1.39%
※株主上位7名の状況、△表示は新株予約権を表します


上位株主には90日間(2022年5月22日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。


親引けは行われません。


ノーザ(4269)IPOの初値予想と幹事引受け株数をチェックしました

大手初値予想は仮条件発表後に掲載を予定しています。しばらくお待ちください。


最新業績予想の他、仮条件発表後のPERやPBRなども後日追記します。


幹事名割当株数引受割合
野村證券(主幹事)-株-%
大和証券-株-%
SBI証券-株-%
楽天証券-株-%
マネックス証券-株-%
東海東京証券-株-%
岡三証券-株-%
いちよし証券-株-%
丸三証券-株-%
いちよし証券-株-%


VC売出し色が強い銘柄なので利益を狙いつつ、当選後のキャンセルも視野に入れておいたほうが良いかもしれません。


主幹事の野村證券だと資金不要でIPO抽選に参加でき、当選後のキャンセルも可能です。とりあえず申し込んでおきたいと思います。


またLINE証券でもIPOに参加できるはずです。野村證券が主幹事の時は取扱いが期待できます。




2月半ばまでバンカーズさんとタイアップを行っています。口座開設ベースで楽天ポイントを2,000円プレゼントしています。


他のキャンペーンとも重複参加可能となっているためお得です。投資をはじめて行った方で10万円以上の投資だと追加で1,000円分の楽天ポイントが貰えます。合計3,000円分は大きいですね!




類似企業のPERやPBRを調べました

類似企業とPERやPBRは仮条件発表後に記載したいと思います。


類似企業PER
PBR
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍
PER-倍PBR-倍

ストックオプションの株数や発行価格を調べました

ストックオプション行使期間株式の数発行価格
2020年12月01日~2028年11月13日100,160株1,000円


ストックオプション(新株予約権)は100,160株が上場時に行使期限を迎えます。


発行済株式総数2,183,140株に対する新株予約権の割合は4.59%になります。取締役2名と従業員190人に対して付与されています。


ノーザ(4269)IPOの評価と申し込みスタンス!まとめ

ノーザIPOはベンチャーキャピタル絡みのため消極的な参加でもいいかな?と承認時は考えています。


ジャスダック上場なので配当を確認すると実施していませんでした。上場しても現在の業績水準だと無配が続きそうです。


ノーザ(4269)IPOの評価
※ノーザ公式サイト引用


LBOに伴う借入金の調達額は第4期連結会計年度末で約26.7億円にもなり、総資産に占める割合が38.6%だそうです。想定ベースの時価総額は45.0億円ですからね。


上場後は歯科医院の他に、歯科衛生士・歯科助手・歯科技工士に対してアプローチを行うそうです。


メディカルシステム事業では新製品の市場投入を行い中小病院やクリニックの獲得強化を行うそうです。上場することで契約は取りやすくなると思いますが、AI系のビジネスのように一気に業績が上向くとは思えません。


一応、「情報・通信業」となっていますが爆発的な利益を稼ぐイメージはありません。大手契約が取れれば別ですが、大手は大手と契約しますからね。


ジョイントアルファで口座開設キャンペーンを行っています。東証1部上場のあなぶき興産(8928)が直接運営しているため安心感があります。


会員登録を行うと1,000円分のアマギフが貰えます。短期運用ファンドが多くなっています!


上場企業に投資できるFundsのスキームが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)代表にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・口コミを徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは魅力的です!!